ニュース

次長課長・河本が舞台初主演、福島三郎演出の『うたかふぇ』再演

舞台『うたかふぇ』が、7月3日から東京・池袋のサンシャイン劇場で上演される。

『うたかふぇ』は、東京サンシャインボーイズに所属していた福島三郎が主宰を務める劇団「丸福ボンバーズ」が2012年に上演した作品。「うたかふぇ」と呼ばれて人々に親しまれていたカフェ「マリア」が大型ショッピングモールの建設によって存亡の危機に立たされたことから巻き起こる騒動を、ストレートプレイとミュージカルを融合させた演出で描く。

再演となる今回の主演を務めるのは、演劇公演初出演となる河本準一(次長課長)。さらに、牧野由依、陽月華、大山真志、菊地美香、なだぎ武がキャストに名を連ねている。音楽を担当するのは森若香織(GO-BANG'S)。音楽監督を曾我泰久が務める。

福島三郎のコメント

丸福ボンバーズは、先の震災を受け、どんな場所でも、どんな人でも楽しめる演劇を目指して立ち上げた劇団です。
「うたかふぇ」は今から三年前、丸福ボンバーズの第二回公演として上演されました。劇団のホームグランドである千歳船橋のAPOCシアターは満員になっても60人ほどの劇場。
また、この公演から新たにホームグランドになった仙台10BOXも100人足らずの空間です。そんな小さな場所から生まれたこの作品が、河本準一さんはじめ、バラエティー豊かで強力なキャスト陣を迎えて上演させていただけることはとても感慨深いものがあります。少しでも多くの人に、笑いと感動が届きますように。河本さんが本番で「タンメン」とか言い出しませんように(笑)。どうぞよろしくお願いいたします。

河本準一のコメント

今年で40歳を迎えて初めてどっぷり芝居に浸かります。この年でこの経験が出来ることに感謝しつつ思い切り楽しめるだけ楽しんで行こうと考えてます。
劇団うたかふぇの旗揚げですっ。是非楽しんで帰っていただけたらなと思ってます!どうぞよろしくお願いします。

イベント情報

『うたかふぇ』

2015年7月3日(金)~7月12日(日)
会場:東京都 池袋 サンシャイン劇場
作・演出:福島三郎
音楽:森若香織
音楽監督:曾我泰久
演奏:sources
出演:
河本準一
牧野由依
陽月華
大山真志
菊地美香
なだぎ武
ほか

上段左から時計回りに河本準一、牧野由依、陽月華、なだぎ武、菊地美香、大山真志
上段左から時計回りに河本準一、牧野由依、陽月華、なだぎ武、菊地美香、大山真志
画像を拡大する(1枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

『悲しみに、こんにちは』予告編

映画『悲しみに、こんにちは』予告編。両親の死によって、都会から田舎の伯父伯母のもとに引き取られることになった少女・フリダ。スペイン・カタルーニャで過ごす彼女の、きらめくようなひと夏の様子が、新鋭監督による瑞々しい感性によって描かれています。映画批評サイト「ロッテン・トマト」100%Fresh獲得も納得の一作です。(久野)

  1. 『デザインあ展』が科学未来館で開催。体験型作品も多数の会場内をレポート 1

    『デザインあ展』が科学未来館で開催。体験型作品も多数の会場内をレポート

  2. 吉岡里帆主演『健康で文化的な最低限度の生活』 生活保護描く新ドラマ 2

    吉岡里帆主演『健康で文化的な最低限度の生活』 生活保護描く新ドラマ

  3. ドラマ『恋のツキ』に安藤政信&欅坂46・今泉佑唯が出演 恋物語をかき乱す 3

    ドラマ『恋のツキ』に安藤政信&欅坂46・今泉佑唯が出演 恋物語をかき乱す

  4. ケンドリック・ラマーの黒塗り広告が突如、霞ヶ関駅&国会議事堂前駅に出現 4

    ケンドリック・ラマーの黒塗り広告が突如、霞ヶ関駅&国会議事堂前駅に出現

  5. 夏帆「ドッキドキ」 TOWA TEI「SRATM」新曲“ダキタイム”PVに出演 5

    夏帆「ドッキドキ」 TOWA TEI「SRATM」新曲“ダキタイム”PVに出演

  6. SNSでイラストの支持を集めた雪下まゆが語る、作風への葛藤 6

    SNSでイラストの支持を集めた雪下まゆが語る、作風への葛藤

  7. アニメキャラ100の名言が新宿地下を占拠 『Netflix “アニ名言”ジャック』 7

    アニメキャラ100の名言が新宿地下を占拠 『Netflix “アニ名言”ジャック』

  8. 『華氏451度』『一九八四年』などSF作がTシャツに 早川書房×トーハン企画 8

    『華氏451度』『一九八四年』などSF作がTシャツに 早川書房×トーハン企画

  9. 細田守が語る、映画『未来のミライ』で描きたかった現代の家族像 9

    細田守が語る、映画『未来のミライ』で描きたかった現代の家族像