若冲、国芳らが描いた「萌える」動物絵画約160点を紹介、『動物絵画の250年』展

江戸時代に描かれた動物絵画を紹介する『動物絵画の250年』展が、3月7日から東京・府中市美術館で開催される。

「悩んで萌える江戸時代」をキャッチコピーに掲げる『動物絵画の250年』は、2007年に開催された『動物絵画の100年 1751-1850』の続編となる展覧会。画家が動物に対して抱いていた思いや、動物を描くことの楽しさが作品を通して感じられる展示内容になるという。

展示替えのため前後期に分けて開催される同展では、土方稲嶺がトラを描いた『猛虎図』、猫の影絵を描いた歌川国芳の『絵鏡台合かゞ身(みみずく・獅子・般若面)』、フグとカエルが相撲をしている様子を描いた伊藤若冲の『河豚と蛙の相撲図』など、前期と後期あわせて約160点を展示。会期中にはスライドレクチャーや、展覧会を見ながらクイズに挑戦する子ども向けイベント『どうぶつ探検隊!』などのイベントも行われる。


イベント情報

『動物絵画の250年』

2015年3月7日(土)~5月6日(水)
前期:2015年3月7日(土)~4月5日(日)
後期:2015年4月7日(火)~5月6日(水)
会場:東京都 府中市美術館
時間:10:00~17:00(入場は16:30まで)
休館日:月曜(5月4日は開館)
料金:一般700円 高校生・大学生350円 中学生・小学生150円
※2度目の観覧料が半額になる割引券付き(本展1回限り有効)

  • HOME
  • Art,Design
  • 若冲、国芳らが描いた「萌える」動物絵画約160点を紹介、『動物絵画の250年』展

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて