ニュース

志田未来がセクハラ訴える女子大生役で初舞台、田中哲司と二人芝居『オレアナ』

舞台『オレアナ』が、11月6日から東京・渋谷のパルコ劇場で上演される。

『オレアナ』は、『ピューリッツァー賞』を受賞した『グレンギャリー・グレン・ロス』をはじめとする戯曲や、映画『郵便配達は二度ベルを鳴らす』の脚本などで知られるアメリカの劇作家デビッド・マメットが1992年に発表した作品。アメリカ・ニューヨークのオフブロードウェイで上演後、全米4都市で上演され、新聞の社会面に取り上げられるなど物議を醸したという。

同作は、これまでにロンドン、パリなど世界中で上演されており、日本でも1994年の上演時に『読売演劇大賞』優秀作品賞を受賞。ロンドンではハロルド・ピンターが演出を手掛けたほか、パリでは女子大生のキャロル役をシャルロット・ゲンズブールが演じている。

物語は、昇進を目前に控え、新居の購入も決まっている大学教授のジョンと、彼の研究室を訪れたキャロルの会話を軸に展開。ジョンの授業についていけず、単位を取らせて欲しいとジョンに懇願したキャロルが、紳士的な態度で相談にのったはずの彼を後日セクハラを理由に大学当局に訴えたことから2人の立場が逆転する、というあらすじだ。

新翻訳版となる今回の公演でジョンを演じるのは田中哲司。キャロル役を同公演で初舞台を踏む志田未来が演じる。演出を栗山民也、翻訳を小田島恒志が担当する。なお、東京公演終了後は愛知、福岡、広島、大阪でも上演される。

田中哲司のコメント

『オレアナ』の上演にあたっては、楽しみな気持ちと不安が入り混じった複雑な心境です。
11月はまだ先のようで、実は時間がないですから。
志田未来ちゃんとは映像で何度か一緒に仕事をしていて、とても信頼を寄せています。
稽古場でも舞台上でも助けてくれそうです(笑)。そんな信頼のできるパートナーと芝居を作っていくのが楽しみです。
演出の栗山さんとは、今回初めてご一緒します。すごく緻密な芝居を作る印象があって、その世界に浸ってみたいです。

志田未来のコメント

舞台は、いつかやりたい、やらなくてはと思っていました。
このお話を頂いた今が「その時」なんだと思います。
舞台のことは、正直、何もわかりませんが、楽しみたい気持ちでいっぱいです。
田中さんとは、ドラマでご一緒させていただきましたが、不思議なオーラのある方だと思います。
そんな素晴らしい大先輩から一緒にいいものを創ろうと言っていただいたので、一生懸命頑張ります。

イベント情報

『オレアナ』

作:デビッド・マメット
演出:栗山民也
翻訳:小田島恒志
出演:
田中哲司
志田未来

東京公演
2015年11月6日(金)~11月29日(日)
会場:東京都 渋谷 パルコ劇場
※11月6日はプレビュー公演

愛知公演
2015年12月2日(水)
会場:愛知県 豊橋 穂の国とよはし芸術劇場 PLAT 主ホール

福岡公演
2015年12月5日(土)、12月6日(日)
会場:福岡県 北九州芸術劇場 中劇場

広島公演
2015年12月8日(火)
会場:広島県 アステールプラザ 大ホール

大阪公演
2015年12月12日(土)、12月13日(日)
会場:大阪府 森ノ宮ピロティホール

左から田中哲司、志田未来
左から田中哲司、志田未来
画像を拡大する(1枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

シャムキャッツ“逃亡前夜”

楽曲のビートにのせて流れる色鮮やかな、ばっちりキマった画。その中で、重力まかせに寝転んだり、うなだれたりするメンバーの身体や、しなやかな演奏シーンが美しい。どの瞬間を切り取っても雑誌の表紙のようで、約5分間、全く飽きがこない。(井戸沼)

  1. アジカン後藤と関和亮が語り合う、ゆとりなき今の社会に思うこと 1

    アジカン後藤と関和亮が語り合う、ゆとりなき今の社会に思うこと

  2. 『おっさんずラブ』映画化決定、2019年夏公開 田中圭が喜びのコメント 2

    『おっさんずラブ』映画化決定、2019年夏公開 田中圭が喜びのコメント

  3. ねごと×chelmicoが語る、「ガールズ」の肩書きはいらない 3

    ねごと×chelmicoが語る、「ガールズ」の肩書きはいらない

  4. SEKAI NO OWARIの新アルバム『Eye』『Lip』同時発売、ツアー&海外盤も 4

    SEKAI NO OWARIの新アルバム『Eye』『Lip』同時発売、ツアー&海外盤も

  5. 『アベンジャーズ/エンドゲーム(原題)』は4月に日米同時公開、予告編も 5

    『アベンジャーズ/エンドゲーム(原題)』は4月に日米同時公開、予告編も

  6. 斎藤工主演『麻雀放浪記2020』がマカオ国際映画祭出品中止、過激な内容で 6

    斎藤工主演『麻雀放浪記2020』がマカオ国際映画祭出品中止、過激な内容で

  7. 「マニアック女子」の部屋と部屋主を撮影、川本史織の写真展『堕楽部屋』 7

    「マニアック女子」の部屋と部屋主を撮影、川本史織の写真展『堕楽部屋』

  8. 入場料のある本屋「文喫 六本木」オープン間近、ABC六本木店の跡地に 8

    入場料のある本屋「文喫 六本木」オープン間近、ABC六本木店の跡地に

  9. 上白石萌歌がHY“366日”歌う、井之脇海との恋物語「午後の紅茶」CM完結編 9

    上白石萌歌がHY“366日”歌う、井之脇海との恋物語「午後の紅茶」CM完結編

  10. 大英博物館で日本国外最大規模の「漫画展」。葛飾北斎から東村アキコまで 10

    大英博物館で日本国外最大規模の「漫画展」。葛飾北斎から東村アキコまで