ゆるめるモ!のSuicideオマージュ盤、nhhmbaseマモルらが楽曲提供

12月31日にリリースされるゆるめるモ!の新ミニアルバム『SUImin CIty DEstroyer』の詳細が明らかになった。

ニューウェーブバンドSuicideをオマージュした同作。マモル(nhhmbase)が作曲を担当した“眠たいCITY vs 読書日記”“メルヘン”や、ハシダカズマ(箱庭の室内楽)、大星徹が提供した楽曲の4曲に、各曲のインストゥルメンタルバージョンを加えた8曲が収録される。作詞は全て小林愛が担当。Suicideへのリスペクトを込め、ダブステップ、変拍子、アンビエントなどの要素を取り入れた実験的なニューウェーブサウンドになっているという。

なお同作は、12月23日に東京・原宿のASTRO HALLで開催される『ゆるめるモ!けちょん生誕~俺たちのけちょん!一つ目祭~』の会場で先行販売される。

リリース情報

ゆるめるモ!
『SUImin CIty DEstroyer』(CD)

2014年12月31日(水)発売
価格:1,620円(税込)
ゆるレコ(You'll Records) / YLRC-008

・眠たいCITY vs 読書日記
・波がない日
・メルヘン
・NNN
4曲のインストゥルメンタルバージョンを含む8曲収録

amazonで購入する

イベント情報

『ゆるめるモ!けちょん生誕~俺たちのけちょん!一つ目祭~』

2014年12月23日(火・祝)OPEN 16:00 / START 16:30
会場:東京都 原宿 ASTRO HALL
出演:
ゆるめるモ!
カラスは真っ白
HONDALADY
drm
エコ怪獣
and more
料金:前売3,000円 当日3,500円(共にドリンク別)

  • HOME
  • Music
  • ゆるめるモ!のSuicideオマージュ盤、nhhmbaseマモルらが楽曲提供

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて