ニュース

横山秀夫の警察小説『64(ロクヨン)』が前後編の2部作で映画化、主演は佐藤浩市

横山秀夫の小説『64(ロクヨン)』が映画化され、2016年に全国東宝系で公開されることがわかった。

小説『半落ち』『クライマーズ・ハイ』などで知られる横山。2012年に刊行された『64(ロクヨン)』は2013年度『このミステリーがすごい!』年間ランキング1位にも選出された警察小説で、4月からNHK総合でピエール瀧主演によるドラマ版の放送も決定している。あらすじは、時効が迫っている少女誘拐殺人事件である通称「ロクヨン」の捜査にあたったかつての敏腕刑事で、現在は警務部広報室の広報官を務める三上義信が、記者クラブや上司との確執、刑事部と警務部の対立などの中で「ロクヨン」を連想させる新たな誘拐事件に直面するというもの。

前後編の2部作となる映画版では、主人公・三上役を佐藤浩市が演じる。佐藤は横山原作のドラマ『逆転の夏』『クライマーズ・ハイ』に出演しているが、映画でタッグを組むのは今回が初となる。メガホンをとるのは映画『ヘヴンズ ストーリー』『アントキノイノチ』などで知られる瀬々敬久。撮影は2月26日から5月までを予定しているとのこと。

なお、映画化について横山は、「原作の世界観を共有し、さりとて具象の檻にとらわれることなく、映像作品として優れたものに昇華して欲しいと願っています。活字と映像は好敵手であり、だからこそ無二の親友にもなりうる。職業人として尊敬する佐藤浩市さんをはじめ、出演者の皆さんと制作スタッフの情熱が、原作と映画を切っても切れない関係にしてくださると信じています」とコメントしている。

佐藤浩市のコメント

『クライマーズ・ハイ』の時もそうでしたが、『64』も原作を読んだ時から大変な仕事になるという覚悟を決めなければ出来ない作品です。
しかし自分がやりたい、やらなければいけないという演者の欲と必ず強い作品に出来るということを信じて、監督スタッフと共にぶつかりたいと思います。

作品情報

『64 -ロクヨン- 前編/後編』

2016年に全国東宝系で公開
監督:瀬々敬久
脚本:久松真一、瀬々敬久
原作:横山秀夫『64(ロクヨン)』(文藝春秋)
出演:佐藤浩市

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

『大人のためのグリム童話 手をなくした少女』予告編

映画『大人のためのグリム童話 手をなくした少女』予告編。高畑勲の実験精神に敬意を表する監督が「暗号描画」なる手法を使い、全ての作画をたったひとりで手がけたという。透けてしまいそうなキスシーンや、迫り来る波の一瞬一瞬に確かに手をひかれているようで、全貌が気になって仕方ない。オフィシャルサイトには片渕須直、今日マチ子らのコメントも。(井戸沼)

  1. 岩田剛典と元カノ・大政絢が再会 『パーフェクトワールド』新場面写真 1

    岩田剛典と元カノ・大政絢が再会 『パーフェクトワールド』新場面写真

  2. 『ギャングース』公開日決定&新場面写真にMIYAVI、篠田麻里子、山本舞香ら 2

    『ギャングース』公開日決定&新場面写真にMIYAVI、篠田麻里子、山本舞香ら

  3. 木村拓哉&長澤まさみのホテルマン姿 『マスカレード・ホテル』特報公開 3

    木村拓哉&長澤まさみのホテルマン姿 『マスカレード・ホテル』特報公開

  4. ガンダムシリーズ最新作『機動戦士ガンダムNT』特報、声優陣に榎木淳弥ら 4

    ガンダムシリーズ最新作『機動戦士ガンダムNT』特報、声優陣に榎木淳弥ら

  5. のんが武満徹『系図』の語り手を担当 谷川俊太郎の詩を朗読 5

    のんが武満徹『系図』の語り手を担当 谷川俊太郎の詩を朗読

  6. 森川葵×城田優のドラマ『文学処女』に中尾暢樹、泉里香、上遠野太洸ら 6

    森川葵×城田優のドラマ『文学処女』に中尾暢樹、泉里香、上遠野太洸ら

  7. 次号『CUT』は『銀魂』特集 実写からアニメ、原作漫画まで網羅の36ページ 7

    次号『CUT』は『銀魂』特集 実写からアニメ、原作漫画まで網羅の36ページ

  8. 満島真之介が『映画 おかあさんといっしょ』に出演 「人生の一番の夢」 8

    満島真之介が『映画 おかあさんといっしょ』に出演 「人生の一番の夢」

  9. アナログフィッシュ×呂布カルマ 小さな声でも人に刺さる言葉 9

    アナログフィッシュ×呂布カルマ 小さな声でも人に刺さる言葉

  10. 金閣寺で踊ったs**t kingzが感じた、ダンサーの社会的地位の変化 10

    金閣寺で踊ったs**t kingzが感じた、ダンサーの社会的地位の変化