ニュース

竹野内豊、松雪泰子、坂口健太郎らが犯罪家族に、映画『at Home アットホーム』

映画『at Home アットホーム』の公開日が、8月22日になることがわかった。

映画『真夜中の五分前』『ストレイヤーズ・クロニクル』の原作者としても知られる本多孝好の小説『at home』をもとにした同作は、泥棒の父と結婚詐欺師の母、偽造職人の長男、一家が犯罪で生計を立てていることを知っている長女と次男からなる偽装家族を描いた作品。母親が誘拐されたことをきっかけに、家族たちがささやかな幸せを取り戻すために奪還劇を繰り広げるというあらすじだ。

義理人情に厚い父役を竹野内豊、結婚詐欺師の妻役を松雪泰子が演じるほか、子ども役に坂口健太郎、黒島結菜、池田優斗がキャスティングされている。また、板尾創路、千原せいじ、村本大輔、國村隼も出演者に名を連ねている。メガホンをとったのは『未来予想図 ア・イ・シ・テ・ルのサイン』の蝶野博、脚本は安倍照雄が担当。

作品情報

『at Home アットホーム』

2015年8月22日(土)から全国公開
監督:蝶野博
脚本:安倍照雄
原作:本田考好『at home』(角川書店)
出演:
竹野内豊
松雪泰子
坂口健太郎
黒島結菜
池田優斗
板尾創路
千原せいじ
村本大輔
國村隼
ほか
配給:ファントム・フィルム+KATSU-do

『at Home アットホーム』 ©映画「at Home」製作委員会
『at Home アットホーム』 ©映画「at Home」製作委員会
画像を拡大する(1枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

Wanna-Gonna“それから”

濱口竜介監督作や『21世紀の女の子』に参加する女優・小川あんが主演を務めたWanna-Gonna“それから”MV。脆く小さな記憶が、花やセーターの何気ないシルエットに沿って瞬くような印象を受ける。撮影が行われたのは、2020年に向けて取り壊しが決まっているという浅倉奏監督の部屋。(井戸沼)

  1. FINAL SPANK HAPPYが示す「新男女関係」 結成半年を振り返る 1

    FINAL SPANK HAPPYが示す「新男女関係」 結成半年を振り返る

  2. 桂正和原作『I”s』磯崎泉役は萩原みのり、主人公にアプローチする後輩役 2

    桂正和原作『I”s』磯崎泉役は萩原みのり、主人公にアプローチする後輩役

  3. ジャニー喜多川製作総指揮、東西ジャニーズJr.が集結 『映画 少年たち』 3

    ジャニー喜多川製作総指揮、東西ジャニーズJr.が集結 『映画 少年たち』

  4. 小出祐介が問題提起、日本語ポップスにおける「歌詞の曖昧さ」 4

    小出祐介が問題提起、日本語ポップスにおける「歌詞の曖昧さ」

  5. 遠藤ミチロウが膵臓がんを公表、現在は自宅療養中 5

    遠藤ミチロウが膵臓がんを公表、現在は自宅療養中

  6. 映画『空母いぶき』追加キャストに佐藤浩市、村上淳、玉木宏、戸次重幸ら 6

    映画『空母いぶき』追加キャストに佐藤浩市、村上淳、玉木宏、戸次重幸ら

  7. 『紅白歌合戦』会見にあいみょん、DAOKO、YOSHIKI、キンプリ、刀剣男子ら 7

    『紅白歌合戦』会見にあいみょん、DAOKO、YOSHIKI、キンプリ、刀剣男子ら

  8. 太賀に森崎ウィンらが寄り添う『母さんがどんなに僕を嫌いでも』本編映像 8

    太賀に森崎ウィンらが寄り添う『母さんがどんなに僕を嫌いでも』本編映像

  9. 新宿爆音映画祭に『ボヘミアン・ラプソディ』『バッド・ジーニアス』など 9

    新宿爆音映画祭に『ボヘミアン・ラプソディ』『バッド・ジーニアス』など

  10. Hi-STANDARD元スタッフによる『SOUNDS LIKE SHIT』レビュー 10

    Hi-STANDARD元スタッフによる『SOUNDS LIKE SHIT』レビュー