ニュース

坂茂が9万個のメイクパレットを使ったパビリオン設計、資生堂とのコラボ作を伊で展示

坂茂のデザインによる『REVERBERATION─Pavilion of Light and Sound』が、5月8日と9日にイタリア・ヴェネチアのPalazzo Pisani Conservatorio di Musica Benedetto Marcelloに展示される。

フランスのポンピドゥー・センター・メスといった世界各地の文化施設、住宅を手掛けているほか、阪神淡路大震災や四川大地震の被災地域に建設された仮設住宅や仮設校舎、2011年の大地震で被害を受けたニュージーランド・クライストチャーチの仮設教会など、紙を資材に用いた建築を通して世界の被災地で支援を行っている坂茂。昨年には「建築界のノーベル賞」とも言われるアメリカの建築賞『プリツカー賞』を受賞している。

『REVERBERATION─Pavilion of Light and Sound』は、資生堂のブランド「クレ・ド・ポー ボーテ」とのコラボレーションにより実現。同ブランドの2015年秋冬コレクションのテーマ「ベニスの光」にインスピレーションを受け、メイクパレットのパーツ約9万個を素材に用いたパビリオンを、会場である1603年建設の音楽学院Palazzo Pisaniのコートヤードに建設する。パビリオン内では音楽が演奏され、音と光の反射を体験できる空間になるとのこと。

なお、今回のプロジェクトは『第56回ヴェネチア・ビエンナーレ』の内覧会期間であるヴェルニサージュの開催にあわせて実施される。

坂茂のコメント

最小限の材料と力で空間を包み込むには、テンシル構造が適切である。この歴史的なファサードに囲まれた狭いPalazzo Pisaniに空間を切り取るため、アクリル板をそのファサードに立て掛けて、自然に吊り下げられた放物線状の面を作った。
初めてクレ・ド・ポー ボーテのパレットを見た時、この濃紺の表面が光を反射したり吸収するタイルに見えた。そこでこのパレットを9mmの間隔でアクリル板の両面にタイル状に貼り、光を反射させたり、内部に翳を作り、その隙間から構造体を固定する重しとしての水面に反射するベニスらしい揺らぐ光を内部に取り込んだ。
今は音楽院になっているこのPalazzo Pisaniのコートヤードに立った時、どこからともなく音が聞こえてきた。その音は音楽というより、この空間独特の環境を作る構成要素である。 神秘的な光と翳と調和する音の空間。それは歴史的なファサードに重ねた化粧ではなく、既存のコンテクストの魅力を引き出す仕掛けである。

イベント情報

『「REVERBERATION─Pavilion of Light and Sound」Designed by Shigeru Ban』

2015年5月8日(金)、5月9日(土)
会場:イタリア ヴェネチア Palazzo Pisani Conservatorio di Musica Benedetto Marcello

Pavilion Image Sketche of [Cle de peau BEAUTE] Venice Biennale 2015 ©Shigeru Ban
Pavilion Image Sketche of [Cle de peau BEAUTE] Venice Biennale 2015 ©Shigeru Ban
Centre Pompidou Metz, 2010 ©DIDIER BOY DE LA TOUR / ©Shigeru Ban
Centre Pompidou Metz, 2010 ©DIDIER BOY DE LA TOUR / ©Shigeru Ban
Christchurch Cardboard Cathedral, 2013 ©Stephen Goodneough / ©Shigeru Ban
Christchurch Cardboard Cathedral, 2013 ©Stephen Goodneough / ©Shigeru Ban
Aspen Art Museum, USA, 2014 ©Michael Moran / ©Shigeru Ban
Aspen Art Museum, USA, 2014 ©Michael Moran / ©Shigeru Ban
Ile Seguin
Ile Seguin "Cite Musicale", In Progress ©Shigeru Ban Architects Europe-Jean de Gastines Architectes-Perspective Morph_Berge Meudon
画像を拡大する(6枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

Elephant Gym“Moonset- Live at Underwater World Tour In Japan”

一聴・一見すると繊細に織られたアンサンブルに柔和な印象を抱く。が、極太のベースがリズムとメロディの両方を引っ張っていく様は超アグレッシヴでもある。観客も含めて会場に漂う空気は一貫して緩やかなものでありながら、なによりも3音の鋭い合気道を存分に楽しめるライブ映像だ。ビルドアップした低音に歌心を置くスタイルはまさに今だし、音の余白も心地いい。ポップとエッジィの両極をあくまで愛嬌たっぷりに鳴らす台湾出身の3ピースバンド、その魅力を1カット1カットが十二分に伝えている。(矢島大地)

  1. BTSは愛と自信を原動力に前進する。新章『MAP OF THE SOUL: PERSONA』 1

    BTSは愛と自信を原動力に前進する。新章『MAP OF THE SOUL: PERSONA』

  2. 高畑充希×前田敦子×池松壮亮『Q10』組登場 『町田くんの世界』場面写真 2

    高畑充希×前田敦子×池松壮亮『Q10』組登場 『町田くんの世界』場面写真

  3. 長澤まさみ&夏帆がLOWRYS FARM夏ビジュアルに ディレクションは吉田ユニ 3

    長澤まさみ&夏帆がLOWRYS FARM夏ビジュアルに ディレクションは吉田ユニ

  4. 女子大生が「殺される誕生日」を無限ループ 『ハッピー・デス・デイ』予告 4

    女子大生が「殺される誕生日」を無限ループ 『ハッピー・デス・デイ』予告

  5. スガシカオが語る、アルバム名に込めた真意「幸福感は十人十色」 5

    スガシカオが語る、アルバム名に込めた真意「幸福感は十人十色」

  6. 舞台『オリエント急行殺人事件』日本初演 小西遼生、室龍太ら出演 6

    舞台『オリエント急行殺人事件』日本初演 小西遼生、室龍太ら出演

  7. トム・サックスが茶の湯の世界に目を向ける展覧会 庭や茶室、池などで構成 7

    トム・サックスが茶の湯の世界に目を向ける展覧会 庭や茶室、池などで構成

  8. ピクサーアニメの制作工程を体験&学習、『PIXARのひみつ展』六本木で開幕 8

    ピクサーアニメの制作工程を体験&学習、『PIXARのひみつ展』六本木で開幕

  9. 21世紀のプリンスを再評価。配信やセクシャリティーの先駆者 9

    21世紀のプリンスを再評価。配信やセクシャリティーの先駆者

  10. カネコアヤノのお守りみたいな歌 不安を大丈夫に変える詩の秘密 10

    カネコアヤノのお守りみたいな歌 不安を大丈夫に変える詩の秘密