性描写や暴力シーンもカットなし、マーベル映画『デッドプール』から予告編

映画『デッドプール』から予告編が公開された。

マーベルコミックスに登場するアンチヒーローのデッドプールを主人公にした同作。驚異的な治癒能力と不死の体を持つデッドプールは、1991年に漫画に初登場して以来、口が達者かつお金次第で敵にも味方にもなるという破天荒なキャラクターで人気を博している。

公開された予告編は、過激な性描写や暴力シーンをカットせずに盛り込んだ「Red Band版」の映像。ライアン・レイノルズが演じるがんに侵された男ウェイド・ウィルソンが、生き延びるために人体改造実験に挑むシーンに加え、デッドプールが敵の頭を銃で撃ち抜く様子や激しいソードアクション、ウェイドのラブシーンなどが確認できる。また、あわせて公開されたビジュアルには、1970年代にバート・レイノルズが発表したヌード写真と同じポーズをとったデッドプールの姿が写し出されている。

なお、同作は2016年2月12日に全米で公開。日本でも同年に公開される予定だ。

作品情報

『デッドプール』

2016年に公開予定
出演:ライアン・レイノルズ

  • HOME
  • Movie,Drama
  • 性描写や暴力シーンもカットなし、マーベル映画『デッドプール』から予告編

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて