『きっと、星のせいじゃない。』監督の恋愛映画、「白雪姫」リリー・コリンズが出演

映画『ハッピーエンドが書けるまで』が、6月27日から東京・新宿シネマカリテ、渋谷シネパレスほか全国で公開されることがわかった。

今年2月に公開された映画『きっと、星のせいじゃない。』でメガホンをとったジョシュ・ブーンが監督と脚本を務めた同作は、離婚して3年目の作家のビルと、別れた妻のエリカ、娘のサマンサ、息子のラスティらの物語を描いた作品。

母であるエリカを毛嫌いし、恋愛に臆病になっている大学生のサマンサ役を『白雪姫と鏡の女王』で白雪姫役を演じたリリー・コリンズ、エリカに未練を持つビル役をグレッグ・キニア、ビルと別れて新たな恋人と付き合うエリカ役をジェニファー・コネリーが演じる。また、初恋の相手がコカインを吸っている現場を見てしまうラスティ役には、『きっと、星のせいじゃない。』にも出演したナット・ウルフがキャスティングされている。

また、劇中歌にはコナー・オバースト(Bright Eyes)、エリオット・スミス、Bon Iver、The National、アレックス・ウルフらが楽曲を提供している。音楽は『きっと、星のせいじゃない。』のマイク・モーギス。製作は『第82回アカデミー賞』で2部門に輝いた『クレイジー・ハート』を手掛けたジュディ・カイロが務めている。

作品情報

『ハッピーエンドが書けるまで』

2015年6月27日(土)から新宿シネマカリテ、渋谷シネパレスほか全国公開
監督・脚本:ジョシュ・ブーン
出演:
リリー・コリンズ
ローガン・ラーマン
グレッグ・キニア
ジェニファー・コネリー
ナット・ウルフ
クリステン・ベル
配給:AMGエンタテインメント

  • HOME
  • Movie,Drama
  • 『きっと、星のせいじゃない。』監督の恋愛映画、「白雪姫」リリー・コリンズが出演

Special Feature

coe──未来世代のちいさな声から兆しをつくる

ダイバーシティーやインクルージョンという言葉が浸透し、SDGsなど社会課題の解決を目指す取り組みが進む。しかし、個人のちいさな声はどうしても取りこぼされてしまいがちだ。いまこの瞬間も、たくさんの子どもや若者たちが真剣な悩みやコンプレックス、生きづらさを抱えながら、毎日を生きている。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて