ニュース

京都の国際展『PARASOPHIAシネマプログラム』が開催中、ヤン・ヨンヒ監督のトークも

国際展『PARASOPHIA: 京都国際現代芸術祭2015』のシネマプログラムが、4月19日まで開催されている。

5月10日まで京都・京都市美術館全館、京都府京都文化博物館 別館ほか市内の8箇所の会場で開催されている『PARASOPHIA: 京都国際現代芸術祭2015』。シネマプログラムでは、「日本映画における東アジア」に焦点を当て、同展の参加作家にも名を連ねている映像研究家アレクサンダー・ザルテンが選んだ1960年代以降の日本映画を中心に上映する。また、4月19日には映画『かぞくのくに』などで知られるヤン・ヨンヒ監督と、ザルテンによるトークイベントも開催される。

今後の上映作品は、ヤン・ヨンヒ監督の『ディア・ピョンヤン』をはじめ、三池崇史監督『中国の鳥人』、真利子哲也監督『極東のマンション』、齋藤武市監督『波涛を越える渡り鳥』、松江哲明監督『あんにょん由美香』、富田克也監督『サウダーヂ』、NDUによる『アジアはひとつ』などを予定している。各作品の詳細は『PARASOPHIA: 京都国際現代芸術祭2015』のオフィシャルサイトで確認しよう。

イベント情報

『PARASOPHIA: 京都国際現代芸術祭2015』

2015年3月7日(土)~5月10日(日)
会場:京都府 京都市美術館、京都府京都文化博物館 別館、京都芸術センター、堀川団地、鴨川デルタ、河原町塩小路周辺、大垣書店烏丸三条店、京都BAL
※京都BALは4月20日まで
料金:一般1,800円 大学生1,200円 70歳以上1,200円
※高校生以下および18歳未満は無料

『シネマプログラム アレクサンダー・ザルテン「アジアを照らさないミラーボール。日本映画のアジア」』
2015年4月5日(日)~4月19日(日)
会場:京都府 京都府京都文化博物館フィルムシアター
料金:無料
※『PARASOPHIA: 京都国際現代芸術祭2015』チケット半券提示で入場可能

『シネマプログラム トーク3:ヤン ヨンヒ×アレクサンダー・ザルテン』
2015年4月19日(日)19:00~20:00
会場:京都府 京都府京都文化博物館フィルムシアター
定員:174名
出演:
ヤン・ヨンヒ
アレクサンダー・ザルテン

『ディア・ピョンヤン』2005、107分、35mm、カラー(監督・脚本・撮影・ナレーション:ヤン ヨンヒ)©Yonghi Yang
『ディア・ピョンヤン』2005、107分、35mm、カラー(監督・脚本・撮影・ナレーション:ヤン ヨンヒ)©Yonghi Yang
『極東のマンション』 2003、32分、8mm、カラー(構成・撮影・編集:真利子哲也)
『極東のマンション』 2003、32分、8mm、カラー(構成・撮影・編集:真利子哲也)
『波涛を越える渡り鳥』 1961(日活)、79分、35mm、カラー(監督:齋藤武市)
『波涛を越える渡り鳥』 1961(日活)、79分、35mm、カラー(監督:齋藤武市)
画像を拡大する(3枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

『大人のためのグリム童話 手をなくした少女』予告編

映画『大人のためのグリム童話 手をなくした少女』予告編。高畑勲の実験精神に敬意を表する監督が「暗号描画」なる手法を使い、全ての作画をたったひとりで手がけたという。透けてしまいそうなキスシーンや、迫り来る波の一瞬一瞬に確かに手をひかれているようで、全貌が気になって仕方ない。オフィシャルサイトには片渕須直、今日マチ子らのコメントも。(井戸沼)

  1. 岩田剛典と元カノ・大政絢が再会 『パーフェクトワールド』新場面写真 1

    岩田剛典と元カノ・大政絢が再会 『パーフェクトワールド』新場面写真

  2. 『ギャングース』公開日決定&新場面写真にMIYAVI、篠田麻里子、山本舞香ら 2

    『ギャングース』公開日決定&新場面写真にMIYAVI、篠田麻里子、山本舞香ら

  3. 木村拓哉&長澤まさみのホテルマン姿 『マスカレード・ホテル』特報公開 3

    木村拓哉&長澤まさみのホテルマン姿 『マスカレード・ホテル』特報公開

  4. ガンダムシリーズ最新作『機動戦士ガンダムNT』特報、声優陣に榎木淳弥ら 4

    ガンダムシリーズ最新作『機動戦士ガンダムNT』特報、声優陣に榎木淳弥ら

  5. のんが武満徹『系図』の語り手を担当 谷川俊太郎の詩を朗読 5

    のんが武満徹『系図』の語り手を担当 谷川俊太郎の詩を朗読

  6. 森川葵×城田優のドラマ『文学処女』に中尾暢樹、泉里香、上遠野太洸ら 6

    森川葵×城田優のドラマ『文学処女』に中尾暢樹、泉里香、上遠野太洸ら

  7. 次号『CUT』は『銀魂』特集 実写からアニメ、原作漫画まで網羅の36ページ 7

    次号『CUT』は『銀魂』特集 実写からアニメ、原作漫画まで網羅の36ページ

  8. 満島真之介が『映画 おかあさんといっしょ』に出演 「人生の一番の夢」 8

    満島真之介が『映画 おかあさんといっしょ』に出演 「人生の一番の夢」

  9. アナログフィッシュ×呂布カルマ 小さな声でも人に刺さる言葉 9

    アナログフィッシュ×呂布カルマ 小さな声でも人に刺さる言葉

  10. 金閣寺で踊ったs**t kingzが感じた、ダンサーの社会的地位の変化 10

    金閣寺で踊ったs**t kingzが感じた、ダンサーの社会的地位の変化