ニュース

C・ブランシェット×R・マーラ、50年代NYを舞台に女性同士の恋描く映画『CAROL』

映画『CAROL(原題)』が2016年初春に全国で公開される。

同作は、1952年に『ザ・プライス・オブ・ソルト』のタイトルで出版され、後に『キャロル』に改題されたパトリシア・ハイスミスの小説が原作。1952年のニューヨークを舞台に、離婚訴訟中の人妻・キャロルと、クリスマスシーズンのデパートの玩具売場で働くテレーズとの女性同士の恋や、2人の逃避行の旅を描く。

娘の親権を巡って夫と泥沼の争いをしているキャロルを演じるのは、『ブルージャスミン』で『第86回アカデミー賞』主演女優賞に輝いたケイト・ブランシェット。キャロルを相手に初めて「本物の恋」に落ちるジャーナリスト志望のテレーズを『ドラゴン・タトゥーの女』のルーニー・マーラが演じる。監督は『アイム・ノット・ゼア』『エデンより彼方に』などのトッド・ヘインズが務める。

なお、同作は5月24日まで開催中の『カンヌ国際映画祭』コンペティション部門に正式出品されており、現地時間の5月17日にはブランシェット、マーラ、へインズ監督らがレッドカーペットに登場した。映画祭の公式上映ではスタンディングオベーションが6分間以上続き、ブランシェットは涙ぐむ様子も見せていたという。

作品情報

『CAROL(原題)』

2016年初春に全国公開
監督:トッド・ヘインズ
原作:パトリシア・ハイスミス
出演:
ケイト・ブランシェット
ルーニー・マーラ
配給:ファントム・フィルム

『CAROL(原題)』より
『CAROL(原題)』より
『CAROL(原題)』より
『CAROL(原題)』より
『カンヌ国際映画祭』レッドカーペットの様子 ©Kazuko Wakayama
『カンヌ国際映画祭』レッドカーペットの様子 ©Kazuko Wakayama
画像を拡大する(3枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

yahyel“TAO”

音楽と映像、そしてその相互作用によって完成するyahyelの芸術表現が完全に別次元に突入したことを証明するミュージックビデオ。クライムムービーとそのサントラのような緊迫感に終始ゾクゾクする。一体いつ寝てるんですかと聞きたくなるが、監督はもちろん山田健人。「崇高」という言葉を使いたくなるほどの表現としての気高さに痺れる。(山元)

  1. 香取慎吾が「慎吾母」に ファミマ「お母さん食堂」メインビジュアル公開 1

    香取慎吾が「慎吾母」に ファミマ「お母さん食堂」メインビジュアル公開

  2. 森山未來が蒼月潮、山本美月がウテナに、テレ東『このマンガがすごい!』 2

    森山未來が蒼月潮、山本美月がウテナに、テレ東『このマンガがすごい!』

  3. 安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像 3

    安室奈美恵の引退日に1回限りのCM放送 安室の「笑顔」集めた60秒映像

  4. 乃木坂46が『anan』ジャック 表紙は白石麻衣、西野七瀬、齋藤飛鳥ら7人 4

    乃木坂46が『anan』ジャック 表紙は白石麻衣、西野七瀬、齋藤飛鳥ら7人

  5. 「女の子は皆めんどくさい」コレサワが伝える、女子の本性と本音 5

    「女の子は皆めんどくさい」コレサワが伝える、女子の本性と本音

  6. 渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送 6

    渡辺あや脚本『ワンダーウォール』、静かに話題呼ぶ京都発ドラマ地上波再放送

  7. 崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々 7

    崎山蒼志が戸惑い混じりに語る、『日村がゆく』以降の喧騒の日々

  8. 高畑充希×山崎賢人がオタク役、福田雄一監督の実写『ヲタクに恋は難しい』 8

    高畑充希×山崎賢人がオタク役、福田雄一監督の実写『ヲタクに恋は難しい』

  9. Corneliusが世界で認められるまで。海外進出のカギは何だった? 9

    Corneliusが世界で認められるまで。海外進出のカギは何だった?

  10. 『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年 10

    『ULTRA JAPAN 2018』開催。日本におけるEDM人気の立役者が5周年