ニュース

29歳のまま100年以上生きた孤独な女性の恋愛映画『アデライン、100年目の恋』

映画『アデライン、100年目の恋』が、10月17日から東京・新宿ピカデリーほか全国で公開される。

現代のアメリカ・サンフランシスコを舞台にした同作は、ある出来事をきっかけに老化が止まり、若く美しい29歳のままで100年間以上にわたって生きた孤独な女性・アデラインを主人公にしたラブストーリー。アデラインが年越しパーティーで出会った青年エリス・ジョーンズと惹かれ合い、真実の愛を見つけるまでを描く。

主人公のアデラインを演じるのは、『ゴシップガール』で主人公セリーナ役を演じたブレイク・ライブリー。エリス役を『ゲーム・オブ・スローンズ』で知られるミキール・ハースマンが演じるほか、アデラインがかつて自分が愛した女性だと気がつくエリスの父・ウィリアム役でハリソン・フォードが出演している。さらに、『エクソシスト』『レクイエム・フォー・ドリーム』『インターステラー』のエレン・バースティンがアデラインの人生を支える重要人物を演じる。

同作のメガホンをとったのは、『セレステ∞ジェシー』で監督を務めたリー・トランド・クリーガー。なお同作では、ライブリーが1900年代から現代までの様々なハイブランドドレスを着用しており、グッチをはじめとするヴィンテージの衣装も見どころのひとつになるという。

作品情報

『アデライン、100年目の恋』

2015年10月17日(土)から新宿ピカデリーほか全国公開
監督:リー・トランド・クリーガー
出演:
ブレイク・ライブリー
ミキール・ハースマン
ハリソン・フォード
エレン・バースティン
ほか
配給:松竹

『アデライン、100年目の恋』 ©2015 LAKESHORE ENTERTAINMENT GROUP LLC,  KIMMEL DISTRIBUTION, LLC AND LIONS GATE FILMS INC. All Rights Reserved
『アデライン、100年目の恋』 ©2015 LAKESHORE ENTERTAINMENT GROUP LLC, KIMMEL DISTRIBUTION, LLC AND LIONS GATE FILMS INC. All Rights Reserved
画像を拡大する(1枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

yahyel“TAO”

音楽と映像、そしてその相互作用によって完成するyahyelの芸術表現が完全に別次元に突入したことを証明するミュージックビデオ。クライムムービーとそのサントラのような緊迫感に終始ゾクゾクする。一体いつ寝てるんですかと聞きたくなるが、監督はもちろん山田健人。「崇高」という言葉を使いたくなるほどの表現としての気高さに痺れる。(山元)

  1. 漫画家・鳥飼茜が浅野いにおとの結婚を報告、日記公開 1

    漫画家・鳥飼茜が浅野いにおとの結婚を報告、日記公開

  2. 『このマンガがすごい!』OP曲はアンジュルム、蒼井優がOP映像で振付披露 2

    『このマンガがすごい!』OP曲はアンジュルム、蒼井優がOP映像で振付披露

  3. 後藤正文主宰only in dreamsのイベント『Gifted』11月開催、第1弾で10組 3

    後藤正文主宰only in dreamsのイベント『Gifted』11月開催、第1弾で10組

  4. 高畑充希主演ドラマ『忘却のサチコ』に温水洋一がゲスト出演&ED曲はedda 4

    高畑充希主演ドラマ『忘却のサチコ』に温水洋一がゲスト出演&ED曲はedda

  5. 勝地涼×澤部佑 深夜の大人向けNHK教育番組『ジミーとふしぎな雑誌たち』 5

    勝地涼×澤部佑 深夜の大人向けNHK教育番組『ジミーとふしぎな雑誌たち』

  6. Corneliusが世界で認められるまで。海外進出のカギは何だった? 6

    Corneliusが世界で認められるまで。海外進出のカギは何だった?

  7. 『新潮45』が休刊、「十分な編集体制を整備しないまま刊行」 7

    『新潮45』が休刊、「十分な編集体制を整備しないまま刊行」

  8. 『フェルメール展』に日本初公開含む9点が来日 『牛乳を注ぐ女』も 8

    『フェルメール展』に日本初公開含む9点が来日 『牛乳を注ぐ女』も

  9. 堀未央奈×清水尋也×板垣瑞生×間宮祥太朗 山戸結希監督『ホットギミック』 9

    堀未央奈×清水尋也×板垣瑞生×間宮祥太朗 山戸結希監督『ホットギミック』

  10. 「女の子は皆めんどくさい」コレサワが伝える、女子の本性と本音 10

    「女の子は皆めんどくさい」コレサワが伝える、女子の本性と本音