ニュース

青森発の高校演劇『もしイタ』、国際舞台芸術フェスティバル『F/T14』で上演

舞台『もしイタ ~もし高校野球の女子マネージャーが青森の「イタコ」を呼んだら』が、11月28日と29日に東京・にしすがも創造舎で上演される。

同作は、青森を拠点に活動を続ける劇団「渡辺源四郎商店」を主宰する劇作家・畑澤聖悟が作・演出を手掛け、2011年に青森中央高校演劇部によって上演された作品。東日本大震災で被災した転校生と弱小野球部員たちの成長を描き、これまでに全国14都府県で52ステージ上演された。2012年には『全国高等学校演劇大会』で最優秀賞を受賞している。

物語の舞台は青森市にある県立賽河高校の野球部。けがで陸上を諦め、野球部にマネージャーとして入部したシオリが、部員たちのやる気のなさから部員勧誘に乗り出し、1人の転校生と出会う、というあらすじだ。舞台装置、照明、音響効果を使わず、20人以上の高校生たちがそれぞれの身体や言葉、声だけで全てを表現する。

さらに、同日から渡辺源四郎商店による『さらば!原子力ロボむつ ~愛・戦士編~』も上演。同作は2012年に初演され、『岸田國士戯曲賞』の候補作にもなった『翔べ!原子力ロボむつ』の新バージョンとなり、同公演にも青森中央高校演劇部が出演する。物語は、青森の架空の町を舞台に、高レベル放射性廃棄物の受け入れを決め、放射性廃棄物の無害化と人々の未来を見届けるためにコールドスリープを行った町長が目覚めてからの様子を描く。

なお、『もしイタ ~もし高校野球の女子マネージャーが青森の「イタコ」を呼んだら』および『さらば!原子力ロボむつ ~愛・戦士編~』は、11月30日まで開催されている舞台芸術の祭典『フェスティバル/トーキョー14』の一環で上演される。

イベント情報

『もしイタ ~もし高校野球の女子マネージャーが青森の「イタコ」を呼んだら』

2014年11月28日(金)、11月29日(土)全2公演
会場:東京都 西巣鴨 にしすがも創造舎
作・演出:畑澤聖悟
出演:青森中央高校演劇部(蝦名和希、白石竜也、松尾健司、我満望美、尾崎花梨、折舘早紀、末安寛子、和田祐依、赤坂玲雄、吉田夏海、榊史也、豊嶋未沙樹、畠山宏介、吉川侑里、小谷ありさ、松村美里、是川詩乃、三上優葵、山口真実、森雪杜、木村慧、堀慎太郎、三津谷友香、太田奈緒、木村紗智子、近藤三鈴、金野里音、菊池果歩、山崎亜純)
料金:無料

イベント情報

『さらば!原子力ロボむつ ~愛・戦士編~』

2014年11月28日(金)~11月30日(日)全5公演
会場:東京都 西巣鴨 にしすがも創造舎
作・演出:畑澤聖悟
出演:
工藤由佳子
三上晴佳
工藤良平
宮越昭司
音喜多咲子
奥崎愛野
佐藤宏之
夏井澪菜
松野えりか
畑澤聖悟
山田百次(劇団野の上、青年団リンク ホエイ)
三上陽永(虚構の劇団)
北魚昭次郎
青森中央高校演劇部(蝦名和希、白石竜也、松尾健司、我満望美、尾崎花梨、折舘早紀、末安寛子、和田祐依、赤坂玲雄、吉田夏海、榊史也、豊嶋未沙樹、畠山宏介、吉川侑里、小谷ありさ、松村美里、是川詩乃、三上優葵、山口真実、森雪杜、木村慧、堀慎太郎、三津谷友香、太田奈緒、木村紗智子、近藤三鈴、金野里音、菊池果歩、山崎亜純)
料金:
前売 一般3,000円 学生2,000円 高校生1,000円
当日 一般3,500円 学生2,000円 高校生1,000円

『もしイタ ~もし高校野球の女子マネージャーが青森の「イタコ」を呼んだら』メインビジュアル
『もしイタ ~もし高校野球の女子マネージャーが青森の「イタコ」を呼んだら』メインビジュアル
『さらば!原子力ロボむつ ~愛・戦士編~』メインビジュアル クリエーション:山下昇平
『さらば!原子力ロボむつ ~愛・戦士編~』メインビジュアル クリエーション:山下昇平
渡辺源四郎商店第15回公演『翔べ!原子力ロボむつ』 撮影:山下昇平
渡辺源四郎商店第15回公演『翔べ!原子力ロボむつ』 撮影:山下昇平
渡辺源四郎商店第15回公演『翔べ!原子力ロボむつ』 撮影:山下昇平
渡辺源四郎商店第15回公演『翔べ!原子力ロボむつ』 撮影:山下昇平
画像を拡大する(4枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

Yackle“ココナッツ(feat. ちゃんもも◎ from バンドじゃないもん!MAXX NAKAYOSHI & カルロスまーちゃん)”

現役高校生・Yackleの初フルアルバム収録曲“ココナッツ”のライブ映像。浮遊感あるサウンドに、ちゃんもも◎とカルロスまーちゃんが呪文を乗せたような1曲。歌詞にある「ぐにゃぐにゃに見えるプール」の中にいるような、不思議な世界観に引き込まれる。Yackle自身がヨーヨーを華麗にプレイするシーンなど、音源では味わえないパフォーマンスにも注目したい。(岡本)

  1. NUMBER GIRLがオリジナルメンバーで再結成、向井秀徳のコメントも 1

    NUMBER GIRLがオリジナルメンバーで再結成、向井秀徳のコメントも

  2. あいみょんから年下の子たち&大人へ 直感と瞬間の大切さを語る 2

    あいみょんから年下の子たち&大人へ 直感と瞬間の大切さを語る

  3. 『RISING SUN ROCK FES』第1弾でナンバガ、スカパラ、King Gnuら8組 3

    『RISING SUN ROCK FES』第1弾でナンバガ、スカパラ、King Gnuら8組

  4. Eveとは何者か? MVの総再生回数2億2千万回を誇る彼の歩みを考察 4

    Eveとは何者か? MVの総再生回数2億2千万回を誇る彼の歩みを考察

  5. 奥山由之が新たな手法で小松菜奈を撮影『SWITCH』特集 森山大道と対談も 5

    奥山由之が新たな手法で小松菜奈を撮影『SWITCH』特集 森山大道と対談も

  6. 映画『蜜蜂と遠雷』公開日が決定、参加ピアニスト発表&演奏場面の写真も 6

    映画『蜜蜂と遠雷』公開日が決定、参加ピアニスト発表&演奏場面の写真も

  7. 『君の名は。』ハリウッド版実写映画の監督はマーク・ウェブに決定 7

    『君の名は。』ハリウッド版実写映画の監督はマーク・ウェブに決定

  8. 多部未華子が猫の「にゃらん」と妄想旅 「じゃらん」新CM 8

    多部未華子が猫の「にゃらん」と妄想旅 「じゃらん」新CM

  9. 椿昇がバッサリ斬る、社会とアートの関係「京都の街に革命を」 9

    椿昇がバッサリ斬る、社会とアートの関係「京都の街に革命を」

  10. 劇団☆新感線『髑髏城の七人』6作がゲキ×シネに 第1弾は小栗旬主演の「花」 10

    劇団☆新感線『髑髏城の七人』6作がゲキ×シネに 第1弾は小栗旬主演の「花」