ニュース

C・ブランシェット×R・マーラ、50年代NYを舞台に女性同士の恋描く映画『CAROL』

映画『CAROL(原題)』が2016年初春に全国で公開される。

同作は、1952年に『ザ・プライス・オブ・ソルト』のタイトルで出版され、後に『キャロル』に改題されたパトリシア・ハイスミスの小説が原作。1952年のニューヨークを舞台に、離婚訴訟中の人妻・キャロルと、クリスマスシーズンのデパートの玩具売場で働くテレーズとの女性同士の恋や、2人の逃避行の旅を描く。

娘の親権を巡って夫と泥沼の争いをしているキャロルを演じるのは、『ブルージャスミン』で『第86回アカデミー賞』主演女優賞に輝いたケイト・ブランシェット。キャロルを相手に初めて「本物の恋」に落ちるジャーナリスト志望のテレーズを『ドラゴン・タトゥーの女』のルーニー・マーラが演じる。監督は『アイム・ノット・ゼア』『エデンより彼方に』などのトッド・ヘインズが務める。

なお、同作は5月24日まで開催中の『カンヌ国際映画祭』コンペティション部門に正式出品されており、現地時間の5月17日にはブランシェット、マーラ、へインズ監督らがレッドカーペットに登場した。映画祭の公式上映ではスタンディングオベーションが6分間以上続き、ブランシェットは涙ぐむ様子も見せていたという。

作品情報

『CAROL(原題)』

2016年初春に全国公開
監督:トッド・ヘインズ
原作:パトリシア・ハイスミス
出演:
ケイト・ブランシェット
ルーニー・マーラ
配給:ファントム・フィルム

『CAROL(原題)』より
『CAROL(原題)』より
『CAROL(原題)』より
『CAROL(原題)』より
『カンヌ国際映画祭』レッドカーペットの様子 ©Kazuko Wakayama
『カンヌ国際映画祭』レッドカーペットの様子 ©Kazuko Wakayama
画像を拡大する(3枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

Have a Nice Day!“僕らの時代”

岡崎京子原作の映画『チワワちゃん』の主題歌に抜擢された同楽曲。ファンから公募した映像も織り交ぜた、画角も画質もバラバラな「僕らの時代」の映像が、曖昧で歪な、しかし強烈に眩しい日々の記憶を思い起こさせる。(井戸沼)

  1. OKAMOTO’Sが大人と少年の間で語る、28歳で迎えた10周年の心境 1

    OKAMOTO’Sが大人と少年の間で語る、28歳で迎えた10周年の心境

  2. 竹内結子主演、異色のリーガルドラマ『QUEEN』。監督は関和亮、音楽も注目 2

    竹内結子主演、異色のリーガルドラマ『QUEEN』。監督は関和亮、音楽も注目

  3. 『十二人の死にたい子どもたち』キャラ&場面写真に橋本環奈、新田真剣佑ら 3

    『十二人の死にたい子どもたち』キャラ&場面写真に橋本環奈、新田真剣佑ら

  4. 柴田聡子がジャコメッティら巨匠から活力をもらう展覧会レポ 4

    柴田聡子がジャコメッティら巨匠から活力をもらう展覧会レポ

  5. 『鈴木敏夫とジブリ展』4月から神田明神で開催、鈴木敏夫の「言葉」に注目 5

    『鈴木敏夫とジブリ展』4月から神田明神で開催、鈴木敏夫の「言葉」に注目

  6. 『乃木坂46 Artworks だいたいぜんぶ展』開催間近、齋藤飛鳥らが訪問&感想 6

    『乃木坂46 Artworks だいたいぜんぶ展』開催間近、齋藤飛鳥らが訪問&感想

  7. 石原さとみが後楽園堪能する東京メトロ新CM 曲はスキマスイッチと矢野まき 7

    石原さとみが後楽園堪能する東京メトロ新CM 曲はスキマスイッチと矢野まき

  8. Spangle call Lilli lineの美学 20年消費されなかった秘密を探る 8

    Spangle call Lilli lineの美学 20年消費されなかった秘密を探る

  9. back numberが深田恭子主演ドラマ『初めて恋をした日に読む話』主題歌 9

    back numberが深田恭子主演ドラマ『初めて恋をした日に読む話』主題歌

  10. 漫画本に囲まれる「眠れないホテル」MANGA ART HOTEL, TOKYOが2月開業 10

    漫画本に囲まれる「眠れないホテル」MANGA ART HOTEL, TOKYOが2月開業