ニュース

岡山天音&門脇麦が自殺志願者の男女役、井上靖の短編『死と恋と波と』が映画化

松永大司監督の短編映画『死と恋と波と』が、4月24日から開催される『第32回釜山国際短編映画祭』インターナショナルコンペティション部門に出品されることがわかった。

同作は、井上靖の短編集『愛』に収録されている同名小説が原作。自殺を考えている他人同士の男女の出会いと葛藤を叙情的に描いた作品だ。

自殺を決心した主人公の杉千之助役を演じるのは、『チョコリエッタ』や、今秋に公開される杉浦日向子原作の映画『合葬』などに出演している岡山天音。杉と偶然出会う同じく自殺志願者の女・辻村那美役を、映画『愛の渦』などで知られ、3月30日から放送がスタートするNHK朝の連続テレビ小説『まれ』への出演も決定している門脇麦が演じる。メガホンをとるのは、6月6日に監督作『トイレのピエタ』の公開を控える松永大司。

なお、同作は『第32回釜山国際短編映画祭』でワールドプレミア上映された後、夏に日本でも公開される予定だ。

松永大司のコメント

原作である「死と恋と波と」を読んだ時、主人公の男の『人間は死さえ選べる』という言葉が印象に残り、そしてその男が見知らずの女との出会いから『生きてみようかな』と思ってしまうところにとても人間味を感じ興味を持った。
この原作を岡山天音、門脇麦という魅力的な役者と共に映像化にトライさせてもらった事はとても幸せなことです。

岡山天音のコメント

これまで無意識的に逃げて来たものと向き合わされ、自分の中の指針を作ってもらった作品になりました。

門脇麦のコメント

撮影期間は短い作品ですが濃厚な時間でしたし、それは画面にも確実に映っていると思います。
そして何よりこの作品を通して松永監督と知り合えたことが嬉しいです。

作品情報

『死と恋と波と』

『第32回釜山国際短編映画祭』で初上映、夏に日本公開予定
監督・脚本:松永大司
原作:井上靖『死と恋と波と』(角川文庫『愛』より)
音楽:茂野雅道
出演:
岡山天音
門脇麦
森下能幸
深水元基
北浦愛

『死と恋と波と』
『死と恋と波と』
『死と恋と波と』
『死と恋と波と』
『死と恋と波と』
『死と恋と波と』
画像を拡大する(3枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

けもの“ただの夏”

西田修大や石若駿らが参加した、けもの“ただの夏”のMV。日々のよもやまを何となく夏のせいしてみたり、夏ってだけで毎日はどこか特別になってしまうけれど、感傷的な赤い季節の魔力を前に立ち止まってみるのもいいかもしれない。<これはただの夏>のリフレインの合間に歌われる、<好きな人を 好きになってしまう>のラインにハッとした。(山元)

  1. 星野源&高畑充希がおにぎりを手に見つめ合う、『引っ越し大名!』新写真 1

    星野源&高畑充希がおにぎりを手に見つめ合う、『引っ越し大名!』新写真

  2. 4万本の薔薇に包まれて食を享受、「喰種レストラン」銀座某所に限定開店 2

    4万本の薔薇に包まれて食を享受、「喰種レストラン」銀座某所に限定開店

  3. 白石麻衣が“半額ブギウギ”で踊るソフトバンク新CM スマホ紹介動画も 3

    白石麻衣が“半額ブギウギ”で踊るソフトバンク新CM スマホ紹介動画も

  4. 志尊淳が夏帆や伊藤万理華とキス、『潤一』予告編&場面写真が公開 4

    志尊淳が夏帆や伊藤万理華とキス、『潤一』予告編&場面写真が公開

  5. 「天使」のような南米の連続殺人犯がモデル、『永遠に僕のもの』8月公開 5

    「天使」のような南米の連続殺人犯がモデル、『永遠に僕のもの』8月公開

  6. 全て曝け出したBLUE ENCOUNT 成功を超えたバンドの葛藤と本音 6

    全て曝け出したBLUE ENCOUNT 成功を超えたバンドの葛藤と本音

  7. 『Zipper』1号限りの復活 木村カエラが表紙&巻頭、テーマは「90年代」 7

    『Zipper』1号限りの復活 木村カエラが表紙&巻頭、テーマは「90年代」

  8. ディアステージとパーフェクトミュージックが経営統合を発表 8

    ディアステージとパーフェクトミュージックが経営統合を発表

  9. Dizzy Sunfistの、夢を貫く力。「仲間に頼れることが強さ」 9

    Dizzy Sunfistの、夢を貫く力。「仲間に頼れることが強さ」

  10. IKEA×現代美術作家オラファー・エリアソンがコラボ。太陽光の利用を促進 10

    IKEA×現代美術作家オラファー・エリアソンがコラボ。太陽光の利用を促進