劇団鹿殺し、菜月チョビ帰国後の復活公演は新作『ランドスライドワールド』

劇団鹿殺しの新作公演『ランドスライドワールド』が、2015年1月11日から東京・本多劇場、1月29日から大阪・ABCホールで上演される。

演出を手掛ける菜月チョビが、2013年11月から文化庁による新進芸術家海外派遣制度でカナダに派遣留学をしていたことから、約1年間の充電期間に入っていた劇団鹿殺し。今年の1月と9月には、株式会社オフィス鹿のプロデュース公演としてCoccoの主演舞台『ジルゼの事情』が上演されたほか、8月に上演された密室ホラー演劇『山犬』では、鳥肌実と森下くるみが出演したことでも話題を集めた。

菜月の帰国に伴う「復活公演」となる『ランドスライドワールド』は、2009年に劇団鹿殺しが上演した音楽劇『ベルゼブブ兄弟』を原案に、新たなアレンジを加えた作品になるという。ゲストには木村了、今奈良孝行、美津乃あわが名を連ねている。チケットの劇団先行販売は11月9日まで受付中。一般発売は11月16日からスタートする。

イベント情報

劇団鹿殺し
『ランドスライドワールド』

作:丸尾丸一郎
演出:菜月チョビ
音楽:入交星士×オレノグラフィティ
出演:
丸尾丸一郎
オレノグラフィティ
山岸門人
橘輝
傳田うに
円山チカ
坂本けこ美
鷺沼恵美子
浅野康之
近藤茶
峰ゆとり
有田杏子
木村了
今奈良孝行
美津乃あわ
ほか

東京公演
2015年1月11日(日)~1月25日(日)全13公演
会場:東京都 下北沢 本多劇場

大阪公演
2015年1月29日(木)~2月1日(日)全5公演
会場:大阪府 ABCホール

料金:一般4,900円 学生3,500円

  • HOME
  • Stage
  • 劇団鹿殺し、菜月チョビ帰国後の復活公演は新作『ランドスライドワールド』

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて