ニュース

実写『ニーチェ先生』主演は間宮祥太朗&浦井健治、演出は福田雄一

ドラマ『ニーチェ先生』の詳細が発表された。

『ニーチェ先生』は、『月刊コミックジーン』で連載されている松駒原作、ハシモト作画のコメディー漫画『ニーチェ先生~コンビニに、さとり世代の新人が舞い降りた~』をもとにしたドラマ。

原作漫画は、Twitterに投稿されたコンビニの新人アルバイトのエピソードをコミカライズしたもので、「お客様は神様だろう!?」と不条理な要求を突きつけた客に「神は死んだ」と返した大物新人・ニーチェ先生こと仁井智慧と、仁井の言動に度肝を抜かれる先輩アルバイト・松駒の日常が描かれた作品だ。

ドラマ版では、仁井役に間宮祥太朗、松駒役には浦井健治をキャスティング。さらに演出と脚本を、『勇者ヨシヒコ』『アオイホノオ』などを手掛けた福田雄一が担当することがわかった。なお、同作は2016年1月からHuluで配信がスタート。テレビ版の放映も予定している。


間宮祥太朗のコメント

ニーチェ先生・仁井智慧役を演じさせて頂くことになりました。
僕自身気になって仕方ない、惹かれて仕様がない。そんな人物を演じることに楽しい胸騒ぎを感じています。
元の松駒さんの呟きを読み、漫画を読み、コンビニというありふれた場所、バイトをしているという極めて日常的な状況で、こんなにもユーモアがとめどない事態があるのかと感嘆しました。
これをどう映像化していくのかに想像を巡らせるだけで、気分が高揚します。
そんな作品を福田雄一さんと作れるだと!?
こんなに胸踊ることがあっていいのか。なんということだ。
こんなにときめく要素が詰まったものが初主演ドラマ…こんなに恵まれていていいのか。
何が起こるかわからない玉手箱を開けるような気持ちで臨みたいと思います。

浦井健治のコメント

『ニーチェ先生』の松駒くんを演じさせて頂くことが決まったと聞いた時、思わず跳び跳ねて喜んでしまいました! シュールで、笑えて、本当に魅力的な原作!
それを福田監督がドラマ化するというのは、楽しみで仕方ありません!
原作ファンの方にも認めてもらえるような松駒くんを目指します!!

福田雄一のコメント

僕が初めて「監督」というお仕事をさせて頂いたのは「THE3名様」と言う作品でした。深夜のファミレスを舞台にどうにもならないフリーター3人がとりとめのない話をするドラマです。舞台は一歩もファミレスを出ません。
「ニーチェ先生」のお話を頂いた時、神様に「お前、原点に戻って、笑いを1から考え直せ」と言われた気がしました。
今度もコンビニを一歩も出ることなく、どうにもならない人間たちの笑いを考えてみようと思います。
幸い、面白い原作、最高のキャストに恵まれました。こんな幸せはなかなかないことです。

松駒のコメント

漫画の実写化といえば「終わった」と辛辣な声も頂戴するものですが、原作者の私からすれば「むしろ始まるの?」という心地です。半信半疑どころか一信九疑です。
しかも、脚本演出は福田雄一さん。「“勇者ヨシヒコ”シリーズ」を手掛けたお方が携わるとは。演じて下さるキャストの方々も雲の上に御住まいかと思う方々ばかりで、五体投地の構えを崩せません。
三次元(現実)→二次元(Twitter)→二次元(漫画)→三次元(実写)という特殊な経緯で生まれる作品を、皆様と一緒に楽しめれば原作者冥利に尽きます!

