カート・コバーンの生涯に迫る記録映画『COBAIN』、製作総指揮は娘のフランシス

カート・コバーン(Nirvana)のドキュメンタリー映画『COBAIN モンタージュ・オブ・ヘック』が、6月27日から1週間限定で公開される。

カート・コバーンの遺族が全面協力した初のドキュメンタリー映画となる同作。200時間超におよぶ未発表曲や未公開映像、日記、アート作品、写真といったコバーンの私的なアーカイブをもとに、幼少期から1994年に逝去するまでの生涯に迫る。

同作には、Nirvanaのメンバーであったクリス・ノヴォセリックや、コバーンの妻コートニー・ラヴら近親者のインタビューも収録。監督は、『アカデミー賞』長編ドキュメンタリー賞にノミネートされたナネット・バースタインとの共同監督作『On the Ropes(原題)』で知られ、『COBAIN モンタージュ・オブ・ヘック』の構想に8年間を費やしたというブレット・モーゲンが務めている。また、製作総指揮をコバーンの娘フランシス・ビーン・コバーンが担当している。


※場面写真を追加しました。(2015年5月28日)

作品情報

『COBAIN モンタージュ・オブ・ヘック』

2015年6月27日(土)から全国で公開
監督・脚本:ブレット・モーゲン
音楽:カート・コバーン、Nirvana
配給:ライブ・ビューイング・ジャパン

  • HOME
  • Movie,Drama
  • カート・コバーンの生涯に迫る記録映画『COBAIN』、製作総指揮は娘のフランシス

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて