ニュース

井筒和幸監督の特集上映に15本、維新派のドキュメンタリーや『ガキ帝国』『岸和田』も

井筒和幸監督の特集上映『自選シリーズ 現代日本の映画監督3 井筒和幸』が、3月17日から東京・京橋の東京国立近代美術館フィルムセンターで開催される。

1975年にピンク映画『行く行くマイトガイ 性春の悶々』で商業デビューを果たした井筒。「甘っちょろい予定調和の映画が大っ嫌い」と語る井筒は、不良たちを主人公にした青春群像劇や、芸人や新人女優、アイドルなどを重要な役に起用した数々の作品を発表している。

同イベントでは、映画初出演の島田紳助・松本竜介を主演に起用した『ガキ帝国』や、ナインティナインを主演に迎え、『ブルーリボン賞』作品賞を受賞した『岸和田少年愚連隊』、同じく『ブルーリボン賞』作品賞を受賞した『パッチギ!』など、井筒が監督を務めた15作品を上映する。また、上映作品の中には、短編映画『危ない話 夢幻物語「ツタンカーメン王の呪い」』『The ショートフィルムズ「TO THE FUTURE」』、現在の維新派である劇団日本維新派が1979年の冬に行った野外公演の様子を収めたドキュメンタリー映画『足乃裏から冥王まで』といった作品も上映される。

なお、3月21日の『ヒーローショー』と3月28日の『ガキ帝国』の上映後には、井筒によるトークイベントも行われる。上映スケジュールや関連イベントの詳細は、オフィシャルサイトをチェックしよう。


イベント情報

『自選シリーズ 現代日本の映画監督3 井筒和幸』

2015年3月17日(火)~3月29日(日)
会場:東京都 京橋 東京国立近代美術館フィルムセンター
上映作品:
『ガキ帝国』
『岸和田少年愚連隊』
『パッチギ!』
『二代目はクリスチャン』
『犬死にせしもの』
『危ない話 夢幻物語「ツタンカーメン王の呪い」』
『突然炎のごとく』
『さすらいのトラブルバスター』
『のど自慢』
『ゲロッパ!』
『The ショートフィルムズ TO THE FUTURE』
『ヒーローショー』
『黄金を抱いて翔べ』
『みゆき』
『足乃裏から冥王まで』
休館日:月曜
料金:一般520円 高校・大学生・シニア310円 小・中学生100円
※障がい者と付添者1名まで、およびキャンパスメンバーズは無料

『足乃裏から冥王まで』より
『足乃裏から冥王まで』より
『足乃裏から冥王まで』より
『足乃裏から冥王まで』より
『足乃裏から冥王まで』より
『足乃裏から冥王まで』より
『足乃裏から冥王まで』より
『足乃裏から冥王まで』より
『岸和田少年愚連隊』 ©1996松竹株式会社・吉本興業株式会社
『岸和田少年愚連隊』 ©1996松竹株式会社・吉本興業株式会社
『ヒーローショー』 ©2010「ヒーローショー」製作委員会
『ヒーローショー』 ©2010「ヒーローショー」製作委員会
画像を拡大する(6枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

岩井勇気(ハライチ)『ひねくれとか言われても俺はただ自分が進みたい道を選んでるだけ』

ドリームマッチでの『醤油の魔人 塩の魔人』、ラジオで突如披露した推しキャラケロッピをテーマにしたEDM調楽曲『ダメダメケロッピ』など、音楽的な才能に注目が集まる岩井勇気。今回はミツカン「こなべっち」とタッグを組み、自らがマイクを取ってラップに挑戦。しかもこの動画、岩井がこれまでラジオや書籍の中で言及してきた、珪藻土のバスマットや、海苔、メゾネットタイプの部屋、クラウス・ノミなどのネタが詰まっていて、まさか岩井さんの自宅なのでは……? と隅々まで見てしまう。つぎはぜひ、自作のトラックとリリックによる曲が披露されることを待っています。(川浦)

  1. テイラー・スウィフトと因縁のインディロック 田中宗一郎らが語る 1

    テイラー・スウィフトと因縁のインディロック 田中宗一郎らが語る

  2. 川井憲次に聞く押井守との共同制作。説明不可能な音楽探求の日々 2

    川井憲次に聞く押井守との共同制作。説明不可能な音楽探求の日々

  3. 三浦春馬主演『天外者』ウェブ限定動画「約束編」「決意編」「友情編」公開 3

    三浦春馬主演『天外者』ウェブ限定動画「約束編」「決意編」「友情編」公開

  4. 平手友梨奈が表紙を飾る『装苑』詳細発表 「クラシカルかつ幻想的ムード」 4

    平手友梨奈が表紙を飾る『装苑』詳細発表 「クラシカルかつ幻想的ムード」

  5. 菅田将暉“虹”PVで古川琴音と夫婦役、監督は呉美保 5

    菅田将暉“虹”PVで古川琴音と夫婦役、監督は呉美保

  6. 『ハーレイ・クインの華麗なる覚醒』論評 自立と解放への戦い描く 6

    『ハーレイ・クインの華麗なる覚醒』論評 自立と解放への戦い描く

  7. のんがブルーハーツをカバー マルコメ×『私をくいとめて』コラボ企画始動 7

    のんがブルーハーツをカバー マルコメ×『私をくいとめて』コラボ企画始動

  8. 石崎ひゅーい×森山未來対談 本当の戦いは勝ち負けの物差しの先で 8

    石崎ひゅーい×森山未來対談 本当の戦いは勝ち負けの物差しの先で

  9. 高橋一生が今年のグラコロソングを歌う、マクドナルド新テレビCM 9

    高橋一生が今年のグラコロソングを歌う、マクドナルド新テレビCM

  10. PUNPEEが2つの配信ライブで提示したもの、メール取材も実施 10

    PUNPEEが2つの配信ライブで提示したもの、メール取材も実施