ハシモトのコメント

祝・ニーチェ先生4巻発売、そしてまさかのドラマ化!!
凄い事になって驚いています。ちょうど去年の今頃、ドラマ「アオイホノオ」を毎週欠かさず楽しみに観ていました。まさかその翌年、福田監督に自分の携わっている作品を手掛けて頂ける事になるとは…!!夢のようです。
そして俳優さん達の決定の報せを聞く度に、えっ?この方が!ほんとですか!?と、役の姿を想像してはもう楽しみでニヤニヤしてしまうくらい豪華で、イメージもぴったりで(と言っては失礼なキャラもいるかもしれませんが…)、描いてる身としても一視聴者としても本当に、ひたすらワクワクして仕方ないです!
ドラマ版ニーチェ先生、放映が待ち遠しいです!!

番組情報

『ニーチェ先生』

2016年1月からHuluで配信、テレビ放映予定
脚本・演出:福田雄一
原作:ハシモト漫画、松駒原作『ニーチェ先生~コンビニに、さとり世代の新人が舞い降りた~』(月刊コミックジーン)
出演:
間宮祥太朗
浦井健治

ニーチェ先生こと仁井智慧を演じる間宮祥太朗
ニーチェ先生こと仁井智慧を演じる間宮祥太朗
松駒役を演じる浦井健治
松駒役を演じる浦井健治
ハシモト漫画、松駒原作『ニーチェ先生~コンビニに、さとり世代の新人が舞い降りた~』第1巻(月刊コミックジーン)表紙
ハシモト漫画、松駒原作『ニーチェ先生~コンビニに、さとり世代の新人が舞い降りた~』第1巻(月刊コミックジーン)表紙
画像を拡大する(6枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

斉藤和義“アレ”

ドラマ『家売るオンナの逆襲』の主題歌でもある斉藤和義48枚目のシングル“アレ”のMVが公開。冒頭から正方形の枠に収められた動画や画像が繋ぎ合わされていくこのMV、実は斉藤本人が撮影・編集・監修を務めたという。某SNSを彷彿とさせるたくさんの動画や画像がめまぐるしく変わる様に注目して「アレ」とは何かを考えながら観るのも良し、ひたすら猫に癒されるのも良しです。(高橋)

  1. OKAMOTO’Sが大人と少年の間で語る、28歳で迎えた10周年の心境 1

    OKAMOTO’Sが大人と少年の間で語る、28歳で迎えた10周年の心境

  2. 竹内結子主演、異色のリーガルドラマ『QUEEN』。監督は関和亮、音楽も注目 2

    竹内結子主演、異色のリーガルドラマ『QUEEN』。監督は関和亮、音楽も注目

  3. 『十二人の死にたい子どもたち』キャラ&場面写真に橋本環奈、新田真剣佑ら 3

    『十二人の死にたい子どもたち』キャラ&場面写真に橋本環奈、新田真剣佑ら

  4. 柴田聡子がジャコメッティら巨匠から活力をもらう展覧会レポ 4

    柴田聡子がジャコメッティら巨匠から活力をもらう展覧会レポ

  5. 『鈴木敏夫とジブリ展』4月から神田明神で開催、鈴木敏夫の「言葉」に注目 5

    『鈴木敏夫とジブリ展』4月から神田明神で開催、鈴木敏夫の「言葉」に注目

  6. 『乃木坂46 Artworks だいたいぜんぶ展』開催間近、齋藤飛鳥らが訪問&感想 6

    『乃木坂46 Artworks だいたいぜんぶ展』開催間近、齋藤飛鳥らが訪問&感想

  7. 石原さとみが後楽園堪能する東京メトロ新CM 曲はスキマスイッチと矢野まき 7

    石原さとみが後楽園堪能する東京メトロ新CM 曲はスキマスイッチと矢野まき

  8. Spangle call Lilli lineの美学 20年消費されなかった秘密を探る 8

    Spangle call Lilli lineの美学 20年消費されなかった秘密を探る

  9. back numberが深田恭子主演ドラマ『初めて恋をした日に読む話』主題歌 9

    back numberが深田恭子主演ドラマ『初めて恋をした日に読む話』主題歌

  10. 漫画本に囲まれる「眠れないホテル」MANGA ART HOTEL, TOKYOが2月開業 10

    漫画本に囲まれる「眠れないホテル」MANGA ART HOTEL, TOKYOが2月開業