伊勢丹新宿店による子ども向け体験学習プロジェクト「cocoiku」に多彩講師陣

伊勢丹新宿店による子ども向けの体験学習プロジェクト「cocoiku」が、4月からスタートする。

cocoikuは、様々な分野で活動するプロフェッショナルを講師に招き、クリエイティブな「学びの場」を提供するプロジェクト。0歳から12歳までの子どもや育児期の親を対象に、新しいテクノロジーやメディアとの付き合い方を学ぶ「メディア」、自由な発想で創作を行う「アート」、身体や五感を駆使した創造性を育む「フィジカル」の3つのカテゴリーの多彩なワークショップが行われる。

プログラム全体の監修は、2003年から11年間にわたって山口情報芸術センター[YCAM]で教育普及担当を務め、現在は東京大学大学院の特任助教を務める会田大也が担当。講師陣には、藤井光、伊藤ガビン、大岡寛典、中島佑太、有山宙、快快らが名を連ねている。プログラムは春期、夏期、秋期、冬期の4つの期で展開され、各プログラムは3か月にわたって全10回開講する。4月からスタートする春期の参加申込は伊勢丹新宿本店の本館6階cocoikuparkで受け付けている。

なお、春期の開講に先駆けて3月24日まで体験入学を実施中。詳細はオフィシャルサイトをチェックしよう。

  • HOME
  • Life&Society
  • 伊勢丹新宿店による子ども向け体験学習プロジェクト「cocoiku」に多彩講師陣

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて