ニュース

ホドロフスキー監督新作は自伝映画『エンドレス・ポエトリー』、製作発表の生配信も

アレハンドロ・ホドロフスキー監督が新作映画『エンドレス・ポエトリー』の製作に取り組んでいることがわかった。

同作の製作発表は、現在開催中の『第65回ベルリン国際映画祭』で現地時間2月5日に行われたもの。『エンドレス・ポエトリー』は、ホドロフスキーの自伝『リアリティのダンス』を原作としており、チリの首都サンティアゴを舞台に、青年時代のホドロフスキーと前衛詩人、アーティスト、パフォーマー、ミュージシャンらの交流を、現実とフィクションを織り交ぜながらマジックリアリズムの手法を用いて描く。チリの田舎町・トコピージャを舞台に監督の少年時代を描いた昨年公開の映画『リアリティのダンス』の続編とも言える内容になるという。

ホドロフスキーは、同作および今後の監督作を製作する会社「サトリ・フィルムス」を昨年末にフランス・パリで設立。撮影は今年7月からサンティアゴでスタートし、2016年2月の完成を予定している。また、同作の製作資金の一部を募る企画が2月15日からクラウドファンディングプラットフォーム「KICKSTARTER」でスタート。日本時間の同日23:00からホドロフスキー監督自身がYouTube Liveを利用して同作の製作発表をライブ配信し、発表と同時にKICKSTARTERのページがオープンする予定だ。

イメージスケッチ ©Pascale Montandon-Jodorowsky
イメージスケッチ ©Pascale Montandon-Jodorowsky
アレハンドロ・ホドロフスキー
アレハンドロ・ホドロフスキー
画像を拡大する(2枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

PAELLAS“Orange”

1stデジタルシングルから“Orange”のMVが公開。Spikey Johnが監督を務め、研ぎ澄まされたクールな表現で楽曲を彩る。次第に日が落ちていく情景はどこかメランコリックで、いつの間にか私たちは彼らに物語を見出そうとしてしまっていた。過ぎ去った夏に思いを馳せながら、映画のように濃密な4分間をゆったりと味わえるはず。(野々村)

  1. BABYMETALからYUIMETALが脱退、新体制での新曲が本日配信リリース 1

    BABYMETALからYUIMETALが脱退、新体制での新曲が本日配信リリース

  2. TWICEドームツアー来年開催 東京ドーム2DAYS&ナゴヤドーム&京セラドーム 2

    TWICEドームツアー来年開催 東京ドーム2DAYS&ナゴヤドーム&京セラドーム

  3. 松岡茉優が初主演作『勝手にふるえてろ』からの1年を振り返る 3

    松岡茉優が初主演作『勝手にふるえてろ』からの1年を振り返る

  4. 高岩遼、28歳。ギャングな姿の奥にある、弱音や生い立ちを明かす 4

    高岩遼、28歳。ギャングな姿の奥にある、弱音や生い立ちを明かす

  5. サニーデイ・サービスの生き急ぐような2年間の真相。5人が綴る 5

    サニーデイ・サービスの生き急ぐような2年間の真相。5人が綴る

  6. 平手友梨奈×市川染五郎がラジオで対談 12月にJ-WAVEで放送 6

    平手友梨奈×市川染五郎がラジオで対談 12月にJ-WAVEで放送

  7. 柳楽優弥×新田真剣佑がスキンケアに没頭するギャツビー新CM 曲は米津玄師 7

    柳楽優弥×新田真剣佑がスキンケアに没頭するギャツビー新CM 曲は米津玄師

  8. LILI LIMITが12月に解散、ラストワンマンは結成の地・山口 8

    LILI LIMITが12月に解散、ラストワンマンは結成の地・山口

  9. Chim↑Pomが、「ロボット」でなく「人間」レストランを開く理由 9

    Chim↑Pomが、「ロボット」でなく「人間」レストランを開く理由

  10. 野木亜紀子脚本のNHKドラマ『フェイクニュース』。報道出身Pが明かす想い 10

    野木亜紀子脚本のNHKドラマ『フェイクニュース』。報道出身Pが明かす想い