ニュース

『シュヴァンクマイエル映画祭』アンコール、23作品を一挙上映

『シュヴァンクマイエル映画祭2015』のアンコール上映が、5月23日から東京・渋谷のシアター・イメージフォーラムで開催される。

今年の2月から3月にかけて同館で開催された『シュヴァンクマイエル映画祭2015』は、ヤン・シュヴァンクマイエルの映像作品を紹介する特集上映。アンコール上映では、本祭と同様に長編や短編など23作品が、6プログラムに分けて連日レイトショーで上映される。

長編作品は、ルイス・キャロルの『不思議の国のアリス』が原作の長編デビュー作『アリス』、チェコの民話を現代の寓話としてグロテスクに描いた『オテサーネク』、中年男が夢と現実の二重生活を送る様を、画像のコラージュと実写の組み合わせで表現した『サヴァイヴィング ライフ -夢は第二の人生-』の3本。

短編作品は、放蕩息子ドン・ファンの復讐を、仮面を被った役者が人形劇のように演じた『ドン・ファン』、『鏡の国のアリス』に登場するジャバウォッキーの詩が劇中で朗読される『ジャバウォッキー』、3部構成のクレイアニメ『対話の可能性』などを上映。さらに、シュヴァンクマイエルが人形演出と美術を担当したラテルナ・マギカの舞台『魔法のサーカス』の一部も特別上映される。

なお、『シュヴァンクマイエル映画祭2015』は4月24日まで京都みなみ会館で開催されており、4月25日から兵庫・神戸アートビレッジセンター、5月9日から愛知・名古屋シネマテーク、6月27日から北海道・札幌のシアターキノでも行われる。上映スケジュールなどの詳細はオフィシャルサイトをチェックしよう。

イベント情報

『シュヴァンクマイエル映画祭2015』アンコールレイトショー

2015年5月23日(土)~6月26日(金)
会場:東京都 渋谷 シアター・イメージフォーラム
上映作品:
[Aプログラム]
『アリス』
[Bプログラム]
『オテサーネク』
[Cプログラム]
『サヴァイヴィング ライフ ―夢は第二の人生―』
[Dプログラム]
『魔法のサーカス』
『棺の家』
『エトセトラ』
『ドン・ファン』
『コストニツェ』
『レオナルドの日記』
『アッシャー家の崩壊』
[Eプログラム]
『シュヴァルツェヴァルト氏とエドガル氏の最後のトリック』
『J.S.バッハ ―G線上の幻想』
『庭園』
『家での静かな一週間』
『オトラントの城』
『ジャバウォッキー』
[Fプログラム]
『自然の歴史(組曲)』
『部屋』
『対話の可能性』
『地下室の怪』
『陥し穴と振り子』
『男のゲーム』
『闇・光・闇』
配給:チェスキー・ケー、ザジフィルムズ、ディーライツ、レン コーポレーション

『オテサーネク』 ©Athanor
『オテサーネク』 ©Athanor
『アリス』 ©CONDOR FEATURES.Zurich/Switzerland.1988
『アリス』 ©CONDOR FEATURES.Zurich/Switzerland.1988
『ドン・ファン』 ©Kratky Film Praha a.s.
『ドン・ファン』 ©Kratky Film Praha a.s.
『ジャバウォッキー』 ©Athanor
『ジャバウォッキー』 ©Athanor
『サヴァイヴィング ライフ ―夢は第二の人生―』 ©Athanor
『サヴァイヴィング ライフ ―夢は第二の人生―』 ©Athanor
画像を拡大する(11枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

PUNPEE“タイムマシーンにのって”

あのPUNPEEがまたやった!!! 昨年発売のアルバム『MODERN TIMES』から初のMVとなる“タイムマシーンにのって”が公開。1度見ただけでも存分に楽しめる作品だけれど、この情報量の多さ。『バック・トゥ・ザ・フューチャー』を思わせる時計台のロゴがSEIKOならぬSAYHOになっていたり、車体に『AKIRA』の成田山ステッカーが貼られていたり……ピザなど頼んで細部まで何時間も見ていたい。(井戸沼)

  1. 小出祐介が問題提起、日本語ポップスにおける「歌詞の曖昧さ」 1

    小出祐介が問題提起、日本語ポップスにおける「歌詞の曖昧さ」

  2. 『紅白歌合戦』会見にあいみょん、DAOKO、YOSHIKI、キンプリ、刀剣男子ら 2

    『紅白歌合戦』会見にあいみょん、DAOKO、YOSHIKI、キンプリ、刀剣男子ら

  3. BiSHが6人全員で振り返る、この夏出演した17本もの音楽フェス 3

    BiSHが6人全員で振り返る、この夏出演した17本もの音楽フェス

  4. Hi-STANDARD元スタッフによる『SOUNDS LIKE SHIT』レビュー 4

    Hi-STANDARD元スタッフによる『SOUNDS LIKE SHIT』レビュー

  5. FINAL SPANK HAPPYが示す「新男女関係」 結成半年を振り返る 5

    FINAL SPANK HAPPYが示す「新男女関係」 結成半年を振り返る

  6. 星野源『POP VIRUS』特典映像は全11曲スタジオライブ&ニセ明の創作密着 6

    星野源『POP VIRUS』特典映像は全11曲スタジオライブ&ニセ明の創作密着

  7. 遠藤ミチロウが膵臓がんを公表、現在は自宅療養中 7

    遠藤ミチロウが膵臓がんを公表、現在は自宅療養中

  8. RADWIMPS新ALにTaka、あいみょんら 小松菜奈&神尾楓珠出演の新曲PV公開 8

    RADWIMPS新ALにTaka、あいみょんら 小松菜奈&神尾楓珠出演の新曲PV公開

  9. 『情熱大陸』で諫山創に密着 『進撃の巨人』ラストネームに挑む様子を映す 9

    『情熱大陸』で諫山創に密着 『進撃の巨人』ラストネームに挑む様子を映す

  10. 土屋太鳳×北村匠海の「TAOTAK」が『春待つ僕ら』主題歌担当、PV公開 10

    土屋太鳳×北村匠海の「TAOTAK」が『春待つ僕ら』主題歌担当、PV公開