ニュース

鈴木康広の個展『近所の地球|宇宙の黒板』、身近な感覚や自然現象モチーフの作品展示

鈴木康広の個展『近所の地球|宇宙の黒板』が、4月25日から福岡・天神の三菱地所アルティアムで開催される。

身近な感覚、自然現象から見出した発見などをモチーフに作品を制作している鈴木康広。2001年にNHKの番組『デジタル・スタジアム』で映像インスタレーション『遊具の透視法』が最優秀賞を受賞したことで注目を集め、『瀬戸内国際芸術祭2010』で発表した作品『ファスナーの船』は高校の美術の教科書に掲載された。昨年には、茨城・水戸芸術館や石川・金沢21世紀美術館で個展を開催している。

『近所の地球 宇宙の黒板』展では、2005年以降に制作された作品を中心に展示。同展のタイトルに含まれている「近所の地球」は、人間にとって身近でありながら、身体感覚を超えた大きなものという鈴木にとって芯となる考え方を表しているという。また、鈴木の作品が三菱地所アルティアムのあるイムズ館内の吹き抜けにも登場する。さらに、4月23日には作品集『近所の地球』の刊行が予定。なお、初日にはオープニングレセプションが開催される。

イベント情報

鈴木康広展
『近所の地球|宇宙の黒板』

2015年4月25日(土)~5月17日(日)
会場:福岡県 天神 三菱地所アルティアム(イムズ8F)
時間:10:00~20:00
料金:一般400円 学生300円
※高校生以下、障がい者等とその介護者1名、アルティアムカード・イムズカード(三菱地所CARD)会員は無料

オープニングレセプション
2015年4月25日(土)18:30~20:00
会場:福岡県 天神 三菱地所アルティアム(イムズ8F)
料金:無料

『気球の人』 ©Yasuhiro Suzuki
『気球の人』 ©Yasuhiro Suzuki
『地平線を描く鉛筆』 ©Yasuhiro Suzuki 撮影:青木遥香
『地平線を描く鉛筆』 ©Yasuhiro Suzuki 撮影:青木遥香
『日本列島の方位磁針』 ©Yasuhiro Suzuki
『日本列島の方位磁針』 ©Yasuhiro Suzuki
『ファスナーの船』 ©Yasuhiro Suzuki
『ファスナーの船』 ©Yasuhiro Suzuki
画像を拡大する(4枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

yahyel“TAO”

音楽と映像、そしてその相互作用によって完成するyahyelの芸術表現が完全に別次元に突入したことを証明するミュージックビデオ。クライムムービーとそのサントラのような緊迫感に終始ゾクゾクする。一体いつ寝てるんですかと聞きたくなるが、監督はもちろん山田健人。「崇高」という言葉を使いたくなるほどの表現としての気高さに痺れる。(山元)

  1. 漫画家・鳥飼茜が浅野いにおとの結婚を報告、日記公開 1

    漫画家・鳥飼茜が浅野いにおとの結婚を報告、日記公開

  2. 『このマンガがすごい!』OP曲はアンジュルム、蒼井優がOP映像で振付披露 2

    『このマンガがすごい!』OP曲はアンジュルム、蒼井優がOP映像で振付披露

  3. 後藤正文主宰only in dreamsのイベント『Gifted』11月開催、第1弾で10組 3

    後藤正文主宰only in dreamsのイベント『Gifted』11月開催、第1弾で10組

  4. 高畑充希主演ドラマ『忘却のサチコ』に温水洋一がゲスト出演&ED曲はedda 4

    高畑充希主演ドラマ『忘却のサチコ』に温水洋一がゲスト出演&ED曲はedda

  5. 勝地涼×澤部佑 深夜の大人向けNHK教育番組『ジミーとふしぎな雑誌たち』 5

    勝地涼×澤部佑 深夜の大人向けNHK教育番組『ジミーとふしぎな雑誌たち』

  6. Corneliusが世界で認められるまで。海外進出のカギは何だった? 6

    Corneliusが世界で認められるまで。海外進出のカギは何だった?

  7. 『新潮45』が休刊、「十分な編集体制を整備しないまま刊行」 7

    『新潮45』が休刊、「十分な編集体制を整備しないまま刊行」

  8. 『フェルメール展』に日本初公開含む9点が来日 『牛乳を注ぐ女』も 8

    『フェルメール展』に日本初公開含む9点が来日 『牛乳を注ぐ女』も

  9. 堀未央奈×清水尋也×板垣瑞生×間宮祥太朗 山戸結希監督『ホットギミック』 9

    堀未央奈×清水尋也×板垣瑞生×間宮祥太朗 山戸結希監督『ホットギミック』

  10. 「女の子は皆めんどくさい」コレサワが伝える、女子の本性と本音 10

    「女の子は皆めんどくさい」コレサワが伝える、女子の本性と本音