ニュース

大友克洋が表紙イラスト描き下ろし、SABUの処女小説『天の茶助』

SABU監督の映画『天の茶助』の原作小説が5月26日に刊行された。

6月27日から全国で公開される『天の茶助』は、天界での自身の不用意な発言がきっかけで、恋心に似た感情を寄せていた下界の人間・ユリが事故で死ぬ運命に陥ったことを知った天界の茶番頭・茶助が、沖縄に降り立って事故を回避させようと奔走する様を描くファンタジー作品。主演の松山ケンイチ、ユリ役の大野いとをはじめ、大杉漣、伊勢谷友介、田口浩正、玉城ティナ、寺島進らがキャストに名を連ねている。

SABU監督の処女小説となる原作は、監督が映画化を目的に書き下ろしたもの。表紙イラストは大友克洋が担当し、茶助の姿が描かれている。大友とSABUは、1991年に公開された大友の監督作『ワールド・アパートメント・ホラー』でSABUが主演を務めたことをきっかけに親交を深め、今回の表紙イラストが実現したという。

SABU監督のコメント

見た瞬間、震えが止まりませんでした。あまりに圧倒的で、感動と衝撃が混ざり合ってしばらく気をつけの姿勢のまま「うわ~、凄ぇ~、うぉぉぉ~、」と唸り声をあげていました。
本物とはこういう事か...と感動やら反省やらで、とてつもない人にとんでもないお願いをしていたことに自分で驚き、世界中が憧れる大友克洋監督が自分の小説の表紙を描くことを快諾して下さったことに感動し、反省と感動を繰り返した至福の時間でした。
いつか自分も本物になれるのか、この画を前にしては途方に暮れてしまいますが、少しでも近づけるように、う~ん、そんな事より、今はただただこの感動に浸っていたいです。

書籍情報

『天の茶助』

2015年5月26日(火)発売
著者:SABU
価格:648円(税込)
発行:幻冬舎文庫

amazonで購入する

作品情報

『天の茶助』

2015年6月27日(土)から全国ロードショー
監督・脚本・原作:SABU
主題歌:Ms.OOJA“翼”
出演:
松山ケンイチ
大野いと
大杉漣
伊勢谷友介
田口浩正
玉城ティナ
寺島進
配給:松竹メディア事業部、オフィス北野

『天の茶助』表紙 幻冬舎文庫 装幀:bookwall/装画:大友克洋
『天の茶助』表紙 幻冬舎文庫 装幀:bookwall/装画:大友克洋
『天の茶助』 ©2015『天の茶助』製作委員会
『天の茶助』 ©2015『天の茶助』製作委員会
画像を拡大する(2枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

『悲しみに、こんにちは』予告編

映画『悲しみに、こんにちは』予告編。両親の死によって、都会から田舎の伯父伯母のもとに引き取られることになった少女・フリダ。スペイン・カタルーニャで過ごす彼女の、きらめくようなひと夏の様子が、新鋭監督による瑞々しい感性によって描かれています。映画批評サイト「ロッテン・トマト」100%Fresh獲得も納得の一作です。(久野)

  1. 『デザインあ展』が科学未来館で開催。体験型作品も多数の会場内をレポート 1

    『デザインあ展』が科学未来館で開催。体験型作品も多数の会場内をレポート

  2. 吉岡里帆主演『健康で文化的な最低限度の生活』 生活保護描く新ドラマ 2

    吉岡里帆主演『健康で文化的な最低限度の生活』 生活保護描く新ドラマ

  3. ドラマ『恋のツキ』に安藤政信&欅坂46・今泉佑唯が出演 恋物語をかき乱す 3

    ドラマ『恋のツキ』に安藤政信&欅坂46・今泉佑唯が出演 恋物語をかき乱す

  4. ケンドリック・ラマーの黒塗り広告が突如、霞ヶ関駅&国会議事堂前駅に出現 4

    ケンドリック・ラマーの黒塗り広告が突如、霞ヶ関駅&国会議事堂前駅に出現

  5. 夏帆「ドッキドキ」 TOWA TEI「SRATM」新曲“ダキタイム”PVに出演 5

    夏帆「ドッキドキ」 TOWA TEI「SRATM」新曲“ダキタイム”PVに出演

  6. SNSでイラストの支持を集めた雪下まゆが語る、作風への葛藤 6

    SNSでイラストの支持を集めた雪下まゆが語る、作風への葛藤

  7. アニメキャラ100の名言が新宿地下を占拠 『Netflix “アニ名言”ジャック』 7

    アニメキャラ100の名言が新宿地下を占拠 『Netflix “アニ名言”ジャック』

  8. 『華氏451度』『一九八四年』などSF作がTシャツに 早川書房×トーハン企画 8

    『華氏451度』『一九八四年』などSF作がTシャツに 早川書房×トーハン企画

  9. 細田守が語る、映画『未来のミライ』で描きたかった現代の家族像 9

    細田守が語る、映画『未来のミライ』で描きたかった現代の家族像