ニュース

リチャード・タトル展、テキスタイルにフォーカスした版画作品を展示

『リチャード・タトル 版画展』が、1月14日から東京・渋谷ヒカリエの8/ ART GALLERY/ Tomio Koyama Galleryで開催される。

1960年半ばから、彫刻、ペインティング、ドローイング、コラージュ、インスタレーション、詩、出版物など、多様な作品の制作を続けるリチャード・タトル。紙や木片、ワイヤー、金属片といった日常的な素材を用いながら、自律性と独立性を持った作品を制作している。昨年秋から4月まで、タトルがデザインし、インドで制作した布を使用した巨大なコミッション作品『I Don't Know . The Weave of Textile Language』を、イギリス・ロンドンにあるテート・モダンのタービンホールで展示しているほか、ホワイトチャペルギャラリーでは、1967年以降の作品からテキスタイルにフォーカスした同名の展覧会を昨年12月まで開催した。

『リチャード・タトル 版画展』では、ホワイトチャペルギャラリーでの展覧会で展示された版画シリーズ『Type』と『Cloth』などの作品を展示。版画の道具、素材、行為、コラボレーションに強い関心を持つタトルが、これまでに数多く発表してきた作品の一部を紹介する。

イベント情報

『リチャード・タトル 版画展』

2015年1月14日(水)~2月2日(月)
会場:東京都 渋谷ヒカリエ 8/ ART GALLERY/ Tomio Koyama Gallery
時間:11:00~20:00
料金:無料

リチャード・タトル『Cloth: Label 1, 2, 5, 6』2002-2005, Inked snaplines on handmade paper, 40.6×40.6cm(sheet) each / a set of 16 pieces ©Richard Tuttle Courtesy of Tomio Koyama Gallery
リチャード・タトル『Cloth: Label 1, 2, 5, 6』2002-2005, Inked snaplines on handmade paper, 40.6×40.6cm(sheet) each / a set of 16 pieces ©Richard Tuttle Courtesy of Tomio Koyama Gallery
リチャード・タトル『Type:O』2004, Color aquatint with drypoint and tarlatan chine collé, printed from three plates. From Type, a portfolio of 26 etchings., 31.7×31.7cm(Sheet) ©Richard Tuttle Courtesy of Tomio Koyama Gallery
リチャード・タトル『Type:O』2004, Color aquatint with drypoint and tarlatan chine collé, printed from three plates. From Type, a portfolio of 26 etchings., 31.7×31.7cm(Sheet) ©Richard Tuttle Courtesy of Tomio Koyama Gallery
リチャード・タトル『Type:R』2004, Color spit bite aquatint with drypoint and tarlatan chine collé, printed from two plates. From Type, a portfolio of 26 etchings., 31.7×31.7cm(Sheet) ©Richard Tuttle Courtesy of Tomio Koyama Gallery
リチャード・タトル『Type:R』2004, Color spit bite aquatint with drypoint and tarlatan chine collé, printed from two plates. From Type, a portfolio of 26 etchings., 31.7×31.7cm(Sheet) ©Richard Tuttle Courtesy of Tomio Koyama Gallery
画像を拡大する(3枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

シャムキャッツ“逃亡前夜”

楽曲のビートにのせて流れる色鮮やかな、ばっちりキマった画。その中で、重力まかせに寝転んだり、うなだれたりするメンバーの身体や、しなやかな演奏シーンが美しい。どの瞬間を切り取っても雑誌の表紙のようで、約5分間、全く飽きがこない。(井戸沼)

  1. アジカン後藤と関和亮が語り合う、ゆとりなき今の社会に思うこと 1

    アジカン後藤と関和亮が語り合う、ゆとりなき今の社会に思うこと

  2. 『おっさんずラブ』映画化決定、2019年夏公開 田中圭が喜びのコメント 2

    『おっさんずラブ』映画化決定、2019年夏公開 田中圭が喜びのコメント

  3. ねごと×chelmicoが語る、「ガールズ」の肩書きはいらない 3

    ねごと×chelmicoが語る、「ガールズ」の肩書きはいらない

  4. SEKAI NO OWARIの新アルバム『Eye』『Lip』同時発売、ツアー&海外盤も 4

    SEKAI NO OWARIの新アルバム『Eye』『Lip』同時発売、ツアー&海外盤も

  5. 『アベンジャーズ/エンドゲーム(原題)』は4月に日米同時公開、予告編も 5

    『アベンジャーズ/エンドゲーム(原題)』は4月に日米同時公開、予告編も

  6. 斎藤工主演『麻雀放浪記2020』がマカオ国際映画祭出品中止、過激な内容で 6

    斎藤工主演『麻雀放浪記2020』がマカオ国際映画祭出品中止、過激な内容で

  7. 「マニアック女子」の部屋と部屋主を撮影、川本史織の写真展『堕楽部屋』 7

    「マニアック女子」の部屋と部屋主を撮影、川本史織の写真展『堕楽部屋』

  8. 入場料のある本屋「文喫 六本木」オープン間近、ABC六本木店の跡地に 8

    入場料のある本屋「文喫 六本木」オープン間近、ABC六本木店の跡地に

  9. 上白石萌歌がHY“366日”歌う、井之脇海との恋物語「午後の紅茶」CM完結編 9

    上白石萌歌がHY“366日”歌う、井之脇海との恋物語「午後の紅茶」CM完結編

  10. 大英博物館で日本国外最大規模の「漫画展」。葛飾北斎から東村アキコまで 10

    大英博物館で日本国外最大規模の「漫画展」。葛飾北斎から東村アキコまで