ニュース

喜安浩平が描く「アイドル氷河期」と100年にわたる「偏愛」、舞台『1995』

劇団「ブルドッキングヘッドロック」の舞台『1995』が、7月29日から東京・下北沢のザ・スズナリで上演される。

ブルドッキングヘッドロックは、映画『桐島、部活やめるってよ』『幕が上がる』などの脚本を手掛けたほか、テレビアニメ『はじめの一歩』の主人公・幕之内一歩の声優としても知られる喜安浩平らが2000年に旗揚げした劇団。「グロテスクな日常に、ささやかなおかしみを」をモットーにした活動を続けており、喜安が主宰を務めている。

『1995』は、ブルドッキングヘッドロックの結成15周年を記念した公演。「アイドル氷河期」と呼ばれていた1995年に日の目を見ることなく活動するアイドルの少女たち、彼女たちに無償の愛を捧げた男、そしてアイドルブームと言われる現代で暮らす元アイドルの女性を中心に、100年にわたる「偏愛」を描いたストーリーになるという。

作・演出を手掛けるのは喜安浩平。また、主要キャストをブルドッキングヘッドロックの新人・葛堂里奈、鳴海由莉、二見香帆が演じるほか、相楽樹、山岸門人(劇団鹿殺し)、嶋村太一(親族代表)、岡田あがさらが客演する。チケットは現在販売中だ。

イベント情報

ブルドッキングヘッドロック
結成15周年記念公演 vol.26
『1995』

2015年7月29日(水)~8月5日(水)全12公演
会場:東京都 下北沢 ザ・スズナリ
作・演出:喜安浩平
音楽:西山宏幸
映像:猪爪尚紀
出演:
永井幸子
相楽樹
葛堂里奈
鳴海由莉
二見香帆
西山宏幸
篠原トオル
寺井義貴
猪爪尚紀
津留崎夏子
深澤千有紀
岡山誠
山口かほり
藤原よしこ
はしいくみ
浦嶋建太
山岸門人(劇団鹿殺し)
嶋村太一(親族代表)
岡田あがさ
料金:
前売 自由席3,600円 指定席4,200円
当日 自由席3,900円 指定席4,500円

『1995』フライヤービジュアル 撮影・デザイン:高倉大輔(casane) イラスト:永井幸子
『1995』フライヤービジュアル 撮影・デザイン:高倉大輔(casane) イラスト:永井幸子
『1995』フライヤービジュアル 撮影:高倉大輔(casane)
『1995』フライヤービジュアル 撮影:高倉大輔(casane)
『おい、キミ失格!』(2014年6月)公演風景 撮影:高倉大輔(casane)
『おい、キミ失格!』(2014年6月)公演風景 撮影:高倉大輔(casane)
画像を拡大する(3枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

『悲しみに、こんにちは』予告編

映画『悲しみに、こんにちは』予告編。両親の死によって、都会から田舎の伯父伯母のもとに引き取られることになった少女・フリダ。スペイン・カタルーニャで過ごす彼女の、きらめくようなひと夏の様子が、新鋭監督による瑞々しい感性によって描かれています。映画批評サイト「ロッテン・トマト」100%Fresh獲得も納得の一作です。(久野)

  1. 『デザインあ展』が科学未来館で開催。体験型作品も多数の会場内をレポート 1

    『デザインあ展』が科学未来館で開催。体験型作品も多数の会場内をレポート

  2. 吉岡里帆主演『健康で文化的な最低限度の生活』 生活保護描く新ドラマ 2

    吉岡里帆主演『健康で文化的な最低限度の生活』 生活保護描く新ドラマ

  3. ドラマ『恋のツキ』に安藤政信&欅坂46・今泉佑唯が出演 恋物語をかき乱す 3

    ドラマ『恋のツキ』に安藤政信&欅坂46・今泉佑唯が出演 恋物語をかき乱す

  4. ケンドリック・ラマーの黒塗り広告が突如、霞ヶ関駅&国会議事堂前駅に出現 4

    ケンドリック・ラマーの黒塗り広告が突如、霞ヶ関駅&国会議事堂前駅に出現

  5. 夏帆「ドッキドキ」 TOWA TEI「SRATM」新曲“ダキタイム”PVに出演 5

    夏帆「ドッキドキ」 TOWA TEI「SRATM」新曲“ダキタイム”PVに出演

  6. SNSでイラストの支持を集めた雪下まゆが語る、作風への葛藤 6

    SNSでイラストの支持を集めた雪下まゆが語る、作風への葛藤

  7. アニメキャラ100の名言が新宿地下を占拠 『Netflix “アニ名言”ジャック』 7

    アニメキャラ100の名言が新宿地下を占拠 『Netflix “アニ名言”ジャック』

  8. 『華氏451度』『一九八四年』などSF作がTシャツに 早川書房×トーハン企画 8

    『華氏451度』『一九八四年』などSF作がTシャツに 早川書房×トーハン企画

  9. 細田守が語る、映画『未来のミライ』で描きたかった現代の家族像 9

    細田守が語る、映画『未来のミライ』で描きたかった現代の家族像