RCサクセション『シングル・マン』を紐解くNHK番組、23歳の清志郎の想いに迫る

『名盤ドキュメント RCサクセション「シングル・マン」』が、5月2日22:00からNHK BSプレミアムで放送される。

名盤とされる音楽作品の舞台裏に迫る番組シリーズ『名盤ドキュメント』。今回は「清志郎、知られざる若き日々」をテーマに掲げ、“スローバラード”“ヒッピーに捧ぐ”といった楽曲が収録されている1976年のRCサクセションのアルバム『シングル・マン』を取り上げる。

同作は、当時全く売れず、事務所にレコードを作ることを許可されなかったという23歳の忌野清志郎らが事務所に極秘で録音したことから、レコーディングの経緯や参加ミュージシャンなどの記録がほとんど残っていないという。番組では、各楽器の音が別々に録音された同作のマルチトラックテープを初公開し、レコーディングに参加したアーティストや関係者、リアルタイムで同作を聴いていた人々へのインタビューを交えながら忌野が同作へこめた想いに迫る。

出演者には、『シングル・マン』の制作に参加した星勝、茂木正三、後にRCサクセションに加入した仲井戸麗市をはじめ、竹中直人、角田光代、サンプラザ中野くん、曽我部恵一、ワタナベイビーらが名を連ねている。なお、同番組は2夜連続で放送される予定だ。

※記事掲載時から、本文の一部内容が変更になりました。

番組情報

『忌野清志郎プレミアムナイト』第1夜
『名盤ドキュメント RCサクセション「シングル・マン」』

2015年5月2日(土)22:00~22:59にNHK BSプレミアムで放送
出演:
星勝
茂木正三
仲井戸麗市
竹中直人
角田光代
サンプラザ中野くん
曽我部恵一
ワタナベイビー
ほか

関連リンク

  • HOME
  • Music
  • RCサクセション『シングル・マン』を紐解くNHK番組、23歳の清志郎の想いに迫る

Special Feature

coe──未来世代のちいさな声から兆しをつくる

ダイバーシティーやインクルージョンという言葉が浸透し、SDGsなど社会課題の解決を目指す取り組みが進む。しかし、個人のちいさな声はどうしても取りこぼされてしまいがちだ。いまこの瞬間も、たくさんの子どもや若者たちが真剣な悩みやコンプレックス、生きづらさを抱えながら、毎日を生きている。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて