『王家の紋章』がミュージカル化、浦井健治、宮澤佐江、新妻聖子ら出演

ミュージカル『王家の紋章』が、2016年8月から東京・有楽町の帝国劇場で上演される。

同作は、1976年から現在まで『月刊プリンセス』で連載されている細川智栄子あんど芙~みんの同名漫画が原作。エジプトに移り住み、考古学の研究をしているアメリカ人の少女キャロル・リードが、古代エジプトの神殿の祭司であったメンフィスの姉・アイシスと出会い、メンフィスを愛する彼女の呪術によって古代エジプトにタイムスリップしてしまう、というあらすじだ。

古代エジプトの王であるメンフィスを演じるのは浦井健治。ヒロインのキャロル役を宮澤佐江(SNH48、SKE48)と新妻聖子がダブルキャストで演じる。さらにキャロルを巡ってメンフィスと敵対するヒッタイト国の王子イズミル役を、声優の宮野真守と平方元基がダブルキャストで演じるほか、キャロルの兄ライアン役に伊礼彼方、アイシス役に濱田めぐみ、メンフィスを支えるエジプトの宰相イムホテップ役に山口祐一郎がキャスティングされている。

音楽は、『エリザベート』『モーツァルト!』といった数多くのミュージカルを手掛けているシルヴェスター・リーヴァイが担当。脚本と演出を元宝塚歌劇団の荻田浩一が手掛ける。チケットの一般発売は2016年春を予定している。

イベント情報

ミュージカル『王家の紋章』

2016年8月
会場:東京都 有楽町 帝国劇場
原作:細川智栄子あんど芙~みん『王家の紋章』(秋田書店)
作曲・編曲:シルヴェスター・リーヴァイ
脚本・作詞・演出:荻田浩一
出演:
浦井健治
宮澤佐江
新妻聖子
宮野真守
平方元基
伊礼彼方
濱田めぐみ
山口祐一郎
※宮澤佐江と新妻聖子、宮野真守と平方元基はダブルキャスト

  • HOME
  • Stage
  • 『王家の紋章』がミュージカル化、浦井健治、宮澤佐江、新妻聖子ら出演

Special Feature

coe──未来世代のちいさな声から兆しをつくる

ダイバーシティーやインクルージョンという言葉が浸透し、SDGsなど社会課題の解決を目指す取り組みが進む。しかし、個人のちいさな声はどうしても取りこぼされてしまいがちだ。いまこの瞬間も、たくさんの子どもや若者たちが真剣な悩みやコンプレックス、生きづらさを抱えながら、毎日を生きている。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて