明石家さんま×生瀬勝久×水田伸生の初タッグ作が14年ぶり再演『七人ぐらいの兵士』

明石家さんま主演の舞台『七人ぐらいの兵士』が、7月5日から東京・渋谷のBunkamuraシアターコクーン、8月19日から大阪のシアターBARAVA!で上演される。

生瀬勝久が脚本、水田伸生が演出を手掛ける『七人ぐらいの兵士』は、2000年に初演され、2001年に再演。戦時中に吉本興業が実際に編成したという芸人たちによる戦地慰問団「わらわし隊」をモチーフにした物語を描き、明石家、生瀬、水田の3人が2004年に『JOKER』、2009年に『ワルシャワの鼻』などの舞台を上演するきっかけとなった作品だ。

物語の舞台は、戦時中の中国にある日本軍の駐屯地。再訓練が必要なため、同地に集められた大阪出身者のみの分隊で、リーダーの元漫才師・木下兵長や、行方不明になっていた木下のかつての相方・水嶋上等兵らが巻き起こす騒動を描く。

14年ぶりの再演となる今回は、木下役の生瀬、水嶋役の明石家をはじめ、山西惇、温水洋一、八十田勇一、恵俊彰、中村育二ら初演時のキャストが集結。さらに、野戦病院で木下と出会う、木下の死んだ妹に生き写しの看護婦・吉永花子役の内田有紀や、中尾明慶、須賀健太、森田甘路らも出演する。チケットの一般発売は4月25日からスタート。

イベント情報

『七人ぐらいの兵士』

作:生瀬勝久
演出:水田伸生
出演:
明石家さんま
生瀬勝久
内田有紀
中尾明慶
山西惇
温水洋一
八十田勇一
森田甘路
須賀健太
中村育二
恵俊彰
※中尾と恵はダブルキャスト

東京公演
2015年7月5日(日)~7月26日(日)全26公演
会場:東京都 渋谷 Bunkamuraシアターコクーン
料金:S席9,800円 A席8,300円 コクーンシート6,000円

大阪公演
2015年8月19日(水)~8月25日(火)全10公演
会場:大阪府 シアターBRAVA!
料金:9,800円

関連リンク

  • HOME
  • Stage
  • 明石家さんま×生瀬勝久×水田伸生の初タッグ作が14年ぶり再演『七人ぐらいの兵士』

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて