EDOを舞台に男花魁とイケメン給仕の愛描く、広田レオナ監督作『お江戸のキャンディー』

広田レオナ監督の映画『お江戸のキャンディー』が、2月28日から東京・池袋のシネマ・ロサほか全国で公開される。

女優としても活動する広田の監督2作目となる同作は、バレエ『白鳥の湖』の初版をもとにした恋愛映画。深い森と川と滝に囲まれた男ばかりの「EDOワンダーランド」を舞台に、EDO随一の美貌を誇る男花魁の白鳥太夫と、若衆茶屋「飴屋」で1番人気のフリ松の恋愛模様を中心に、将軍・六条近々正による恋愛禁止令や、体に毛や角、刺青のようなものができて乱暴になる奇病「くるうじんぐ」の流行、白鳥太夫に瓜二つのお伝の登場などを描く。

白鳥太夫とお伝の2役を演じるのは、映画『私の奴隷になりなさい』やテレビドラマ『メイちゃんの執事』などの出演で知られる真山明大。フリ松を高橋ひろ無が演じる。さらに橋本淳、南羽翔平、渡辺潤、村上昂史に加え、竹中直人、広田の私生活でのパートナーである吹越満も出演している。ナレーションは桃井かおりが務める。

※記事掲載時、一部表記内容に誤りがありました。訂正してお詫びいたします。

作品情報

『お江戸のキャンディー』

2015年2月28日(土)から池袋のシネマ・ロサほか全国でロードショー
監督:広田レオナ
主題歌:jealkb“誓い”
音楽:佐々木景清
出演:
真山明大
高橋ひろ無
橋本淳
南羽翔平
渡辺潤
村上昂史
竹中直人
吹越満
ナレーション:桃井かおり
配給:アイエス・フィールド、アルゴ・ピクチャーズ

  • HOME
  • Movie,Drama
  • EDOを舞台に男花魁とイケメン給仕の愛描く、広田レオナ監督作『お江戸のキャンディー』

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて