ニュース

竹内結子×橋本愛が「穢れ」の正体を探る、小野不由美原作の映画『残穢』

映画『残穢【ざんえ】-住んではいけない部屋-』が、2016年1月30日から全国で公開される。

『第26回山本周五郎賞』を受賞した小野不由美の小説『残穢』をもとにした同作。ミステリー小説家の「私」が、「私」のもとに「今住んでいる部屋で、奇妙な音がする」という手紙を送った女子大生の久保さんと共に音の正体の調査を始めたことをきっかけに、部屋に残された「穢れ」を介し、場所と時代を超えて多層的に展開される事件の謎解きに挑む、というあらすじだ。原作は、小野が、「一生で一度しか使えないアイデア」を用いて執筆したという作品で、小野作品が実写映画化されるのは同作が初となる。

主人公の「私」を演じるのは竹内結子。「私」と共に事件の調査に乗り出す久保さん役を橋本愛が演じる。メガホンを取るのは、『予告犯』『白ゆき姫殺人事件』『ゴールデンスランバー』などの中村義洋。中村が手掛けたOVA作品『ほんとうにあった呪いのビデオ』や映画『絶対恐怖 Booth ブース』のファンであった小野の希望で、中村監督による『残穢』の映画化が実現したという。

中村義洋監督のコメント

昔は直球で「怖がらせる」ということに照れがあったのかもしれません。
でも、とても背後を気にせずには読めない小野さんの原作を受けて、今回は真っ向勝負、全力でお客さんを怖がらせようと思いました。
脚本を、超絶怖がりの竹内結子さんが、読み始めては挫折するというのを数週間繰り返したこと、そしてそんな結子さんと橋本愛ちゃんの美し過ぎる2ショットをモニターで観て、すでにこの映画の成功を確信しています。
こんな美しい二人があんな目に遭うなんて……お楽しみに!

小野不由美のコメント

「映画化したいですね」と編集さんに言われたとき、「中村監督ならねー」と夢物語で応じたら、なんと実現してしまいました。それも嬉しいけど、中村監督が久々にホラーに戻って来られたのがさらに嬉しい。幸せです。

作品情報

『残穢【ざんえ】-住んではいけない部屋-』

2016年1月30日(土)から全国で公開予定
監督:中村義洋
脚本:鈴木謙一
原作:小野不由美『残穢』(新潮社)
出演:
竹内結子
橋本愛
ほか

左から竹内結子、橋本愛
左から竹内結子、橋本愛
画像を拡大する(1枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

PAELLAS“Orange”

1stデジタルシングルから“Orange”のMVが公開。Spikey Johnが監督を務め、研ぎ澄まされたクールな表現で楽曲を彩る。次第に日が落ちていく情景はどこかメランコリックで、いつの間にか私たちは彼らに物語を見出そうとしてしまっていた。過ぎ去った夏に思いを馳せながら、映画のように濃密な4分間をゆったりと味わえるはず。(野々村)

  1. BABYMETALからYUIMETALが脱退、新体制での新曲が本日配信リリース 1

    BABYMETALからYUIMETALが脱退、新体制での新曲が本日配信リリース

  2. TWICEドームツアー来年開催 東京ドーム2DAYS&ナゴヤドーム&京セラドーム 2

    TWICEドームツアー来年開催 東京ドーム2DAYS&ナゴヤドーム&京セラドーム

  3. 松岡茉優が初主演作『勝手にふるえてろ』からの1年を振り返る 3

    松岡茉優が初主演作『勝手にふるえてろ』からの1年を振り返る

  4. 高岩遼、28歳。ギャングな姿の奥にある、弱音や生い立ちを明かす 4

    高岩遼、28歳。ギャングな姿の奥にある、弱音や生い立ちを明かす

  5. サニーデイ・サービスの生き急ぐような2年間の真相。5人が綴る 5

    サニーデイ・サービスの生き急ぐような2年間の真相。5人が綴る

  6. 平手友梨奈×市川染五郎がラジオで対談 12月にJ-WAVEで放送 6

    平手友梨奈×市川染五郎がラジオで対談 12月にJ-WAVEで放送

  7. 柳楽優弥×新田真剣佑がスキンケアに没頭するギャツビー新CM 曲は米津玄師 7

    柳楽優弥×新田真剣佑がスキンケアに没頭するギャツビー新CM 曲は米津玄師

  8. LILI LIMITが12月に解散、ラストワンマンは結成の地・山口 8

    LILI LIMITが12月に解散、ラストワンマンは結成の地・山口

  9. Chim↑Pomが、「ロボット」でなく「人間」レストランを開く理由 9

    Chim↑Pomが、「ロボット」でなく「人間」レストランを開く理由

  10. 野木亜紀子脚本のNHKドラマ『フェイクニュース』。報道出身Pが明かす想い 10

    野木亜紀子脚本のNHKドラマ『フェイクニュース』。報道出身Pが明かす想い