「幽霊画」を現代の作家が独自に解釈、『現在幽霊画展』に20組

グループ展『現在幽霊画展』が、8月8日から東京・阿佐ヶ谷のTAV GALLERYで開催される。

現代美術家の笹山直規がキュレーションを務める同展では、現代のアーティストが「幽霊画」というモチーフを独自に解釈した絵画、映像、写真、染色、彫刻、フィギュア、イラスト、パフォーマンスなど多彩な作品を発表。昨年にインターネット上で開催された『幽霊画展2014』の流れを汲む展覧会となる。

出展作家は、笹山をはじめ、あおいうに、亜鶴、有賀慎吾、内田すずめ、エザキリカ、加賀城健、片山真理、下田ひかり、新聞女(西沢みゆき)、杉田陽平、セキンタニ・ラ・ノリヒロ、高田冬彦、月夜乃散歩、デハラユキノリ、ハタユキコ、花岡伸宏、藤井健仁、藤城嘘、山口俊郎の20組。初日の8月8日にはオープニングパーティーが開催される。


イベント情報

『現在幽霊画展』

2015年8月8日(土)~8月23日(日)
会場:東京都 阿佐ヶ谷 TAV GALLERY
時間:11:00~20:00
参加作家:
あおいうに
亜鶴
有賀慎吾
内田すずめ
エザキリカ
加賀城健
片山真理
笹山直規
下田ひかり
新聞女(西沢みゆき)
杉田陽平
セキンタニ・ラ・ノリヒロ
高田冬彦
月夜乃散歩
デハラユキノリ
ハタユキコ
花岡伸宏
藤井健仁
藤城嘘
山口俊郎
休廊日:木曜
料金:無料

オープニングパーティー
2015年8月8日(土)17:00~20:00
会場:東京都 阿佐ヶ谷 TAV GALLERY

  • HOME
  • Art,Design
  • 「幽霊画」を現代の作家が独自に解釈、『現在幽霊画展』に20組

Special Feature

coe──未来世代のちいさな声から兆しをつくる

ダイバーシティーやインクルージョンという言葉が浸透し、SDGsなど社会課題の解決を目指す取り組みが進む。しかし、個人のちいさな声はどうしても取りこぼされてしまいがちだ。いまこの瞬間も、たくさんの子どもや若者たちが真剣な悩みやコンプレックス、生きづらさを抱えながら、毎日を生きている。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて