ニュース

D'Angeloの約15年ぶり新アルバム『Black Messiah』、日本配信スタート

D'Angeloのニューアルバム『Black Messiah』が、本日12月15日に配信リリースされた。

1995年にアルバム『Brown Sugar』でデビューし、2000年の『VooDoo』で『第43回グラミー賞』最優秀R&Bアルバムを受賞したD'Angelo。当時のR&Bやソウルの新しい潮流だった「ネオソウル」の中心的な存在として注目を集めた。

『Black Messiah』は、前作『VooDoo』以来、約14年11か月ぶりのオリジナルアルバム。アメリカの現地時間12月12日にリリースが発表され、12月14日にニューヨークでリスニングセッションが行われた。

同作は、Red Bullによる楽曲無料配信企画『20before15』で先行配信された“Sugah Daddy”をはじめとする12曲を収録。Q-Tip(A Tribe Called Quest)とケンドラ・フォスター(Funkadelic)がリリックを手掛けた楽曲も収められているほか、Questlove(The Roots)、ピノ・パラディーノ(John Mayer Trio)、ジェームス・ガッドソンらがレコーディングに参加しており、録音からミックスまでの工程ではヴィンテージ機材が用いられているという。D'Angeloは参加アーティストに敬意を表して「The Vanguards」と呼び、同作のプロジェクト名を「D'Angelo and The Vanguard」としている。

なお同作の輸入盤は12月23日から入荷開始予定。日本盤は2015年春にリリースされるとのこと。

D'Angeloのコメント

“ブラック・メサイア”は、アルバムに付けるものとしては、とんでもないタイトルだ。容易に誤解を招くであろうし、多くの人は宗教的な事を想像するだろう。人によっては俺が自分自身を“ブラック・メサイア=黒い救世主”と呼んでいるものと決めつけるかもしれない。だが、俺にとってこのタイトルは俺達みんなについての事を意味しているんだ。それはこの世界全体についての事でもあるし、俺達みんなが目指すことのできる考え方を示すものでもあるんだ。俺達は皆、“ブラック・メサイア”になれるように志すべきなんだ。それは、“ファーガソン”や、“エジプト”や、“ウォール街を占拠せよ”その他、これ以上我慢がしがたい状況に対して変化を求めるべく決起している全ての場所の全ての人々についての事なんだ。それは一人のカリスマ性のあるリーダーを称賛するということではなくて、大勢のそういった人々を讃えるということなんだ。このアルバムの全曲が政治的メッセージ色の強いものではないけれど(多くの曲がそうではあるけれども)、このアルバムを“ブラック・メサイア”と呼ぶことがこれらの曲が一番しっくりくる風景を作りだしている。“ブラック・メサイア”は一人の人を示すものではない。それはまとめると、俺達みんながそのリーダーなんだという感覚を示すものなんだ。

リリース情報

D'Angelo
『Black Messiah』

2014年12月15日(月)からiTunes Storeで配信スタート

1. Ain't That Easy
2. 1000 Deaths
3. The Charade
4. Sugah Daddy
5. Really Love
6. Back To The Future (Part I)
7. Till It's Done (Tutu)
8. Prayer
9. Betray My Heart
10. The Door
11. Back To The Future (Part II)
12. Another Life

itunesで購入する

D'Angelo『Black Messiah』ジャケット
D'Angelo『Black Messiah』ジャケット
D'Angelo
D'Angelo
画像を拡大する(2枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

LUMINE ART FAIR - My First collection / Art of New York City

10月12日、13日にルミネ新宿で開催する『LUMINE ART FAIR -My First Collection』のために制作された動画。現地アーティスト2名の言葉と、リアルな空気感とともにNYのアートシーンを紹介している。「NY、かっこいい!」という気持ちがムクムク膨れ上がってくるはずだし、アートに触れるきっかけはそれくらいがちょうどいいと思う。(石澤)

  1. 現地に住む人が知る、ニューヨークのアートシーンの現状とガイド 1

    現地に住む人が知る、ニューヨークのアートシーンの現状とガイド

  2. ラブドール職人・高橋一生が蒼井優に触れる、『ロマンスドール』場面写真 2

    ラブドール職人・高橋一生が蒼井優に触れる、『ロマンスドール』場面写真

  3. 池松壮亮から君へ。『宮本から君へ』の如く、人間まる出しであれ 3

    池松壮亮から君へ。『宮本から君へ』の如く、人間まる出しであれ

  4. 岡田健史主演『フォローされたら終わり』に小川紗良、中尾暢樹、松田るから 4

    岡田健史主演『フォローされたら終わり』に小川紗良、中尾暢樹、松田るから

  5. 中村倫也が7役に挑戦、映画『水曜日が消えた』来年公開 場面写真も 5

    中村倫也が7役に挑戦、映画『水曜日が消えた』来年公開 場面写真も

  6. ナナヲアカリ×蒼山幸子 今が音楽人生の転機。ねごと解散後初取材 6

    ナナヲアカリ×蒼山幸子 今が音楽人生の転機。ねごと解散後初取材

  7. 星野源の新EP『Same Thing』はPUNPEE、Superorganismとコラボ、先行配信も 7

    星野源の新EP『Same Thing』はPUNPEE、Superorganismとコラボ、先行配信も

  8. 『HiGH&LOW THE WORST』ドラマ版が完結。映画に向けてキャストをおさらい 8

    『HiGH&LOW THE WORST』ドラマ版が完結。映画に向けてキャストをおさらい

  9. 欅坂46の東京ドーム公演を回顧。“不協和音”と平手友梨奈“角を曲がる” 9

    欅坂46の東京ドーム公演を回顧。“不協和音”と平手友梨奈“角を曲がる”

  10. 星野源『おげんさんといっしょ』グッズ発売 ロゴT、ねずみぬいぐるみなど 10

    星野源『おげんさんといっしょ』グッズ発売 ロゴT、ねずみぬいぐるみなど