ニュース

山口晃展で大作『続・無残ノ介』&新作展示、ギャラリー空間生かした展示構成

『山口晃展 前に下がる 下を仰ぐ』が、2月21日から茨城・水戸芸術館の現代美術ギャラリーで開催される。

人物や建物などを、大和絵や浮世絵のようなタッチで緻密に描き込む画風で知られる山口晃。超高層ビルと古い日本家屋を組み合わせて描くなど、自由でユーモラスな作品を生み出している。書籍の装丁や広告、パブリックアートなども数多く手掛け、2012年には京都・宇治の平等院にある養林庵書院に襖絵を奉納した。また、2013年には著書『ヘンな日本美術史』で『第12回小林秀雄賞』を受賞している。

同展では、様々な大きさのギャラリーが縦に連なる会場の特性を生かし、各ギャラリーに作品世界が展開するように展示を構成。山口の思考過程を辿るように会場内を散策しながら、現代と過去、現実と非日常が混然とした作家の世界観を体験することができる。また2012年の作品『忘れじの電柱』が発表時とは異なる方法で展示されるほか、大作『続・無残ノ介』も一挙展示。会場出口には新作インスタレーションが登場する。

なお、関連イベントとして3月21日には山口によるアーティストトークを開催。4月19日にも同展カタログの発売を記念したアーティストトークが行われるほか、5月2日には山口が参加者の出したお題で絵を描く『お絵描き道場』も開催される。

イベント情報

『山口晃展 前に下がる 下を仰ぐ』

2015年2月21日(土)~5月17日(日)
会場:茨城県 水戸芸術館 現代美術ギャラリー
時間:9:30~18:00(入場は17:30まで)
休館日:月曜(ただし5月4日は開館)
料金:一般800円
※中学生以下、65歳以上・障害者手帳をお持ちの方と付き添いの方1名は無料

アーティストトーク
2015年3月21日(土・祝)14:00~15:30
会場:茨城県 水戸芸術館 会議場
出演:山口晃
定員:80名(要予約)
料金:無料

カタログ発売記念 アーティストトーク
2015年4月19日(日)14:00~16:00
会場:茨城県 水戸芸術館 ACM劇場
出演:山口晃
定員:300名(要予約)
料金:無料

『お絵描き道場』
2015年5月2日(土)14:00~15:30
会場:茨城県 水戸芸術館 現代美術ギャラリー内ワークショップ室
出演:山口晃
定員:80名(要予約)
料金:無料(展覧会入場料に含む)

『前に下がる 下を仰ぐ』2014 紙に鉛筆、ペン、水彩、墨 36.6×28.9 cm ©YAMAGUCHI Akira, Courtesy Mizuma Art Gallery
『前に下がる 下を仰ぐ』2014 紙に鉛筆、ペン、水彩、墨 36.6×28.9 cm ©YAMAGUCHI Akira, Courtesy Mizuma Art Gallery
ポスター用描きおろし原画『続・無残ノ介』2007 紙にペン、墨、水彩 51.7×73.5cm 撮影:宮島径 ©YAMAGUCHI Akira, Courtesy Mizuma Art Gallery
ポスター用描きおろし原画『続・無残ノ介』2007 紙にペン、墨、水彩 51.7×73.5cm 撮影:宮島径 ©YAMAGUCHI Akira, Courtesy Mizuma Art Gallery
『無残ノ介(部分)』2004 カンヴァスに油彩、水彩 65×320cm 個人蔵 撮影:宮島径 ©YAMAGUCHI Akira, Courtesy Mizuma Art Gallery
『無残ノ介(部分)』2004 カンヴァスに油彩、水彩 65×320cm 個人蔵 撮影:宮島径 ©YAMAGUCHI Akira, Courtesy Mizuma Art Gallery
『子の字引留行形柱』2010 紙にペン、水彩 35×24cm 個人蔵 撮影:宮島径  ©YAMAGUCHI Akira, Courtesy Mizuma Art Gallery
『子の字引留行形柱』2010 紙にペン、水彩 35×24cm 個人蔵 撮影:宮島径 ©YAMAGUCHI Akira, Courtesy Mizuma Art Gallery
『忘れじの電柱』2012 インスタレーション(既存の柱を使用した電柱) ミクストメディア サイズ可変 Work created with the support of Fondation d'entreprise Hermès © Nacása & Partners Inc. / Courtesy of Fondation d'entreprise Hermès © YAMAGUCHI Akira, Courtesy Mizuma Art Gallery
『忘れじの電柱』2012 インスタレーション(既存の柱を使用した電柱) ミクストメディア サイズ可変 Work created with the support of Fondation d'entreprise Hermès © Nacása & Partners Inc. / Courtesy of Fondation d'entreprise Hermès © YAMAGUCHI Akira, Courtesy Mizuma Art Gallery
画像を拡大する(9枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

滝沢朋恵“うすいいのり”

『わたしたちの家』清原惟が監督を手掛けたMV。淡く舞う紙ふぶき、滲み出すようなポートレイトなどが繊細な視点で映し出され、春の夢のような手触り。三野新、よだまりえ、中島あかねらが名を連ねるスタッフクレジットにも注目。(井戸沼)

  1. インターネットのパイオニア、核P-MODEL・平沢進インタビュー 1

    インターネットのパイオニア、核P-MODEL・平沢進インタビュー

  2. 岡田将生主演『ハムレット』ビジュアル公開 黒木華、村上虹郎らの姿も 2

    岡田将生主演『ハムレット』ビジュアル公開 黒木華、村上虹郎らの姿も

  3. 柄本佑&瀧内公美の極限の愛を描く、白石一文『火口のふたり』R18+で映画化 3

    柄本佑&瀧内公美の極限の愛を描く、白石一文『火口のふたり』R18+で映画化

  4. 岡田准一が「普通の人」になりきる殺し屋に 『ザ・ファブル』特報公開 4

    岡田准一が「普通の人」になりきる殺し屋に 『ザ・ファブル』特報公開

  5. 梅佳代が星野源を撮影&糸井重里と対談する『SWITCH』特集、未発表新作も 5

    梅佳代が星野源を撮影&糸井重里と対談する『SWITCH』特集、未発表新作も

  6. 性の目覚めと苦悩する若者たち描く『春のめざめ』再演、主演は伊藤健太郎 6

    性の目覚めと苦悩する若者たち描く『春のめざめ』再演、主演は伊藤健太郎

  7. 朗読劇『ぼく明日』再演に秋山ゆずき、蒼井翔太、内田真礼、細谷佳正ら 7

    朗読劇『ぼく明日』再演に秋山ゆずき、蒼井翔太、内田真礼、細谷佳正ら

  8. 『芥川賞』『直木賞』候補発表 古市憲寿、森見登美彦、町屋良平ら 8

    『芥川賞』『直木賞』候補発表 古市憲寿、森見登美彦、町屋良平ら

  9. 文化が衰える前に公共でできること 佐藤直樹×岸野雄一×出口亮太 9

    文化が衰える前に公共でできること 佐藤直樹×岸野雄一×出口亮太

  10. 永原真夏が語る、SEBASTIAN Xの10年。活休、活動再開を経た今 10

    永原真夏が語る、SEBASTIAN Xの10年。活休、活動再開を経た今