ニュース

D'Angeloの約15年ぶり新アルバム『Black Messiah』、日本配信スタート

D'Angeloのニューアルバム『Black Messiah』が、本日12月15日に配信リリースされた。

1995年にアルバム『Brown Sugar』でデビューし、2000年の『VooDoo』で『第43回グラミー賞』最優秀R&Bアルバムを受賞したD'Angelo。当時のR&Bやソウルの新しい潮流だった「ネオソウル」の中心的な存在として注目を集めた。

『Black Messiah』は、前作『VooDoo』以来、約14年11か月ぶりのオリジナルアルバム。アメリカの現地時間12月12日にリリースが発表され、12月14日にニューヨークでリスニングセッションが行われた。

同作は、Red Bullによる楽曲無料配信企画『20before15』で先行配信された“Sugah Daddy”をはじめとする12曲を収録。Q-Tip(A Tribe Called Quest)とケンドラ・フォスター(Funkadelic)がリリックを手掛けた楽曲も収められているほか、Questlove(The Roots)、ピノ・パラディーノ(John Mayer Trio)、ジェームス・ガッドソンらがレコーディングに参加しており、録音からミックスまでの工程ではヴィンテージ機材が用いられているという。D'Angeloは参加アーティストに敬意を表して「The Vanguards」と呼び、同作のプロジェクト名を「D'Angelo and The Vanguard」としている。

なお同作の輸入盤は12月23日から入荷開始予定。日本盤は2015年春にリリースされるとのこと。

D'Angeloのコメント

“ブラック・メサイア”は、アルバムに付けるものとしては、とんでもないタイトルだ。容易に誤解を招くであろうし、多くの人は宗教的な事を想像するだろう。人によっては俺が自分自身を“ブラック・メサイア=黒い救世主”と呼んでいるものと決めつけるかもしれない。だが、俺にとってこのタイトルは俺達みんなについての事を意味しているんだ。それはこの世界全体についての事でもあるし、俺達みんなが目指すことのできる考え方を示すものでもあるんだ。俺達は皆、“ブラック・メサイア”になれるように志すべきなんだ。それは、“ファーガソン”や、“エジプト”や、“ウォール街を占拠せよ”その他、これ以上我慢がしがたい状況に対して変化を求めるべく決起している全ての場所の全ての人々についての事なんだ。それは一人のカリスマ性のあるリーダーを称賛するということではなくて、大勢のそういった人々を讃えるということなんだ。このアルバムの全曲が政治的メッセージ色の強いものではないけれど(多くの曲がそうではあるけれども)、このアルバムを“ブラック・メサイア”と呼ぶことがこれらの曲が一番しっくりくる風景を作りだしている。“ブラック・メサイア”は一人の人を示すものではない。それはまとめると、俺達みんながそのリーダーなんだという感覚を示すものなんだ。

リリース情報

D'Angelo
『Black Messiah』

2014年12月15日(月)からiTunes Storeで配信スタート

1. Ain't That Easy
2. 1000 Deaths
3. The Charade
4. Sugah Daddy
5. Really Love
6. Back To The Future (Part I)
7. Till It's Done (Tutu)
8. Prayer
9. Betray My Heart
10. The Door
11. Back To The Future (Part II)
12. Another Life

itunesで購入する

D'Angelo『Black Messiah』ジャケット
D'Angelo『Black Messiah』ジャケット
D'Angelo
D'Angelo
画像を拡大する(2枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

Elephant Gym“Moonset- Live at Underwater World Tour In Japan”

一聴・一見すると繊細に織られたアンサンブルに柔和な印象を抱く。が、極太のベースがリズムとメロディの両方を引っ張っていく様は超アグレッシヴでもある。観客も含めて会場に漂う空気は一貫して緩やかなものでありながら、なによりも3音の鋭い合気道を存分に楽しめるライブ映像だ。ビルドアップした低音に歌心を置くスタイルはまさに今だし、音の余白も心地いい。ポップとエッジィの両極をあくまで愛嬌たっぷりに鳴らす台湾出身の3ピースバンド、その魅力を1カット1カットが十二分に伝えている。(矢島大地)

  1. 鹿野淳が語る、ロックフェスの信念と『VIVA LA ROCK』の真実 1

    鹿野淳が語る、ロックフェスの信念と『VIVA LA ROCK』の真実

  2. フォーリミGENが見据える次の闘い。ロックが自由であるために 2

    フォーリミGENが見据える次の闘い。ロックが自由であるために

  3. amazarashiが問う、芸術と社会の在り方。SIX本山敬一が伝える 3

    amazarashiが問う、芸術と社会の在り方。SIX本山敬一が伝える

  4. 田我流が語る、家族と生きるための闘い。クソな社会に音楽で抗う 4

    田我流が語る、家族と生きるための闘い。クソな社会に音楽で抗う

  5. 東京舞台『テラスハウス』新作の配信日決定、男女6人写すビジュアル公開 5

    東京舞台『テラスハウス』新作の配信日決定、男女6人写すビジュアル公開

  6. 家入レオ、葛藤を吐露。10代で成功したゆえの孤独、違和感、喜び 6

    家入レオ、葛藤を吐露。10代で成功したゆえの孤独、違和感、喜び

  7. フジファブリックが15年の歩みを語る 人生は不確かなことの連続 7

    フジファブリックが15年の歩みを語る 人生は不確かなことの連続

  8. NHK『The Covers大名曲選』にエレカシ、山下智久、グループ魂、吉井和哉ら 8

    NHK『The Covers大名曲選』にエレカシ、山下智久、グループ魂、吉井和哉ら

  9. 大友克洋×河村康輔 未来のイメージを作った人物シド・ミードとは 9

    大友克洋×河村康輔 未来のイメージを作った人物シド・ミードとは

  10. 阿部寛主演『結婚できない男』続編決定 前作から13年後、53歳の桑野を描く 10

    阿部寛主演『結婚できない男』続編決定 前作から13年後、53歳の桑野を描く