ニュース

『母と暮せば』追加キャストに浅野忠信ら、吉永小百合&二宮和也が肩寄せあう特報も

12月12日から全国で公開される山田洋次監督の新作映画『母と暮せば』の追加キャストが発表された。

同作は、井上ひさしが原爆投下後の広島を舞台にした戯曲『父と暮せば』と対になる長崎が舞台の作品を作りたいと願っていたことを知った山田監督が、井上の想いに捧げる形で制作する作品。1948年8月9日の長崎で、助産婦・伸子の前に3年前に原爆で亡くなったはずの息子・浩二が現れたことをきっかけに、過去の思い出話や浩二が遺した恋人・町子の話をして過ごす2人の日々を描く。これまでに、主人公の伸子役を吉永小百合、浩二役を二宮和也、町子役を黒木華が演じることが発表されていた。

今回出演が明らかになったのは、一人暮らしの伸子を心配して世話を焼く「上海のおじさん」役の加藤健一、町子に惹かれる青年・黒田役の浅野忠信。同作は4月26日にクランクインし、現在撮影中だという。

また、オフィシャルサイトでは5月2日から全国の劇場で上映開始される特報が公開。特報では、浩二役の二宮による「1945年8月9日、午前11時2分、ぼくは死んだ―。母さん。母さんは諦めが悪いから、なかなか出て来られなかったんだよ」というナレーションを聞くことができる。このセリフは特報のために収録されたものだという。あわせて劇場で掲出される第1弾ポスターも公開。山田監督の演出により、二宮と吉永が肩を寄せ合って歩く姿が映し出されている。ポスターのプロデュースは高崎卓馬、ロゴを100%ORANGEが手掛けている。

吉永小百合のコメント

ニノと腕を組んで撮影して、サユユは幸せです。優しい夢のようなポスターが出来ました。ポスターに負けないような作品の完成をめざして、これから頑張ります!(サユユ…去年12月、二宮さんが嵐のコンサートの舞台で、私のことを「今度サユユと共演します」と言っていらしたので)

高崎卓馬のコメント

死んだはずの息子とその母の物語。この台本を読んで、泣いてしまいました。山田監督と何度もお話をして、この映画の後の世界を一枚の絵にするようにしました。母と息子のなかにある永遠の物語を表現しました。 現場に突然現れた山田監督の演技指導がはじまって、どんどん吉永さんと二宮さんが本物の親子にしか見えなくなって本当に驚きました。

作品情報

『母と暮せば』

2015年12月12日(土)から全国で公開
監督:山田洋次
脚本:山田洋次、平松恵美子
出演:
吉永小百合
二宮和也
黒木華
浅野忠信
加藤健一
配給:松竹株式会社

左から加藤健一、浅野忠信
左から加藤健一、浅野忠信
浅野忠信
浅野忠信
加藤健一
加藤健一
画像を拡大する(3枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

『悲しみに、こんにちは』予告編

映画『悲しみに、こんにちは』予告編。両親の死によって、都会から田舎の伯父伯母のもとに引き取られることになった少女・フリダ。スペイン・カタルーニャで過ごす彼女の、きらめくようなひと夏の様子が、新鋭監督による瑞々しい感性によって描かれています。映画批評サイト「ロッテン・トマト」100%Fresh獲得も納得の一作です。(久野)

  1. 『デザインあ展』が科学未来館で開催。体験型作品も多数の会場内をレポート 1

    『デザインあ展』が科学未来館で開催。体験型作品も多数の会場内をレポート

  2. 吉岡里帆主演『健康で文化的な最低限度の生活』 生活保護描く新ドラマ 2

    吉岡里帆主演『健康で文化的な最低限度の生活』 生活保護描く新ドラマ

  3. ドラマ『恋のツキ』に安藤政信&欅坂46・今泉佑唯が出演 恋物語をかき乱す 3

    ドラマ『恋のツキ』に安藤政信&欅坂46・今泉佑唯が出演 恋物語をかき乱す

  4. ケンドリック・ラマーの黒塗り広告が突如、霞ヶ関駅&国会議事堂前駅に出現 4

    ケンドリック・ラマーの黒塗り広告が突如、霞ヶ関駅&国会議事堂前駅に出現

  5. 夏帆「ドッキドキ」 TOWA TEI「SRATM」新曲“ダキタイム”PVに出演 5

    夏帆「ドッキドキ」 TOWA TEI「SRATM」新曲“ダキタイム”PVに出演

  6. SNSでイラストの支持を集めた雪下まゆが語る、作風への葛藤 6

    SNSでイラストの支持を集めた雪下まゆが語る、作風への葛藤

  7. アニメキャラ100の名言が新宿地下を占拠 『Netflix “アニ名言”ジャック』 7

    アニメキャラ100の名言が新宿地下を占拠 『Netflix “アニ名言”ジャック』

  8. 『華氏451度』『一九八四年』などSF作がTシャツに 早川書房×トーハン企画 8

    『華氏451度』『一九八四年』などSF作がTシャツに 早川書房×トーハン企画

  9. 細田守が語る、映画『未来のミライ』で描きたかった現代の家族像 9

    細田守が語る、映画『未来のミライ』で描きたかった現代の家族像