ニュース

Franz Ferdinand×Sparksのコラボバンド「FFS」、6月に初アルバム

FFSのアルバム『FFS』の日本盤が、6月10日にリリースされる。

FFSは、2013年に4枚目のアルバム『Right Thoughts, Right Words, Right Action』をリリースしたFranz Ferdinandと、1970年代から活動するロン・メイル、ラッセル・メイル兄弟のバンドSparksによるコラボレーションユニット。2007年に出会ったという2組は、作品の発表だけでなく、FFSとして6月からツアーも行う予定だ。

今回のコラボレーションについて、アレックス・カプラノス(Franz Ferdinand)は「なにか新しいものを生み出したいと思っていたんだ。単なる“フランツ・フィーチャリング・ラッセル・メイル”だとか、“フランツがバック・バンドを務めるスパークス”じゃなくてさ」とコメント。また、ロン・メイルは「どこまでがスパークスで、どこまでがフランツかなんて線引きするのは無理だよ。新たな領域に踏み込むために、僕ら二組とも少しだけいつもの自分たちを捨てて挑んだんだ」と語っている。

なお、『FFS』の収録曲“Piss Off”が先行シングルとして配信されているほか、試聴音源が公開中。日本盤にはボーナストラック4曲がダウンロードできるカードが封入される。

リリース情報

FFS
『FFS』日本盤(CD)

2015年6月10日(水)発売
価格:2,561円(税込)
Domino / Hostess / HSE-10162

1. Johnny Delusional
2. Call Girl
3. Dictator's Son
4. Little Guy From The Suburbs
5. Police Encounters
6. Save Me From Myself
7. So Desu Ne
8. The Man Without A Tan
9. Things I Won't Get
10. The Power Couple
11. Collaborations Don't Work
12. Piss Off
13. So Many Bridges(ボーナストラック)
14. King Of The Song(ボーナストラック)
15. Look At Me(ボーナストラック)
16. A Violent Death(ボーナストラック)
※ボーナストラックダウンロードカード封入予定

amazonで購入する

FFS
FFS
FFS『FFS』ジャケット
FFS『FFS』ジャケット
画像を拡大する(2枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

BIM“Wink”

BIMの新作『NOT BUSY』より“Wink”の映像が公開。ゆるめに結んだネクタイは軽妙洒脱でも、背伸びはしない。どこか冴えない繰り返しのなかで<だって俺らの本番はきっとこれから>と、吹っ切れなさもそのままラップして次へ。BIMの現在進行形のかっこよさと人懐っこさがトレースされたようなGIFアニメが最高にチャーミング。(山元)

  1. 『マッドマックス 怒りのデス・ロード』 時代を先取りした画期的作品 1

    『マッドマックス 怒りのデス・ロード』 時代を先取りした画期的作品

  2. 坂口恭平の権力への抵抗。音楽は記憶を思い出させ人を治療する 2

    坂口恭平の権力への抵抗。音楽は記憶を思い出させ人を治療する

  3. 能町みね子が『ヨコトリ』で考えた、わからない物事との対峙 3

    能町みね子が『ヨコトリ』で考えた、わからない物事との対峙

  4. 『鬼滅の刃』劇場版公開記念集英社連合企画、20誌それぞれにオリジナル付録 4

    『鬼滅の刃』劇場版公開記念集英社連合企画、20誌それぞれにオリジナル付録

  5. ラブリーサマーちゃん、真摯さを胸に語る ノイジーな世界に調和を 5

    ラブリーサマーちゃん、真摯さを胸に語る ノイジーな世界に調和を

  6. King Gnuが日本初の「レッドブル・アーティスト」に 「Go Louder」始動 6

    King Gnuが日本初の「レッドブル・アーティスト」に 「Go Louder」始動

  7. 柳楽優弥、三浦春馬、有村架純が戦時下の若者役 映画『太陽の子』来年公開 7

    柳楽優弥、三浦春馬、有村架純が戦時下の若者役 映画『太陽の子』来年公開

  8. 勝井祐二と山本精一が語る 踊るという文化とROVOが瀕する転換点 8

    勝井祐二と山本精一が語る 踊るという文化とROVOが瀕する転換点

  9. 暮らしと仕事と遊びとアート。すべてを越えて繋がる東東京の生活 9

    暮らしと仕事と遊びとアート。すべてを越えて繋がる東東京の生活

  10. 小栗旬×星野源、野木亜紀子脚本の映画『罪の声』場面写真一挙公開 10

    小栗旬×星野源、野木亜紀子脚本の映画『罪の声』場面写真一挙公開