ニュース

レスリー・キーの素顔追う番組に山本耀司、河瀬直美ら、語りは斎藤工

レスリー・キーのドキュメンタリー番組『アートドキュメンタリー LOVE ~写真家レスリー・キーの世界』が、8月13日から女性チャンネル♪LaLa TVで放送される。

1971年にシンガポールで生まれ、少年時代に母親を亡くして孤児院で育ったというレスリー・キー。22歳で来日し、90年代後半からファッション写真を中心に活動しているほか、日本のセクシュアルマイノリティーにスポットをあてるプロジェクト「OUT IN JAPAN」などを展開している。

キーの生い立ちや、日本のカップルに「LOVE」を広めるプロジェクト「LOVE IS ON」などを紹介する同番組には、山本耀司、河瀬直美、MIYAVI、MALIA.、EPO、浦浜アリサ、テセウス・チャン、ヒロ杉山、徳山宗孝らが出演。ナレーションは、キーと17年来の友人であるという斎藤工が務める。

レスリー・キーのコメント

いままで多くのカップルを撮ってきました。私の写真はシンプルかもしれないけど、写真を撮ることで、いつもみんなに愛を与えたい。みんなに勇気を与えたい。みんなに元気を与えたい。みんなに、自分自身のことを愛してほしい。そんなメッセージをこの特別番組に込めました。

作品情報

『アートドキュメンタリー LOVE ~写真家レスリー・キーの世界』

2015年8月13日(木)16:00から女性チャンネル♪LaLa TVで放送
挿入歌:EPO“愛を~Love is on~”
出演:
レスリー・キー
山本耀司
河瀬直美
MIYAVI
MALIA.
浦浜アリサ
EPO
テセウス・チャン
ヒロ杉山
徳山宗孝
ナレーション:斎藤工

『アートドキュメンタリー LOVE ~写真家レスリー・キーの世界』ビジュアル
『アートドキュメンタリー LOVE ~写真家レスリー・キーの世界』ビジュアル
『アートドキュメンタリー LOVE ~写真家レスリー・キーの世界』より
『アートドキュメンタリー LOVE ~写真家レスリー・キーの世界』より
画像を拡大する(2枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

東京ゲゲゲイ“KIRAKIRA 1PAGE”

ダンスのみならず多角的な活躍を見せる東京ゲゲゲイが“KIRAKIRA 1PAGE”のMVを公開。作詞作曲はリーダーのMIKEYが担当した他、作曲には新進気鋭のトラックメイカー・MATZも参加。これまでのキテレツさや妖艶さを押し出された作品とは打って変わって、爽やかで切なさを感じさせるMVとなっている。5人が勢ぞろいして一糸乱れぬダンスを見せる終盤の展開は圧巻。是非、最後の最後まで鑑賞してほしいMVだ。(中田)

  1. 映画『惡の華』主題歌はリーガルリリー、新曲“ハナヒカリ”書き下ろし 1

    映画『惡の華』主題歌はリーガルリリー、新曲“ハナヒカリ”書き下ろし

  2. 『ボヘミアン・ラプソディ』を川崎競馬場の巨大スクリーンで野外無料上映 2

    『ボヘミアン・ラプソディ』を川崎競馬場の巨大スクリーンで野外無料上映

  3. ポーラ美術館初の現代美術展にティルマンスら 19、20世紀の作品と呼応 3

    ポーラ美術館初の現代美術展にティルマンスら 19、20世紀の作品と呼応

  4. 「キネ旬ベストワン」で映画史辿る上映企画に小津安二郎、黒澤明らの20本 4

    「キネ旬ベストワン」で映画史辿る上映企画に小津安二郎、黒澤明らの20本

  5. THE CHARM PARK×Rei対談 誰でも音楽が作れる時代に大切なこと 5

    THE CHARM PARK×Rei対談 誰でも音楽が作れる時代に大切なこと

  6. 中村佳穂が歌う「祈り」のような感覚 『AINOU』以降の確信を語る 6

    中村佳穂が歌う「祈り」のような感覚 『AINOU』以降の確信を語る

  7. RADWIMPS『天気の子』主題歌5曲のタイトル判明 映画の特別映像も公開 7

    RADWIMPS『天気の子』主題歌5曲のタイトル判明 映画の特別映像も公開

  8. My Hair is Badが描く人生のドラマ。『boys』に捧ぐ徹底レビュー 8

    My Hair is Badが描く人生のドラマ。『boys』に捧ぐ徹底レビュー

  9. 海洋堂の55周年祝う『GO!GO!海洋堂展』に約1000点、出川哲朗『充電』店も 9

    海洋堂の55周年祝う『GO!GO!海洋堂展』に約1000点、出川哲朗『充電』店も

  10. 感情を持たない虫や植物への憧れから、今村文は花を描き続ける 10

    感情を持たない虫や植物への憧れから、今村文は花を描き続ける