ニュース

小津安二郎に捧ぐ舞台『家族』を劇団オーストラ・マコンドーが上演、主演は趣里

劇団オーストラ・マコンドーの新作舞台『家族』が、3月5日から東京・吉祥寺シアターで上演される。

2010年に演出家の倉本朋幸を中心に演劇プロデュースユニットとして結成され、2014年に劇団化したオーストラ・マコンドー。小津安二郎監督の映画『東京物語』にオマージュを捧げるという同作は、今という時代だからこそ描くべき家族の物語になるとのこと。なお、倉本は同公演に先駆け、『東京物語』の脚本を用いた無料の観客参加型リーディング公演を1月18日に吉祥寺シアターで行っている。

主演を務めるのは映画『おとぎ話みたい』『恋につきもの』や、おとぎ話のPV『COSMOS』などの出演で知られる趣里。さらに、趣里と同じく同劇団のメンバーである後藤剛範、カトウシンスケに加え、松本紀保、伴美奈子(劇団扉座)、康喜弼、枝元萌(ハイリンド)、久保貫太郎(クロムモリブデン)といった客演陣が脇を固めている。サウンドプロデュースは、小宮山聖(the castanets、16TONS with ally、The Vivians)が手掛ける。

イベント情報

オーストラ・マコンドー
『小津安二郎に捧ぐ「家族」』

2015年3月5日(木)~3月15日(日)全13公演
会場:東京都 吉祥寺シアター
作・演出:倉本朋幸
音楽:MOGMOS
出演:
趣里
松本紀保
久保貫太郎
枝元萌
後藤剛範
カトウシンスケ
MOGMOS
松永大輔
でく田ともみ
豊川智大
飯田彩陸
太一
康喜弼
伴美奈子
料金:
一般(前半割) 前売2,800円 当日3,000円
一般 前売3,500円 当日3,800円
学生 前売2,500円 当日2,800円
※リピーターは500円割引(観劇済半券を提示)

『家族』フライヤービジュアル
『家族』フライヤービジュアル
趣里(撮影:ハービー・山口)
趣里(撮影:ハービー・山口)
画像を拡大する(13枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

サニーデイ・サービス“Tokyo Sick feat. MARIA (VaVa Remix)”

サニーデイ・サービス“Tokyo Sick feat. MARIA (VaVa Remix)”MV。監督・三宅唱の眼差しを通せば、見慣れた街のたしかな息吹が感じられる。映り込む広告から、かなり最近撮影されたのだとわかるパートも。クレジットにまで忍ばせてある遊びにも心くすぐられた(バリュー・ドリモア)。<movieのように華やかじゃない>日々にも、きらめく瞬間が散りばめられているのだと知って、今年も東京で夏の蜃気楼を待ちわびてしまう。(井戸沼)

  1. 5人の女性と5人のアイドル。ドルオタ描く『婚外恋愛に似たもの』がドラマ化 1

    5人の女性と5人のアイドル。ドルオタ描く『婚外恋愛に似たもの』がドラマ化

  2. 福士蒼汰、杉咲花、吉沢亮に注目 実写『BLEACH』キャラクターPV3本公開 2

    福士蒼汰、杉咲花、吉沢亮に注目 実写『BLEACH』キャラクターPV3本公開

  3. 荒木飛呂彦が国立新美術館で「漫画界に感謝」 原画展の記者発表会に登場 3

    荒木飛呂彦が国立新美術館で「漫画界に感謝」 原画展の記者発表会に登場

  4. 石井裕也監督と相楽樹が結婚、オフィシャルブログで妊娠も報告 4

    石井裕也監督と相楽樹が結婚、オフィシャルブログで妊娠も報告

  5. 稲垣吾郎&香取慎吾が海辺で戯れる サントリー「オールフリー」新CM 5

    稲垣吾郎&香取慎吾が海辺で戯れる サントリー「オールフリー」新CM

  6. 生駒里奈がネギ役、舞台『魔法先生ネギま!』ビジュアル公開 全キャストも 6

    生駒里奈がネギ役、舞台『魔法先生ネギま!』ビジュアル公開 全キャストも

  7. W杯を彩る音楽。ロシア大会公式ソングや開会式出演者、中継テーマ曲を紹介 7

    W杯を彩る音楽。ロシア大会公式ソングや開会式出演者、中継テーマ曲を紹介

  8. 草凪優の官能小説『どうしようもない恋の唄』R18+で映画化、藤崎里菜ら出演 8

    草凪優の官能小説『どうしようもない恋の唄』R18+で映画化、藤崎里菜ら出演

  9. 松坂桃李の腸内を「バブリーダンス」akaneらが表現、ヤクルトWEB動画公開 9

    松坂桃李の腸内を「バブリーダンス」akaneらが表現、ヤクルトWEB動画公開

  10. 椎名林檎&MIKIKO&西加奈子が旅番組初挑戦 NHK『猫にまた旅』でロシアへ 10

    椎名林檎&MIKIKO&西加奈子が旅番組初挑戦 NHK『猫にまた旅』でロシアへ