モネ展に『印象、日の出』『日本の橋』や生前の愛用品など約90点

『マルモッタン・モネ美術館所蔵 モネ展「印象、日の出」から「睡蓮」まで』が、9月19日から東京・上野の東京都美術館で開催される。

印象派の画家として生前に成功を収め、晩年に描いたものを中心に多くの作品を最期まで手元に残していたというクロード・モネ。同展では、息子のミシェルが相続後にフランス・パリのマルモッタン・モネ美術館に遺贈したというコレクションを紹介。モネの作品に加え、モネ自身が収集した作品やモネが愛用した品の展示を通して、モネの豊かな創作の世界に迫るという。

展示作品には「印象派」の由来になったとされるモネの作品『印象、日の出』をはじめ、子どもたちの成長を記録した作品や、モネの友人であるピエール=オーギュスト・ルノワールによるモネ夫妻の肖像画、旅先の風景画、晩年のモネが白内障を患いながらも描き続けた『日本の橋』など約90点が集結する。

また、東京都美術館での会期集終了後には、12月22日から福岡・福岡市美術館、2016年3月1日から京都・京都市美術館、6月4日から新潟・新潟県立近代美術館でも展示が開始される。なお、展示作品は会場や日程により異なる場合があるため、詳しくはオフィシャルサイトをチェックしよう。


『モネ展「印象、日の出」から「睡蓮」まで』招待券をプレゼント

『モネ展「印象、日の出」から「睡蓮」まで』の招待券を5組10名様にプレゼントいたします!
コチラのメールフォームから応募情報を入力の上、ご応募ください。当選は、招待券の発送をもって替えさせていただきます(ご応募いただいたメールアドレス(PCのみ)宛にCINRAのメールマガジンを今後お届けいたします)。(応募締切り:2015年9月6日)

イベント情報

『マルモッタン・モネ美術館所蔵 モネ展「印象、日の出」から「睡蓮」まで』

東京会場
2015年9月19日(土)~12月13日(日)
会場:東京都 上野 東京都美術館 企画棟 企画展示室
時間:9:30~17:30(金曜、10月31日~11月2日は20:00まで、入室は閉室の30分前まで)
※『印象、日の出』展示期間(9月19日~10月18日)の金、土曜ならびに9月20日~22日、10月11日は21:00まで
休室日:月曜、10月13日、11月24日(ただし9月21日、10月12日、11月2日、11月23日は開室)
料金:一般1,600円 学生1,300円 高校生800円 65歳以上1,000円

福岡会場
2015年12月22日(火)~2016年2月21日(日)
会場:福岡県 福岡市美術館

京都会場
2016年3月1日(火)~5月8日(日)
会場:京都府 京都市美術館

新潟会場
2016年6月4日(土)~8月21日(日)予定
会場:新潟県 新潟県立近代美術館

  • HOME
  • Art,Design
  • モネ展に『印象、日の出』『日本の橋』や生前の愛用品など約90点

Special Feature

coe──未来世代のちいさな声から兆しをつくる

ダイバーシティーやインクルージョンという言葉が浸透し、SDGsなど社会課題の解決を目指す取り組みが進む。しかし、個人のちいさな声はどうしても取りこぼされてしまいがちだ。いまこの瞬間も、たくさんの子どもや若者たちが真剣な悩みやコンプレックス、生きづらさを抱えながら、毎日を生きている。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて