三浦大輔演出、愛とセックス描くブラジル戯曲『禁断の裸体』追加キャストに池内博之

4月4日から東京・渋谷のBunkamura シアターコクーンで上演される舞台『禁断の裸体 - Toda Nudez Será Castigada -』に池内博之が出演することが判明。あわせて同作の詳細が明らかになった。

同作は、20世紀のブラジルを代表する劇作家のひとりであるネルソン・ロドリゲスの戯曲をもとにした作品。原作は1973年に映画化され、『ベルリン映画祭』の銀熊賞を受賞している。今回の舞台では、演劇ユニット「ポツドール」を主宰するほか、映画『愛の渦』などの監督作でも知られる三浦大輔が演出を手掛け、男と女、セックスと愛、崩壊する家族などを描く。

不器用で周囲に翻弄される主人公・エルクラーノを演じるのは内野聖陽。衝動のままに生きる娼婦・ジェニーを寺島しのぶ、エルクラーノを憎んでいる弟のパトリーシオを、今回出演が発表された池内が演じる。さらに、エルクラーノと暮らす3人の「おば」役で木野花、池谷のぶえ、宍戸美和公が出演するほか、米村亮太朗、古澤裕介、榊原毅がキャストに名を連ねている。

なお、あわせて同作が4月29日から大阪・シアターBRAVA!で上演されることも発表された。東京公演のチケットは2月21日、大阪公演のチケットは2月22日からそれぞれ一般発売がスタートする。

池内博之のコメント

三浦さん演出のもと新たなキャラクター作り上げていくことを楽しみにしてます。 共演者の方々と男と女の関係を繊細に熱く演じていきたいです。どうぞ皆さまお楽しみに!

イベント情報

『禁断の裸体 - Toda Nudez Será Castigada -』

作:ネルソン・ロドリゲス
演出:三浦大輔
出演:
内野聖陽
寺島しのぶ
池内博之
米村亮太朗
古澤裕介
榊原毅
宍戸美和公
池谷のぶえ
木野花
ほか

東京公演
2015年4月4日(土)~4月25日(土)全23公演
会場:東京都 渋谷 Bunkamura シアターコクーン
料金:S席10,000円 A席8,000円 コクーンシート5,000円

大阪公演
2015年4月29日(水・祝)~4月30日(木)
会場:大阪府 シアターBRAVA!
料金:S席10,000円 A席8,500円

  • HOME
  • Stage
  • 三浦大輔演出、愛とセックス描くブラジル戯曲『禁断の裸体』追加キャストに池内博之

Special Feature

coe──未来世代のちいさな声から兆しをつくる

ダイバーシティーやインクルージョンという言葉が浸透し、SDGsなど社会課題の解決を目指す取り組みが進む。しかし、個人のちいさな声はどうしても取りこぼされてしまいがちだ。いまこの瞬間も、たくさんの子どもや若者たちが真剣な悩みやコンプレックス、生きづらさを抱えながら、毎日を生きている。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて