ニュース

キング牧師の公民権運動描く『セルマ』、製作はブラッド・ピット&アカデミー賞受賞

映画『セルマ(原題)』が6月から東京・有楽町のTOHOシネマズシャンテほか全国で公開される。

CommonとJohn Legendによる主題歌“Glory”で『第87回アカデミー賞』主題歌賞を受賞した同作。1965年3月7日にアラバマ州セルマを舞台に、黒人の有権者登録の妨害に抗議するマーティン・ルーサー・キングJr.牧師率いるデモ隊が警官隊による暴力で鎮圧され、その残酷なシーンがテレビを通して全米に報道された「血の日曜日」事件を題材にした作品だ。

キング牧師を演じるのは、『リンカーン』『大統領の執事の涙』などで知られるデヴィッド・オイェロウォ。さらに、『グランド・ブダペスト・ホテル』にも出演しているトム・ウィルキンソンが黒人の公民権と投票権を認めたアメリカ合衆国第36代大統領リンドン・ジョンソンを演じるほか、『グレース・オブ・モナコ 公妃の切り札』『パルプ・フィクション』などの出演で知られるティム・ロスらが脇を固めている。

同作のメガホンを取ったのは、2012年に『Middle of Nowhere』で『サンダンス映画祭』ドラマ部門監督賞を受賞したエヴァ・デュヴルネ。製作には、ブラッド・ピット、『プレシャス』の制作総指揮を務めたオプラ・ウィンフリーらが名を連ねる。

作品情報

『セルマ(原題)』

2015年6月からTOHOシネマズシャンテほか全国で公開
監督:エヴァ・デュヴルネ
主題歌:Common、John Legend“Glory”
出演:
デヴィッド・オイェロウォ
トム・ウィルキンソン
ティム・ロス
配給:ギャガ

『セルマ(原題)』 ©2014 Pathe Productions Limited.All rights reserved.
『セルマ(原題)』 ©2014 Pathe Productions Limited.All rights reserved.
画像を拡大する(1枚)

記事の感想をお聞かせください

知らなかったテーマ、ゲストに対して、新たな発見や感動を得ることはできましたか?

得られなかった 得られた

回答を選択してください

ご協力ありがとうございました。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. ゆずが気づいた「歌いたい」という感情。覚悟を決めて未来に進む 1

    ゆずが気づいた「歌いたい」という感情。覚悟を決めて未来に進む

  2. 中村佳穂が語る『竜とそばかすの姫』 シェアされ伝播する歌の姿 2

    中村佳穂が語る『竜とそばかすの姫』 シェアされ伝播する歌の姿

  3. KERAが見てきた東京のインディ・アングラ音楽シーンを振り返る 3

    KERAが見てきた東京のインディ・アングラ音楽シーンを振り返る

  4. A_oから青い心を持つ全ての人へ 自由に、自分の力で生きること 4

    A_oから青い心を持つ全ての人へ 自由に、自分の力で生きること

  5. 『プロミシング・ヤング・ウーマン』が映し出す、「女性の現実」 5

    『プロミシング・ヤング・ウーマン』が映し出す、「女性の現実」

  6. Daichi Yamamotoと高校生のラップ談義。音楽の自由を10代に学ぶ 6

    Daichi Yamamotoと高校生のラップ談義。音楽の自由を10代に学ぶ

  7. トム・ヨークによるRadiohead“Creep”のリミックスが公式リリース 7

    トム・ヨークによるRadiohead“Creep”のリミックスが公式リリース

  8. ケリー・ライカート特集パンフに蓮實重彦、夏目知幸ら ototoiのグッズも 8

    ケリー・ライカート特集パンフに蓮實重彦、夏目知幸ら ototoiのグッズも

  9. 狂気と恐怖、男2人の権力闘争。『ライトハウス』監督インタビュー 9

    狂気と恐怖、男2人の権力闘争。『ライトハウス』監督インタビュー

  10. アーティストをやめる、苦渋の決断が生んだ現代芸術チーム「目」 10

    アーティストをやめる、苦渋の決断が生んだ現代芸術チーム「目」