ニュース

LGBT映画の祭典『東京国際レズビアン&ゲイ映画祭』、日本初公開作品含む24作品

セクシュアルマイノリティーの映画祭『第24回 東京国際レズビアン&ゲイ映画祭』が、7月11日から東京・シネマート新宿、7月17日から東京・表参道のスパイラルホールで開催される。

1992年から開催されている『東京国際レズビアン&ゲイ映画祭』では、日本では劇場公開される機会の少ないセクシュアリティーやジェンダーをテーマにした映画を紹介。今年は、『カンヌ国際映画祭』『ベルリン国際映画祭』といった映画祭への出品作から選出された多様な作品が上映される。

今回の上映作品には、1950年代のスイスを舞台にゲイ雑誌を発刊する地下組織に足を踏み入れた教師を描いた『ザ・サークル』、広田レオナが監督を務めた『お江戸のキャンディー』、『第67回カンヌ国際映画祭』「ある視点部門」出品作『クセニア』などの長編映画に加え、ニューヨーク・ブルックリンのゲイバー「スターライト・ラウンジ」の軌跡を追った『スターライトの伝説』といったドキュメンタリー作品や短編映画など全24作品がラインナップされている。さらに、会期中は来場者の投票でグランプリを決定する国内作品のコンペティションも実施。各作品の詳細や上映スケジュールは、オフィシャルサイトをチェックしよう。


イベント情報

『第24回 東京国際レズビアン&ゲイ映画祭』

2015年7月11日(土)~7月17日(金)
会場:東京都 シネマート新宿

2015年7月17日(金)~7月20日(月・祝)
会場:東京都 表参道 スパイラルホール
上映作品:
『イート・ウィズ・ミー』(監督:デヴィッド・オー)
『クセニア』(監督:パノス・H・コートラス)
『ザ・サークル』(監督:シュテファン・ハウプト)
『スターライトの伝説』(監督:ケイト・クナス、サーシャ・ウォーツェル)
『ボーイ・ミーツ・ガール』(監督:エリック・シェーファー)
『トゥルー・カラーズ ~愛について考えた一年間~』(監督:エレン・ブロドスキー)
『ハンパな私じゃダメかしら?』(監督:デジリー・アッカヴァン)
『夜間飛行』(監督:イ=ソン・ヒイル)
『太陽を失って』(監督:ルッキー・クスワンディ)
『お江戸のキャンディー』(監督:広田レオナ)
『あかぎれ』(監督:犬童一利)
『Starting Over』(監督:西原孝至)
『帰ってきた兄』(監督:ヨアン・クアム)
『サン・クリストバル』(監督:オマール・ズーニェガ・イダールゴ)
『ブレイス』(監督:ソフィ・ホランド、アリシア・イーヨ)
『ひとりぼっちのアンディ』(監督:ドリュー・ヴァン・スティーンバーゲン)
『誰が為に生きて』(監督:イン・チェンルー)
『北極で結婚式を』(監督:キャシー・ホワン)
『林檎と少年』(監督:ワン・チアーヤウ)
『leave us alone』(監督:濱崎藍)
『娘さんを僕にください』(監督:藤本裕貴)
『ファントム・ジェニー』(監督:マキタカズオミ)
『My own void』(監督:松山昂史)
『私は渦の底から』(監督:野本梢)
料金:
前売 1回券1,400円 4回券5,200円 スパイラルパス14,000円
当日 1回券1,700円 スパイラルパス16,000円
※4回券、スパイラルパスは、スパイラルホールのみで使用可能

『ザ・サークル』
『ザ・サークル』
『お江戸のキャンディー』 ©2014 ジュ・デテストゥ・レ・コンコンブル/Love Place
『お江戸のキャンディー』 ©2014 ジュ・デテストゥ・レ・コンコンブル/Love Place
『クセニア』
『クセニア』
『スターライトの伝説』
『スターライトの伝説』
『ボーイ・ミーツ・ガール』
『ボーイ・ミーツ・ガール』
『イート・ウィズ・ミー』
『イート・ウィズ・ミー』
画像を拡大する(29枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

シャムキャッツ“逃亡前夜”

楽曲のビートにのせて流れる色鮮やかな、ばっちりキマった画。その中で、重力まかせに寝転んだり、うなだれたりするメンバーの身体や、しなやかな演奏シーンが美しい。どの瞬間を切り取っても雑誌の表紙のようで、約5分間、全く飽きがこない。(井戸沼)

  1. アジカン後藤と関和亮が語り合う、ゆとりなき今の社会に思うこと 1

    アジカン後藤と関和亮が語り合う、ゆとりなき今の社会に思うこと

  2. 『おっさんずラブ』映画化決定、2019年夏公開 田中圭が喜びのコメント 2

    『おっさんずラブ』映画化決定、2019年夏公開 田中圭が喜びのコメント

  3. ねごと×chelmicoが語る、「ガールズ」の肩書きはいらない 3

    ねごと×chelmicoが語る、「ガールズ」の肩書きはいらない

  4. SEKAI NO OWARIの新アルバム『Eye』『Lip』同時発売、ツアー&海外盤も 4

    SEKAI NO OWARIの新アルバム『Eye』『Lip』同時発売、ツアー&海外盤も

  5. 『アベンジャーズ/エンドゲーム(原題)』は4月に日米同時公開、予告編も 5

    『アベンジャーズ/エンドゲーム(原題)』は4月に日米同時公開、予告編も

  6. 斎藤工主演『麻雀放浪記2020』がマカオ国際映画祭出品中止、過激な内容で 6

    斎藤工主演『麻雀放浪記2020』がマカオ国際映画祭出品中止、過激な内容で

  7. 「マニアック女子」の部屋と部屋主を撮影、川本史織の写真展『堕楽部屋』 7

    「マニアック女子」の部屋と部屋主を撮影、川本史織の写真展『堕楽部屋』

  8. 入場料のある本屋「文喫 六本木」オープン間近、ABC六本木店の跡地に 8

    入場料のある本屋「文喫 六本木」オープン間近、ABC六本木店の跡地に

  9. 上白石萌歌がHY“366日”歌う、井之脇海との恋物語「午後の紅茶」CM完結編 9

    上白石萌歌がHY“366日”歌う、井之脇海との恋物語「午後の紅茶」CM完結編

  10. 大英博物館で日本国外最大規模の「漫画展」。葛飾北斎から東村アキコまで 10

    大英博物館で日本国外最大規模の「漫画展」。葛飾北斎から東村アキコまで