ニュース

『ピース オブ ケイク』劇中劇がまさかのリアル舞台化、劇団鹿殺しの丸尾が作・演出

多部未華子の主演映画『ピース オブ ケイク』の劇中劇『ツチノコの嫁入り』が実際に舞台化され、9月17日から東京・渋谷のCBGKシブゲキ!!で上演されることがわかった。

『ツチノコの嫁入り』は、原作に登場する劇団「めばち娘」による公演で、自分たちの存在を認めない人類に対して復讐を誓うツチノコを主人公にした悲劇の物語。映画では、劇団の座長・千葉役を峯田和伸(銀杏BOYZ)、看板俳優の天役を松坂桃李が演じ、多部が演じる主人公・志乃が、劇団の衣装担当としてキャリアをスタートさせるきっかけになる作品だ。

今回の公演は、映画で劇中劇の構成と演出を担当する丸尾丸一郎(劇団鹿殺し)による作、演出のもと、劇団めばち娘を実際に旗揚げして上演されるもの。出演者はオーディションによって選出される。詳細は劇団鹿殺しのオフィシャルサイトをチェックしよう。

9月5日から東京・新宿バルト9ほか全国で公開される田口トモロヲ監督の映画『ピース オブ ケイク』は、ジョージ朝倉による同名漫画をもとにした作品。仕事でも恋愛でも流されるままに生きてきた志乃が、引越し先の隣人で、新しい職場の店長・京志郎を相手に初めて本気の恋に落ちたことから展開する恋愛物語が描かれる。多部、峯田、松坂に加え、京志郎役の綾野剛や、木村文乃、光宗薫、菅田将暉、柄本佑、峯田和伸らがキャストに名を連ねている。音楽は大友良英が担当。

イベント情報

劇団めばち娘旗揚げ公演
『ツチノコの嫁入り』

2015年9月17日(木)~9月27日(日)
会場:東京都 渋谷 CBGKシブゲキ!!
作・演出:丸尾丸一郎
音楽:入交星士×オレノグラフィティ

作品情報

『ピース オブ ケイク』

2015年9月5日(土)から新宿バルト9ほか全国で公開
監督:田口トモロヲ
脚本:向井康介
原作:ジョージ朝倉『ピース オブ ケイク』(祥伝社)
音楽:大友良英
出演:
多部未華子
綾野剛
松坂桃李
木村文乃
光宗薫
柄本佑
菅田将暉
中村倫也
安藤玉恵
森岡龍
宮藤官九郎
廣木隆一
峯田和伸(銀杏BOYZ)
配給:ショウゲート

左から『ピース オブ ケイク』メインビジュアル、丸尾丸一郎 ©2015 ジョージ朝倉/祥伝社/「ピース オブ ケイク」製作委員会
左から『ピース オブ ケイク』メインビジュアル、丸尾丸一郎 ©2015 ジョージ朝倉/祥伝社/「ピース オブ ケイク」製作委員会
画像を拡大する(1枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

『悲しみに、こんにちは』予告編

映画『悲しみに、こんにちは』予告編。両親の死によって、都会から田舎の伯父伯母のもとに引き取られることになった少女・フリダ。スペイン・カタルーニャで過ごす彼女の、きらめくようなひと夏の様子が、新鋭監督による瑞々しい感性によって描かれています。映画批評サイト「ロッテン・トマト」100%Fresh獲得も納得の一作です。(久野)

  1. 『デザインあ展』が科学未来館で開催。体験型作品も多数の会場内をレポート 1

    『デザインあ展』が科学未来館で開催。体験型作品も多数の会場内をレポート

  2. 吉岡里帆主演『健康で文化的な最低限度の生活』 生活保護描く新ドラマ 2

    吉岡里帆主演『健康で文化的な最低限度の生活』 生活保護描く新ドラマ

  3. ドラマ『恋のツキ』に安藤政信&欅坂46・今泉佑唯が出演 恋物語をかき乱す 3

    ドラマ『恋のツキ』に安藤政信&欅坂46・今泉佑唯が出演 恋物語をかき乱す

  4. ケンドリック・ラマーの黒塗り広告が突如、霞ヶ関駅&国会議事堂前駅に出現 4

    ケンドリック・ラマーの黒塗り広告が突如、霞ヶ関駅&国会議事堂前駅に出現

  5. 夏帆「ドッキドキ」 TOWA TEI「SRATM」新曲“ダキタイム”PVに出演 5

    夏帆「ドッキドキ」 TOWA TEI「SRATM」新曲“ダキタイム”PVに出演

  6. SNSでイラストの支持を集めた雪下まゆが語る、作風への葛藤 6

    SNSでイラストの支持を集めた雪下まゆが語る、作風への葛藤

  7. アニメキャラ100の名言が新宿地下を占拠 『Netflix “アニ名言”ジャック』 7

    アニメキャラ100の名言が新宿地下を占拠 『Netflix “アニ名言”ジャック』

  8. 『華氏451度』『一九八四年』などSF作がTシャツに 早川書房×トーハン企画 8

    『華氏451度』『一九八四年』などSF作がTシャツに 早川書房×トーハン企画

  9. 細田守が語る、映画『未来のミライ』で描きたかった現代の家族像 9

    細田守が語る、映画『未来のミライ』で描きたかった現代の家族像