ニュース

D'Angeloの約15年ぶり新アルバム『Black Messiah』、日本配信スタート

D'Angeloのニューアルバム『Black Messiah』が、本日12月15日に配信リリースされた。

1995年にアルバム『Brown Sugar』でデビューし、2000年の『VooDoo』で『第43回グラミー賞』最優秀R&Bアルバムを受賞したD'Angelo。当時のR&Bやソウルの新しい潮流だった「ネオソウル」の中心的な存在として注目を集めた。

『Black Messiah』は、前作『VooDoo』以来、約14年11か月ぶりのオリジナルアルバム。アメリカの現地時間12月12日にリリースが発表され、12月14日にニューヨークでリスニングセッションが行われた。

同作は、Red Bullによる楽曲無料配信企画『20before15』で先行配信された“Sugah Daddy”をはじめとする12曲を収録。Q-Tip(A Tribe Called Quest)とケンドラ・フォスター(Funkadelic)がリリックを手掛けた楽曲も収められているほか、Questlove(The Roots)、ピノ・パラディーノ(John Mayer Trio)、ジェームス・ガッドソンらがレコーディングに参加しており、録音からミックスまでの工程ではヴィンテージ機材が用いられているという。D'Angeloは参加アーティストに敬意を表して「The Vanguards」と呼び、同作のプロジェクト名を「D'Angelo and The Vanguard」としている。

なお同作の輸入盤は12月23日から入荷開始予定。日本盤は2015年春にリリースされるとのこと。

D'Angeloのコメント

“ブラック・メサイア”は、アルバムに付けるものとしては、とんでもないタイトルだ。容易に誤解を招くであろうし、多くの人は宗教的な事を想像するだろう。人によっては俺が自分自身を“ブラック・メサイア=黒い救世主”と呼んでいるものと決めつけるかもしれない。だが、俺にとってこのタイトルは俺達みんなについての事を意味しているんだ。それはこの世界全体についての事でもあるし、俺達みんなが目指すことのできる考え方を示すものでもあるんだ。俺達は皆、“ブラック・メサイア”になれるように志すべきなんだ。それは、“ファーガソン”や、“エジプト”や、“ウォール街を占拠せよ”その他、これ以上我慢がしがたい状況に対して変化を求めるべく決起している全ての場所の全ての人々についての事なんだ。それは一人のカリスマ性のあるリーダーを称賛するということではなくて、大勢のそういった人々を讃えるということなんだ。このアルバムの全曲が政治的メッセージ色の強いものではないけれど(多くの曲がそうではあるけれども)、このアルバムを“ブラック・メサイア”と呼ぶことがこれらの曲が一番しっくりくる風景を作りだしている。“ブラック・メサイア”は一人の人を示すものではない。それはまとめると、俺達みんながそのリーダーなんだという感覚を示すものなんだ。

リリース情報

D'Angelo
『Black Messiah』

2014年12月15日(月)からiTunes Storeで配信スタート

1. Ain't That Easy
2. 1000 Deaths
3. The Charade
4. Sugah Daddy
5. Really Love
6. Back To The Future (Part I)
7. Till It's Done (Tutu)
8. Prayer
9. Betray My Heart
10. The Door
11. Back To The Future (Part II)
12. Another Life

itunesで購入する

D'Angelo『Black Messiah』ジャケット
D'Angelo『Black Messiah』ジャケット
D'Angelo
D'Angelo
画像を拡大する(2枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

PAELLAS“Orange”

1stデジタルシングルから“Orange”のMVが公開。Spikey Johnが監督を務め、研ぎ澄まされたクールな表現で楽曲を彩る。次第に日が落ちていく情景はどこかメランコリックで、いつの間にか私たちは彼らに物語を見出そうとしてしまっていた。過ぎ去った夏に思いを馳せながら、映画のように濃密な4分間をゆったりと味わえるはず。(野々村)

  1. BABYMETALからYUIMETALが脱退、新体制での新曲が本日配信リリース 1

    BABYMETALからYUIMETALが脱退、新体制での新曲が本日配信リリース

  2. TWICEドームツアー来年開催 東京ドーム2DAYS&ナゴヤドーム&京セラドーム 2

    TWICEドームツアー来年開催 東京ドーム2DAYS&ナゴヤドーム&京セラドーム

  3. 松岡茉優が初主演作『勝手にふるえてろ』からの1年を振り返る 3

    松岡茉優が初主演作『勝手にふるえてろ』からの1年を振り返る

  4. 高岩遼、28歳。ギャングな姿の奥にある、弱音や生い立ちを明かす 4

    高岩遼、28歳。ギャングな姿の奥にある、弱音や生い立ちを明かす

  5. サニーデイ・サービスの生き急ぐような2年間の真相。5人が綴る 5

    サニーデイ・サービスの生き急ぐような2年間の真相。5人が綴る

  6. 平手友梨奈×市川染五郎がラジオで対談 12月にJ-WAVEで放送 6

    平手友梨奈×市川染五郎がラジオで対談 12月にJ-WAVEで放送

  7. 柳楽優弥×新田真剣佑がスキンケアに没頭するギャツビー新CM 曲は米津玄師 7

    柳楽優弥×新田真剣佑がスキンケアに没頭するギャツビー新CM 曲は米津玄師

  8. LILI LIMITが12月に解散、ラストワンマンは結成の地・山口 8

    LILI LIMITが12月に解散、ラストワンマンは結成の地・山口

  9. Chim↑Pomが、「ロボット」でなく「人間」レストランを開く理由 9

    Chim↑Pomが、「ロボット」でなく「人間」レストランを開く理由

  10. 野木亜紀子脚本のNHKドラマ『フェイクニュース』。報道出身Pが明かす想い 10

    野木亜紀子脚本のNHKドラマ『フェイクニュース』。報道出身Pが明かす想い