ニュース

会田誠一家やヨーガン レールら4組と社会を考える、『ここはだれの場所?』展

『おとなもこどもも考える ここはだれの場所?』展が、7月18日から東京・清澄白河の東京都現代美術館で開催される。

同展は、様々な社会問題について親子で考えることができる展覧会。地球環境や教育、グローバリズムなどについて考えるきっかけとなる作品が展示される。

参加作家は、会田誠と妻の岡田裕子、中学2年生の息子・会田寅次郎からなる会田家をはじめ、2014年に急逝したデザイナーのヨーガン レール、岡崎乾二郎による「はじまるよ、びじゅつかん(おかざき乾じろ 策)」、オーストラリアを拠点に活動するフィリピン出身の作家アルフレド&イザベル・アキリザンの4組。会田家による学校や社会に対する批判精神をもとにした作品や、ヨーガン レールの「最後の仕事」であり、生前に移住先の沖縄・石垣島の海岸に流れ着いたゴミを使って制作されたランプなどが展示される。

イベント情報

『おとなもこどもも考える ここはだれの場所?』

2015年7月18日(土)~10月12日(月・祝)
会場:東京都 清澄白河 東京都現代美術館 企画展示室1F
時間:10:00~18:00(7月~9月の金曜は21:00まで、入場は閉館の30分前まで)
参加作家:
ヨーガン レール
はじまるよ、びじゅつかん(おかざき乾じろ 策)
会田家(会田誠、岡田裕子、会田寅次郎)
アルフレド&イザベル・アキリザン
休館日:月曜(7月20日、9月21日、10月12日は開館)、7月21日、9月24日
料金:一般1,000円 大学生・専門学校生・65歳以上800円 中高生600円
※小学生以下無料(保護者の同伴が必要)
※身体障害者手帳・愛の手帳・療育手帳・精神障害者保健福祉手帳・被爆者健康手帳をお持ちの方とその付添者2名までは無料

アルフレド&イザベル・アキリザン『住む:プロジェクト―もうひとつの国』展示風景  2013年 金沢21世紀美術館 撮影:木奥惠三 画像提供:金沢21世紀美術館[参考図版]
アルフレド&イザベル・アキリザン『住む:プロジェクト―もうひとつの国』展示風景  2013年 金沢21世紀美術館 撮影:木奥惠三 画像提供:金沢21世紀美術館[参考図版]
ヨーガン レール『浜辺のゴミで作ったランプ』2013年
ヨーガン レール『浜辺のゴミで作ったランプ』2013年
画像を拡大する(2枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

PUNPEE“タイムマシーンにのって”

あのPUNPEEがまたやった!!! 昨年発売のアルバム『MODERN TIMES』から初のMVとなる“タイムマシーンにのって”が公開。1度見ただけでも存分に楽しめる作品だけれど、この情報量の多さ。『バック・トゥ・ザ・フューチャー』を思わせる時計台のロゴがSEIKOならぬSAYHOになっていたり、車体に『AKIRA』の成田山ステッカーが貼られていたり……ピザなど頼んで細部まで何時間も見ていたい。(井戸沼)

  1. FINAL SPANK HAPPYが示す「新男女関係」 結成半年を振り返る 1

    FINAL SPANK HAPPYが示す「新男女関係」 結成半年を振り返る

  2. 桂正和原作『I”s』磯崎泉役は萩原みのり、主人公にアプローチする後輩役 2

    桂正和原作『I”s』磯崎泉役は萩原みのり、主人公にアプローチする後輩役

  3. ジャニー喜多川製作総指揮、東西ジャニーズJr.が集結 『映画 少年たち』 3

    ジャニー喜多川製作総指揮、東西ジャニーズJr.が集結 『映画 少年たち』

  4. 小出祐介が問題提起、日本語ポップスにおける「歌詞の曖昧さ」 4

    小出祐介が問題提起、日本語ポップスにおける「歌詞の曖昧さ」

  5. 遠藤ミチロウが膵臓がんを公表、現在は自宅療養中 5

    遠藤ミチロウが膵臓がんを公表、現在は自宅療養中

  6. 映画『空母いぶき』追加キャストに佐藤浩市、村上淳、玉木宏、戸次重幸ら 6

    映画『空母いぶき』追加キャストに佐藤浩市、村上淳、玉木宏、戸次重幸ら

  7. 『紅白歌合戦』会見にあいみょん、DAOKO、YOSHIKI、キンプリ、刀剣男子ら 7

    『紅白歌合戦』会見にあいみょん、DAOKO、YOSHIKI、キンプリ、刀剣男子ら

  8. 太賀に森崎ウィンらが寄り添う『母さんがどんなに僕を嫌いでも』本編映像 8

    太賀に森崎ウィンらが寄り添う『母さんがどんなに僕を嫌いでも』本編映像

  9. 新宿爆音映画祭に『ボヘミアン・ラプソディ』『バッド・ジーニアス』など 9

    新宿爆音映画祭に『ボヘミアン・ラプソディ』『バッド・ジーニアス』など

  10. Hi-STANDARD元スタッフによる『SOUNDS LIKE SHIT』レビュー 10

    Hi-STANDARD元スタッフによる『SOUNDS LIKE SHIT』レビュー