ニュース

ダライ・ラマ14世に6年間にわたって密着、人生と素顔を紐解くドキュメンタリー

ダライ・ラマ14世を追ったドキュメンタリー映画『ダライ・ラマ14世』が、6月から東京・渋谷のユーロスペースで公開される。

1935年生まれのダライ・ラマは、2歳の時にダライ・ラマ13世の転生者であると認定され、5歳でチベット仏教の最高指導者となり、ダライ・ラマ14世として即位。中国軍がチベットに侵攻した後に15歳で国家元首となるが、中国との関係は悪化し、23歳の時にインドに亡命した。その後、チベット亡命政府の長を務める傍らで世界中をめぐり、チベットの自由と世界平和を唱え、1989年にはノーベル平和賞を受賞。2011年には『TIME』誌によって寛容と平和の提唱者として「世界の象徴的政治家トップ25」に選出された。

同作は、ダライ・ラマ14世を6年間にわたって取材し、彼のこれまでの人生とチベット問題を描くと同時に、その素顔に迫る作品。作中では、眼鏡をはずし、お茶を飲みながらくつろぐダライ・ラマの普段の姿や、書物に目を通して日々の課題を学ぶ1人の僧侶としての姿も描かれているという。

企画と撮影を務めたのは、世界平和に貢献する人々の撮影をライフワークにする薄井一議と薄井大還の写真家親子。監督は『大阪ハムレット』『はさみ』などで知られる光石富士朗が務めた。ナレーションは柄本佑が担当。

なお同作の撮影素材の確認中に、光石監督は「平和を力で実現しようとする動きばかりが目につく今の世界の中で、ひたすら非暴力を貫き対話で平和へと導こうとするダライ・ラマ14世。その言葉と姿勢が、我々に多くのことを気づかせてくれるのではないか」と考えていたという。

作品情報

『ダライ・ラマ14世』

2015年6月からユーロスペースほかで順次公開
監督・構成・編集:光石富士朗
出演:ダライ・ラマ法王14世
語り:柄本佑
配給:ブエノスフィルム

『ダライ・ラマ14世』 ©Buenos film/Taikan USUI
『ダライ・ラマ14世』 ©Buenos film/Taikan USUI
『ダライ・ラマ14世』 ©Buenos film
『ダライ・ラマ14世』 ©Buenos film
画像を拡大する(2枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

岩井勇気(ハライチ)『ひねくれとか言われても俺はただ自分が進みたい道を選んでるだけ』

ドリームマッチでの『醤油の魔人 塩の魔人』、ラジオで突如披露した推しキャラケロッピをテーマにしたEDM調楽曲『ダメダメケロッピ』など、音楽的な才能に注目が集まる岩井勇気。今回はミツカン「こなべっち」とタッグを組み、自らがマイクを取ってラップに挑戦。しかもこの動画、岩井がこれまでラジオや書籍の中で言及してきた、珪藻土のバスマットや、海苔、メゾネットタイプの部屋、クラウス・ノミなどのネタが詰まっていて、まさか岩井さんの自宅なのでは……? と隅々まで見てしまう。つぎはぜひ、自作のトラックとリリックによる曲が披露されることを待っています。(川浦)

  1. 映画『82年生まれ、キム・ジヨン』が突きつける、社会に深く根づく性差別 1

    映画『82年生まれ、キム・ジヨン』が突きつける、社会に深く根づく性差別

  2. 横浜流星が「つらいかぜ」を打ち砕く プレコールの新CM「闘い続ける」篇 2

    横浜流星が「つらいかぜ」を打ち砕く プレコールの新CM「闘い続ける」篇

  3. ジョン・レノンが時代に残す闘いの爪痕、ヨーコがもたらしたもの 3

    ジョン・レノンが時代に残す闘いの爪痕、ヨーコがもたらしたもの

  4. 木村拓哉を操上和美が撮影『SWITCH』原宿特集に小泉今日子、池田エライザら 4

    木村拓哉を操上和美が撮影『SWITCH』原宿特集に小泉今日子、池田エライザら

  5. King Gnu井口理が獣医師役 野村不動産「プラウド」ブランドムービーが公開 5

    King Gnu井口理が獣医師役 野村不動産「プラウド」ブランドムービーが公開

  6. 高橋一生主演×荒木飛呂彦原作ドラマ『岸辺露伴は動かない』12月NHKで放送 6

    高橋一生主演×荒木飛呂彦原作ドラマ『岸辺露伴は動かない』12月NHKで放送

  7. カルティエの新作キャンペーンに常田大希、池田エライザ、野田洋次郎ら起用 7

    カルティエの新作キャンペーンに常田大希、池田エライザ、野田洋次郎ら起用

  8. 大滝詠一『A LONG VACATION』40周年記念盤が全音楽記録媒体でリリース 8

    大滝詠一『A LONG VACATION』40周年記念盤が全音楽記録媒体でリリース

  9. YOASOBIがGoogle PixelのCMソングを担当 新曲“アンコール”を起用 9

    YOASOBIがGoogle PixelのCMソングを担当 新曲“アンコール”を起用

  10. スピッツ、全着席のコンサートを11月に東京ガーデンシアターで開催 10

    スピッツ、全着席のコンサートを11月に東京ガーデンシアターで開催