NHK番組『いのちのうた』、二階堂和美が被爆したピアノで美空ひばりカバー

音楽番組『いのちのうた』が、8月4日19:30からNHK総合で放送される。

広島、長崎への原子爆弾投下と終戦から今年で70年を迎えることを契機に、広島・広島平和記念公園と、長崎・長崎県美術館、東京・NHK放送センターの3か所から生中継される同番組。「歌の力」で「平和へのメッセージ」を発信することを目指し、多彩なアーティストがパフォーマンスを披露する。

番組では、地元である広島を拠点に活動する二階堂和美が、反戦や平和のメッセージを歌う美空ひばりの楽曲“一本の鉛筆”をカバー。同曲は1974年に開催された『第1回広島平和音楽祭』のために制作された楽曲で、二階堂は爆心地から2.6キロメートルの場所で被爆したピアノを使用して演奏する。

また、さだまさしが小学生から高校生までの子どもたちで構成されるスーパーキッズ・オーケストラとコラボレーションを行い、佐渡裕の指揮でさだの楽曲“いのちの理由”を披露するほか、広島会場には総合司会を務めるKinKi Kids、モーニング娘。'15、東京会場には大原櫻子、秦基博、槇原敬之、MISIAが出演する。

なお、広島平和記念公園内「平和の鐘」付近特設会場と、長崎県美術館エントランス前では同番組のパブリックビューイングを開催。詳細はオフィシャルサイトをチェックしよう。

番組情報

『いのちのうた』

2015年8月4日(火)19:30~20:43にNHK総合で放送
出演:
KinKi Kids
二階堂和美
モーニング娘。'15
さだまさし
佐渡裕
スーパーキッズ・オーケストラ
大原櫻子
秦基博
槇原敬之
MISIA

  • HOME
  • Music
  • NHK番組『いのちのうた』、二階堂和美が被爆したピアノで美空ひばりカバー

Special Feature

coe──未来世代のちいさな声から兆しをつくる

ダイバーシティーやインクルージョンという言葉が浸透し、SDGsなど社会課題の解決を目指す取り組みが進む。しかし、個人のちいさな声はどうしても取りこぼされてしまいがちだ。いまこの瞬間も、たくさんの子どもや若者たちが真剣な悩みやコンプレックス、生きづらさを抱えながら、毎日を生きている。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて