ニュース

サイ・トゥオンブリーの大規模個展が原美術館で開催、約70点の「紙の作品」一挙展示

『サイ トゥオンブリー:紙の作品、50年の軌跡』展が、5月23日から東京・品川の原美術館で開催される。

アメリカ・ヴァージニア州出身のサイ・トゥオンブリーは、アメリカ抽象表現主義の第2世代ともされる20世紀を代表するアーティスト。即興的に描かれた線や絵具の飛沫に、文字や数字、記号がランダムに組み合わさった絵画やドローイング作品で知られている。晩年には『高松宮殿下記念世界文化賞』『ヴェネチア・ビエンナーレ』金獅子賞などを受賞し、2011年に逝去した。

同展では、紙に描かれた作品にフォーカスし、1953年から2002年までの約50年間に制作されたドローイングやモノタイプ作品約70点を展示。生前にトゥオンブリーが作品の選定に関わり、ロシア・サンクトペテルブルクのエルミタージュ美術館を皮切りに世界各地に巡回した展覧会を、原美術館の展示空間に合わせて再構築する。なお、作品の一部は5月29日から同美術館の別館である群馬・ハラ ミュージアム アークで展示される。

イベント情報

『サイ トゥオンブリー:紙の作品、50年の軌跡』

2015年5月23日(土)~8月30日(日)
会場:東京都 品川 原美術館
時間:11:00~17:00(祝日を除く水曜は20:00まで、入館は閉館の30分前まで)
休館日:月曜(7月20日は開館)、7月21日
料金:一般1,100円 大高生700円 小中生500円
※原美術館メンバーは無料、学期中の土曜は小中高生の入館無料

イベント情報

『サイ トゥオンブリー×東洋の線・面・空間(仮題)』

2015年5月29日(金)~9月2日(水)
会場:群馬県 ハラ ミュージアム アーク 觀海庵

『Petals of Fire(炎の花弁)』1989年 144×128cm  アクリル絵具、オイルスティック、鉛筆、色鉛筆、紙 ©Cy Twombly Foundation / Courtesy Cy Twombly Foundation
『Petals of Fire(炎の花弁)』1989年 144×128cm アクリル絵具、オイルスティック、鉛筆、色鉛筆、紙 ©Cy Twombly Foundation / Courtesy Cy Twombly Foundation
『Untitled(無題)』1961/63年 50×71cm  鉛筆、色鉛筆、ボールペン、紙 ©Cy Twombly Foundation / Courtesy Cy Twombly Foundation
『Untitled(無題)』1961/63年 50×71cm 鉛筆、色鉛筆、ボールペン、紙 ©Cy Twombly Foundation / Courtesy Cy Twombly Foundation
『Untitled(無題)』1970年  70.5×100cm  ワックスクレヨン、ペンキ、紙 ©Cy Twombly Foundation / Courtesy Cy Twombly Foundation
『Untitled(無題)』1970年 70.5×100cm ワックスクレヨン、ペンキ、紙 ©Cy Twombly Foundation / Courtesy Cy Twombly Foundation
『Proteus(プロテウス)』1984年 76×56.5cm  アクリル絵具、色鉛筆、鉛筆、紙 ©Cy Twombly Foundation / Courtesy Cy Twombly Foundation
『Proteus(プロテウス)』1984年 76×56.5cm アクリル絵具、色鉛筆、鉛筆、紙 ©Cy Twombly Foundation / Courtesy Cy Twombly Foundation
『Untitled(無題)』1953年 48×64cm  モノタイプ、紙 ©Cy Twombly Foundation / Courtesy Cy Twombly Foundation
『Untitled(無題)』1953年 48×64cm モノタイプ、紙 ©Cy Twombly Foundation / Courtesy Cy Twombly Foundation
画像を拡大する(6枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

『角舘健悟 × 青葉市子 Live at Waseda Scotthall』

2020年、全4回にわたって行われてきた対談連載企画『角舘健悟の未知との遭遇』。青葉市子と遭遇し、教会に迷い込んだ2人の秘密のセッションの様子が公開された。本連載の趣旨でもあり、2人を繋いだYogee New Wavesの”Summer of Love”と、青葉市子の”みなしごの雨”を披露。クリスマスの夜にどうぞ。(川浦)

  1. KID FRESINOが示す良好なバランス。多層的な創作者としての姿勢 1

    KID FRESINOが示す良好なバランス。多層的な創作者としての姿勢

  2. 木村拓哉がスーツ姿で仲野太賀、塚地武雅と共演 マクドナルド新CM 2

    木村拓哉がスーツ姿で仲野太賀、塚地武雅と共演 マクドナルド新CM

  3. Gotchが歌う「生の肯定」 現代社会のほころびを見つめ直して語る 3

    Gotchが歌う「生の肯定」 現代社会のほころびを見つめ直して語る

  4. 山田孝之主演のNetflix『全裸監督』シーズン2 新ヒロインに恒松祐里 4

    山田孝之主演のNetflix『全裸監督』シーズン2 新ヒロインに恒松祐里

  5. 綾野剛が白昼の商店街を疾走、映画『ヤクザと家族 The Family』本編映像 5

    綾野剛が白昼の商店街を疾走、映画『ヤクザと家族 The Family』本編映像

  6. キンプリ平野紫耀と杉咲花がウサギになりきってぴょんぴょんするHulu新CM 6

    キンプリ平野紫耀と杉咲花がウサギになりきってぴょんぴょんするHulu新CM

  7. 『鬼滅の刃』煉獄杏寿郎の日輪刀を再現 「うまい!」などセリフ音声収録 7

    『鬼滅の刃』煉獄杏寿郎の日輪刀を再現 「うまい!」などセリフ音声収録

  8. 吉高由里子、知念侑李、神宮寺勇太が「アレグラFX」新広告キャラクターに 8

    吉高由里子、知念侑李、神宮寺勇太が「アレグラFX」新広告キャラクターに

  9. 緊急事態宣言下における「ライブイベント公演の開催」に関する共同声明発表 9

    緊急事態宣言下における「ライブイベント公演の開催」に関する共同声明発表

  10. ermhoiの「声」を輝かせている生い立ち、思想、知識、機材を取材 10

    ermhoiの「声」を輝かせている生い立ち、思想、知識、機材を取材