ポール・トーマス・アンダーソンの特集が『ユリイカ』に掲載、インタビューも敢行

ポール・トーマス・アンダーソンの特集記事が、本日4月27日に刊行される『ユリイカ 2015年5月号』に掲載されている。

トマス・ピンチョン原作による監督作品『インヒアレント・ヴァイス』が現在公開中のポール・トーマス・アンダーソン。「『ブギーナイツ』『マグノリア』から『ゼア・ウィル・ビー・ブラッド』、そして『インヒアレント・ヴァイス』へ」と題された同特集では、アンダーソン監督や同作の出演者であるホアキン・フェニックス、ジョシュ・ブローリンへのインタビューや、ピンチョンの研究者で著作の日本語訳も手掛ける佐藤良明と柳下毅一郎による対談が掲載される。

さらに、横田創、佐々木敦、渡邉大輔が『インヒアレント・ヴァイス』に寄せた文章や、アンダーソン監督の過去作を振り返る「PTAの世界」、同監督のフィルモグラフィーなども掲載。寄稿者にはサキノジュンヤ、三浦哲哉、真魚八重子、斎藤環らが名を連ねている。

書籍情報

『ユリイカ 2015年5月号』

2015年4月27日(月)発売
価格:1,404円(税込)
発行:青土社

amazonで購入する

 

  • HOME
  • Book
  • ポール・トーマス・アンダーソンの特集が『ユリイカ』に掲載、インタビューも敢行

Special Feature

coe──未来世代のちいさな声から兆しをつくる

ダイバーシティーやインクルージョンという言葉が浸透し、SDGsなど社会課題の解決を目指す取り組みが進む。しかし、個人のちいさな声はどうしても取りこぼされてしまいがちだ。いまこの瞬間も、たくさんの子どもや若者たちが真剣な悩みやコンプレックス、生きづらさを抱えながら、毎日を生きている。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて