狂気に満ちた鬼教師のドラムレッスン描く映画『セッション』、公開日決定

映画『セッション』が、4月17日から東京・TOHOシネマズ新宿ほかで公開される。

同作は、世界的なジャズドラマーを目指して名門音楽学校に入学したニーマンと、伝説の鬼教師フレッチャーの関係性を軸にした物語。常人には理解できない「完璧」を求めるフレッチャーの厳しく情熱的なレッスンが、やがて狂気を帯びていく様を描く。

ドラムにのめりこんでいく主人公のニーマンを演じるのは、映画『ダイバージェント』や『フットルース 夢に向かって』などのマイルズ・テラー。狂気に満ちた指導を行うフレッチャー役を、同作で今年の『ゴールデングローブ賞』助演男優賞にノミネートされているJ・K・シモンズが演じる。監督・脚本は、映画『グランドピアノ 狙われた黒鍵』の脚本で知られ、『セッション』で長編監督デビューを果たした29歳のデイミアン・チャゼルが手掛ける。

作品情報

『セッション』

2015年4月17日(金)からTOHOシネマズ新宿ほか全国で公開
監督・脚本:デイミアン・チャゼル
出演:
マイルズ・テラー
J・K・シモンズ
配給:ギャガ

  • HOME
  • Movie/Drama
  • 狂気に満ちた鬼教師のドラムレッスン描く映画『セッション』、公開日決定

Special Feature

Habitable World──これからの「文化的な生活」

気候変動や環境破壊の進行によって、人間の暮らしや生態系が脅威に晒されているなか、これからの「文化的な生活」のあり方とはどういうものなのだろうか?
すでに行動している人々に学びながら、これからの暮らしを考える。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて