ニュース

三谷幸喜書き下ろしの新作喜劇『田茂神家の一族』、福島舞台に骨肉の争い描く

劇団東京ヴォードヴィルショーの舞台『田茂神家の一族』が、3月7日から福島・福島テルサFTホール、3月13日から東京・新宿の紀伊國屋サザンシアターで上演される。

1973年に旗揚げし、昨年創立40周年を迎えた東京ヴォードヴィルショー。2012年から行われている創立40周年記念公演の第5弾である『田茂神家の一族』は、三谷幸喜の書き下ろし新作となる。

福島にある村の村長選挙をめぐる骨肉の争いを描いた同作。現村長の引退表明を機に、犬猿の仲である村長の次男と三男、本来の跡継ぎでありながら急死した長男の弔い合戦として出馬する長男の妻、前回の選挙で得票数ゼロという結果に終わった村長の弟、村長の亡き兄の息子で、東京で原子力を上回る新エネルギーの開発に勤しむ大学教授が立候補し、さらに村長自身も引退を撤回したことから、候補者全員が「田茂神」姓である異例の事態になるというあらすじだ。

同作には現村長役の伊東四朗と、東京から福島に戻る大学教授役の角野卓造が客演。さらに、佐藤B作、佐渡稔、あめくみちこ、山口良一らが出演する。なお、劇団を率いる佐藤は脚本を手掛ける三谷に対し、自身の故郷・福島を舞台に、人間の狡猾さやエゴを肯定するような喜劇になるよう要望したという。

※記事掲載時から一部内容が変更になりました。

イベント情報

劇団東京ヴォードヴィルショー 第70回公演
『田茂神家の一族』

作:三谷幸喜
演出:山田和也
音楽・演奏:園田容子
出演:
佐藤B作
佐渡稔
石井愃一
市川勇
山口良一
あめくみちこ
角野卓造
伊東四朗
ほか

福島公演
2015年3月7日(土)、3月8日(日)全2公演
会場:福島県 福島テルサ FTホール
料金:前売5,400円 当日6,000円

東京公演
2015年3月13日(金)~3月29日(日)全15公演
会場:東京都 新宿 紀伊國屋サザンシアター
料金:前売7,000円 当日7,560円

『田茂神家の一族』メインビジュアル 撮影:加藤孝 デザイン:鳥井和昌
『田茂神家の一族』メインビジュアル 撮影:加藤孝 デザイン:鳥井和昌
佐藤B作 撮影:加藤孝
佐藤B作 撮影:加藤孝
画像を拡大する(4枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

『大人のためのグリム童話 手をなくした少女』予告編

映画『大人のためのグリム童話 手をなくした少女』予告編。高畑勲の実験精神に敬意を表する監督が「暗号描画」なる手法を使い、全ての作画をたったひとりで手がけたという。透けてしまいそうなキスシーンや、迫り来る波の一瞬一瞬に確かに手をひかれているようで、全貌が気になって仕方ない。オフィシャルサイトには片渕須直、今日マチ子らのコメントも。(井戸沼)

  1. 岩田剛典と元カノ・大政絢が再会 『パーフェクトワールド』新場面写真 1

    岩田剛典と元カノ・大政絢が再会 『パーフェクトワールド』新場面写真

  2. 『ギャングース』公開日決定&新場面写真にMIYAVI、篠田麻里子、山本舞香ら 2

    『ギャングース』公開日決定&新場面写真にMIYAVI、篠田麻里子、山本舞香ら

  3. 木村拓哉&長澤まさみのホテルマン姿 『マスカレード・ホテル』特報公開 3

    木村拓哉&長澤まさみのホテルマン姿 『マスカレード・ホテル』特報公開

  4. ガンダムシリーズ最新作『機動戦士ガンダムNT』特報、声優陣に榎木淳弥ら 4

    ガンダムシリーズ最新作『機動戦士ガンダムNT』特報、声優陣に榎木淳弥ら

  5. のんが武満徹『系図』の語り手を担当 谷川俊太郎の詩を朗読 5

    のんが武満徹『系図』の語り手を担当 谷川俊太郎の詩を朗読

  6. 森川葵×城田優のドラマ『文学処女』に中尾暢樹、泉里香、上遠野太洸ら 6

    森川葵×城田優のドラマ『文学処女』に中尾暢樹、泉里香、上遠野太洸ら

  7. 次号『CUT』は『銀魂』特集 実写からアニメ、原作漫画まで網羅の36ページ 7

    次号『CUT』は『銀魂』特集 実写からアニメ、原作漫画まで網羅の36ページ

  8. 満島真之介が『映画 おかあさんといっしょ』に出演 「人生の一番の夢」 8

    満島真之介が『映画 おかあさんといっしょ』に出演 「人生の一番の夢」

  9. アナログフィッシュ×呂布カルマ 小さな声でも人に刺さる言葉 9

    アナログフィッシュ×呂布カルマ 小さな声でも人に刺さる言葉

  10. 金閣寺で踊ったs**t kingzが感じた、ダンサーの社会的地位の変化 10

    金閣寺で踊ったs**t kingzが感じた、ダンサーの社会的地位の変化