ニュース

『ユリイカ』で150年目の『不思議の国のアリス』特集、古典的名作を多彩に読み解く

『不思議の国のアリス』に様々な角度からスポットを当てる特集記事「150年目の『不思議の国のアリス』」が、本日2月2日に刊行された『ユリイカ』臨時増刊号に掲載されている。

1865年に発行され、今年で150周年を迎えるルイス・キャロルの児童小説『不思議の国のアリス』。世界各国で翻訳出版され、文学だけでなく、アートや映像作品、漫画、ファッション、ゲーム、哲学、精神分析など様々な文化領域において大きな影響を与え続けてきた作品だ。

英文学者で翻訳者の高山宏が責任編集を務めた同特集は、「アリスの現在」「越境性」「少女」「論理」「夢みる術」「消費されるイメージ」「熱狂」といった各章から構成。嶽本野ばらによる「ルイス・キャロルから日本のオタクへ」や、高山と巽孝之の対談、柴田元幸と高山がそれぞれ手掛けた新訳が掲載。さらに真行寺君枝、中村桂子、四方田犬彦、小谷真理、佐藤良明、若島正、中野美代子、伴田良輔らが執筆者に名を連ねており、同作をモチーフにしたヒグチユウコ、建石修志、佐々木マキによる作品も掲載されている。また、『不思議の国のアリス』とヤン・シュヴァンクマイエル、初音ミク、トマス・ピンチョン、The Beatles、マザーグースなどとの関係に注目するなど、バラエティーに富んだ内容になっている。

書籍情報

『ユリイカ 2015年3月臨時増刊号「150年目の『不思議の国のアリス』」』

2015年2月2日(月)発売
価格:2,808円(税込)
発行:青土社

amazonで購入する

『ユリイカ 2015年3月臨時増刊号「150年目の『不思議の国のアリス』」』表紙
『ユリイカ 2015年3月臨時増刊号「150年目の『不思議の国のアリス』」』表紙
画像を拡大する(1枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

岩井勇気(ハライチ)『ひねくれとか言われても俺はただ自分が進みたい道を選んでるだけ』

ドリームマッチでの『醤油の魔人 塩の魔人』、ラジオで突如披露した推しキャラケロッピをテーマにしたEDM調楽曲『ダメダメケロッピ』など、音楽的な才能に注目が集まる岩井勇気。今回はミツカン「こなべっち」とタッグを組み、自らがマイクを取ってラップに挑戦。しかもこの動画、岩井がこれまでラジオや書籍の中で言及してきた、珪藻土のバスマットや、海苔、メゾネットタイプの部屋、クラウス・ノミなどのネタが詰まっていて、まさか岩井さんの自宅なのでは……? と隅々まで見てしまう。つぎはぜひ、自作のトラックとリリックによる曲が披露されることを待っています。(川浦)

  1. 映画『82年生まれ、キム・ジヨン』が突きつける、社会に深く根づく性差別 1

    映画『82年生まれ、キム・ジヨン』が突きつける、社会に深く根づく性差別

  2. 横浜流星が「つらいかぜ」を打ち砕く プレコールの新CM「闘い続ける」篇 2

    横浜流星が「つらいかぜ」を打ち砕く プレコールの新CM「闘い続ける」篇

  3. ジョン・レノンが時代に残す闘いの爪痕、ヨーコがもたらしたもの 3

    ジョン・レノンが時代に残す闘いの爪痕、ヨーコがもたらしたもの

  4. 木村拓哉を操上和美が撮影『SWITCH』原宿特集に小泉今日子、池田エライザら 4

    木村拓哉を操上和美が撮影『SWITCH』原宿特集に小泉今日子、池田エライザら

  5. King Gnu井口理が獣医師役 野村不動産「プラウド」ブランドムービーが公開 5

    King Gnu井口理が獣医師役 野村不動産「プラウド」ブランドムービーが公開

  6. 高橋一生主演×荒木飛呂彦原作ドラマ『岸辺露伴は動かない』12月NHKで放送 6

    高橋一生主演×荒木飛呂彦原作ドラマ『岸辺露伴は動かない』12月NHKで放送

  7. カルティエの新作キャンペーンに常田大希、池田エライザ、野田洋次郎ら起用 7

    カルティエの新作キャンペーンに常田大希、池田エライザ、野田洋次郎ら起用

  8. 大滝詠一『A LONG VACATION』40周年記念盤が全音楽記録媒体でリリース 8

    大滝詠一『A LONG VACATION』40周年記念盤が全音楽記録媒体でリリース

  9. YOASOBIがGoogle PixelのCMソングを担当 新曲“アンコール”を起用 9

    YOASOBIがGoogle PixelのCMソングを担当 新曲“アンコール”を起用

  10. スピッツ、全着席のコンサートを11月に東京ガーデンシアターで開催 10

    スピッツ、全着席のコンサートを11月に東京ガーデンシアターで開催